田母神元空幕長更迭報道の正体2

TBS
TBS 081031(ニュース23)田母神論文報道

Online Videos by Veoh.com
「田母神空幕長は防衛省の内規に違反して、事前に届出をせずに民間の懸賞論文に寄稿していたということです(中略)田母神空幕長は今年4月、イラクの空輸活動の違憲判決
とした名古屋高裁にそんなの関係ねえと発言し批判を浴びる」
後藤謙次「個人的には意見を持つのは自由だと思いますが実力部隊のトップがこういう形で論文を発表するということは完全に文民統制を逸脱していると思います、更迭は当然」
TBS 081101(サタデーズバっと)田母神論文報道

Online Videos by Veoh.com
みのもんた「信じられない、石見さん、自衛隊のトップの方ですよ」
石見「トップがこういう考え方ですから似たようなことを考えている人はいるということですよ、自衛隊の中には。これは一寸
恐ろしいことなので。それ以上に驚いたのは今の体制ではこの国は守れないとはっきり言っているのですよ」
長妻詔「これ再教育っていう生易しい話じゃなくて、日本の統治機構に問題があってやはり政治家が自衛隊、軍隊をコントロール
出来ないで、平成7年に総理大臣の談話でわが国は遠くない過去の一時期国策を誤り、国策の誤りを認めていて、ただ問題は
その中身どこが誤ったのか、対米会戦なのか?満州なのか?一切議論しないで封印されていますので、再度どこが誤ったのか
具体的に詳細に明らかにして本当に日本国内で討論する作業をまだしていないのがひとつの大きな問題だと思う」
小池晃「私全部読んだんですけど、最初から最後までトンでもないですよ。たとえば盧溝橋事件は中国が仕掛けたんじゃないか
対華21か条要求もおかしな物と思わない、大東亜戦争後多くのアジアアフリカ諸国が白人国家から開放されることになった。
そして東京裁判以後マインドコントロールが続いているので集団的自衛権が行使できない、武器の使用も制約が多い。だから
日本を守れない。こういうことを言っている人が、しかもこの人初めてじゃないんですよ。イラク派遣が違憲だとでたとき
そんなの関係ねーといった人ですよ、だから裁判所の判断も関係ネー、政府の見解も関係ネー、こういう人が自衛隊のトップに
いるということは異常ですよ」
みのもんた「アメリカにしてもヨーロッパにしてもネオナチという言葉がが新聞紙上で踊るこの世の中で、日本でもこういう理論を
発表するやつがいるかと思うと愕然としました。更迭じゃすまないんですよ」
小池晃「自衛隊、徹底的にやらなければいけない」
TBS 081101(報道特集NEXT)田母神論文報道
http://www.veoh.com/browse/videos/category/news/watch/v20343751NHf2qThJ
論文一部紹介、秦郁彦の解説、論文中の間違いの指摘、村山談話の紹介
鳩山由紀夫「2度とこのような発言をする人が政府の中に、私心であったとしても一人もいなくなるように民主党としても行動
していく覚悟」
中国韓国の報道紹介、イラク派遣名古屋高裁の紹介(判決については述べず)
小川和久「純粋培養のあの組織の中で通用する価値観で生きてきたケース、立場をわきまえないのは軍事組織のトップとして
危うい問題、文民統制の根幹を揺るがしかねない」
TBS 081102(サンデーモーニング)田母神論文報道

Online Videos by Veoh.com
イラク派遣名古屋高裁の紹介(憲法違反の傍論は述べても判決について無視)
関口「イラクの空輸活動を憲法違反とした名古屋高裁に対しそんなの関係ねえと発言し批判を浴びた、慎平さんこういう人がいるんですよね」
浅井慎平「そんなの関係ないという発言で判るように、そうであった事実よりそうであってもらいたいという自分の都合のよい介錯をしてしまう人たちがいるんですよね」
TBS 081103(ニュース23)田母神論文報道
http://www.veoh.com/browse/videos/category/action_adventure/watch/v18350912Q4h7hPMB#
後藤「文民統制が機能不全に陥っていないかどうか厳しく点検する必要がある」
TBS 081104(朝ズバ)田母神論文報道

