保守主義part6

(1) ブリタニカ・コンサイス百科事典(communitarianismの項)より全文翻訳
①政治生活の実行、②政治制度の分析・評価、③人間のアイディンティティと安寧幸福の理解、に関する共同体(community)の重要性を強調する政治・社会思想。
共同体主義は1980-90年代に、ジョン・ロールズ等の思想家による理論的リベラリズムに対する明白な反対思想として興起した。
共同体主義者によれば、リベラリズムは非現実的なほどに原子化した抽象的個人という概念に寄りかかっており、また自由と自律といった個人的価値に余りにも重要性を置き過ぎている。
共同体主義の主要な代表者には、アミタイ・エツィオーニ、マイケル・サンデル、チャールズ・ティーラーが含まれる。
なお、集産主義を参照のこと。
(2) オックスフォード英語事典(communitarianismの項)より抜粋翻訳
<1> 小規模な自治的共同体に基礎を置く、社会組織に関する理論または制度。
<2> 共同体に対する個人の責任と、家族という単位の社会的な重要性を強調するイデオロギー・
※コリンズ-コウビルド英語辞典には項目なし。

このように、正確な定義でのコミュニタリアニズムは、
(1) 歴史的に育まれた共同体に根付く価値観を正当に評価し維持発展させようと希求する思想であることから「右派」の「伝統保守」に近いといえる(そのために、これこそが真の保守主義であるとする誤認識を招いた)が、
(2) その姿勢は、個人の自由意志を軽視して、集産主義(左派の根本的思想の一つ)につながる傾向が強いこと
から、やはり右派・左派のどちらにも分類できない「中間派」とするのが、最も適切である。

参考サイト オピニオン●保守と日本精神(細川和彦氏サイト)
※共同体主義こそ真の日本的保守主義と主張するサイトです。
※当サイトと同様に、保守/リベラル/右翼/左翼などの政治思想・概念の定義づけと分類・整理を行っており、当サイトの考え方との差異を考察していくと色々と参考になるサイトです。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-11-18 10:25:57 (Sat)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2142




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。