Online Videos by Veoh.com

みのもんた「歴史的な事実をきちんと把握できない国民(国のこと?)は滅びますよ。世界が認めないんですから、そういう国を・・・彼はこういうことを言っているんですよ・・・」
※田母神俊雄氏の緊急会見での発言をフリップに取り上げながら・・・
みのもんた「決して(日本はですよ・・・)侵略国家ではありません。←(当時の話ですよ・・・)しかし、戦後教育による〝侵略国家〟という呪縛が国民の自信を喪失させるとともに、
自衛隊の士気を低下させ、したがって国家安全保障体制を損ね(る・・・これはすごい発言です。政府のこうこう、こういうことで持って、士気が低下する・・・
安全保障体制が損ねている・・・)ております。』『政府見解とか一言も反論できないのでは、北朝鮮と(じゃねぇか・・・)一緒です」
『〝村山談話〟なるものが本当に検証され、日本国民が皆、納得できるものなのかということについて疑義がある。(こう仰っている・・・)』
じゃぁ・・・村山談話って何なのか?皆さん、覚えてらっしゃると思います。
※村山談話のフリップを取り上げ
1995年8月15日、戦後50周年記念式典において、村山富市首相(当時)画発表した談話『過去の過ちを2度と繰り返すことのないよう、戦争の悲惨さを若い世代に伝えて
いかなければいけない』として19世紀後半以降に日本が行った侵略や植民地支配について公式に謝罪したもの。これを真っ向から否定するような人間がですよ、
航空幕僚長という職業に就いて、航空幕僚長って一体何?勉強しましょう・・・航空自衛隊の防衛・警備など計画立案を行う航空幕僚監部の長階級は航空自衛官最高位の空将
こういう立場の人間がですよ、こういうことをいうこと自体に、非常に危険なものを感じますよね。任命責任というのが、もしかして・・・与良(正男・毎日新聞解説員)さん・・・生まれちゃうかもしれない・・・
与良正男「当然、そこもね問題になって、これも終わりにしてはいけませんね。要するに・・・昨日の記者会見の話を読むと・・・『今、自衛隊の士気は低下している。』
ということなんですよね。『国家安全保障体制が損なわれている』と彼は言っている・・・現状認識としていってるわけですよね。逆に言うと〝侵略国家ではなかった〟
と日本はね・・・戦前の歴史っていうのを、あの日本軍はね、何をやってきたか?ね・・・「侵略じゃなかったよ。悪いことしなかったよ。」と認めることが
、逆に言うと士気を高めるということになるというね・・・」
みのもんた「となっちゃいますよぉ・・・そうなったら大変じゃないですか。」
与良「だから、要するにそういうことをやることが、士気を高めるんだって取れますよね?」
みの「冗談じゃないですよぉ・・・」
与良「それともう1つは、政府見解というのはですね、村山談話の時も、いろんな議論があったことを、僕もいろんな取材をして承知してます。だけどその後の歴代内閣、
安倍さんも、麻生さんも、みんなそれを踏襲しているんですよね。シビリアンコントロールってよく言いますけども、まさにそこに従わなくてはいけない人が、
平気でこういうことを言う・・・これは恐ろしいことですよね。だから、そこのところをもう少し自覚していかないくてはならないし、今、政府は、やっぱりこのことを
お仕舞いにしようと・・・何とかしようとしてるんですけど、実はですね、制服組が国会に出てなんか話すことは、ほとんどないんですよ、でぇ・・・そういうことはなし
にしてきたんですけど、この人(田母神氏)は、出てくるといっているんですから、聞いてみたらどうでしょう?!」
TBS 081104-1730田母神論文報道

Online Videos by Veoh.com
野党側は田母神氏を参考人招致として要求
民主小沢代表はシビリアンコントロールの重要性を訴える
小沢「軍人がその職責の中で政治問題について発言することは私はよからぬことだと思います。軍人が政治に干渉し過ちを犯した事実を日本国民はキチンと認識しなくては
いけない」
野党4党は政府と浜田防衛大臣の任命責任を追及する方針
鳩山由紀夫「閣僚の任命責任も含めて問われなければならんと思います」
杉尾秀哉「本人を処分しないで曖昧な決着といえますが、ならば国会で参考人招致して考えを直接聞いて見てはどうか国民として知る権利もありますし」
TBS 081106(朝ズバ)田母神論文報道
http://www.veoh.com/browse/videos/category/action_adventure/watch/v20343948xYPmfCwS
みのもんた「これ本当は簡単にすましちゃいけないことよ
TBS 081106-1130田母神論文報道
http://www.veoh.com/browse/videos/category/activism_non_profit/watch/v20343965dYYfJSjF
TBS 081106-1730田母神論文報道
http://www.veoh.com/browse/videos/category/action_adventure/watch/v20343981GNzBx78N
TBS 081106(ニュース23)田母神論文報道

Online Videos by Veoh.com
後藤「どのような思想信条を持とうとです自由だと確認しておきたいのですが一私企業のかなり偏ったですね検証論文にこれだけ多くの自衛官が応募している、異例というかかなり異様な印象ですよね」
「しかも空自が応募を促していたということですね」
後藤「隊員一人一人の心情を云々することはないのですが 国防の最前線にいる人たちがどういう思想の持ち主か知る権利は国民の側にありますよね、」
TBS 081107-0530田母神論文報道
http://www.veoh.com/browse/videos/category/news/watch/v20344044zAX6dy9s
TBS 081107-1730田母神論文報道
http://www.veoh.com/browse/videos/category/news/watch/v20344814Dp2CY8Ab
TBS 081108-0555田母神論文報道
http://www.veoh.com/browse/videos/category/news/watch/v20344827dc3ThZC8
TBS 081108-2200田母神論文報道
http://www.veoh.com/browse/videos/category/news/watch/v20344838E6gn562X
TBS 081109-0800田母神論文報道
http://www.veoh.com/browse/videos/category/news/watch/v20344851xwDPFKyA
TBS 081111(朝ずば)田母神論文報道

Online Videos by Veoh.com
みのもんた「これはテレビで中継するんでしょ?(テレビでは中継しないと聞いて)なぜ?なぜですか?」
「僕はやるべきだと思うのですが、本人だって喋りたいと思うのですが、与党が中心で野党も納得したみたいですが、持論を等々としゃべられるとかなわない
ということで生中継しないということらしいです」
みのもんた「持論でも何でも喋ってもらってそれを国民がしらないと」
「与党のほうが(生中継は)辞めてもらいたいということですが」
みのもんた「堂々と持論でもなんでも喋ってもらって我々国民がそれを見て聞いてびしっと判断しないと」 
「麻生さんの話も聞いて見たいが麻生さんも出てこない」
みのもんた「これじゃ日本の先は真っ暗だ」

と発言するも産経新聞によると【産経抄】11月12日 - 産経新聞より
テレビの醍醐味(だいごみ)は、なんといっても生中継にある。結果が出てしまった後で野球や競馬の録画を見ても興趣に乏しい。国会中継も同じだが、
なぜか参院できのう開かれた田母神俊雄・前航空幕僚長の参考人招致は、生中継されなかった。
▼タレントのみのもんたさんもお怒りのようで、TBS系の「朝ズバッ!」では「国民の知る権利を奪っている」と中継を認めなかったとおぼしき国会に
思いっきりかみついていた。お怒りごもっとも。でも実態はだいぶ違っている。
▼与野党は、「田母神氏の持論展開の場にしてはいけない」として、NHKに中継を要請しなかったが、禁止したわけではなかった。参院側は民放からの
中継申請を認めていたのだ。生放送しなかったのは、各局の自主判断だった。ちなみにTBSはドラマの再放送をやっていたが。
▼つまらない委員会でも相撲中継を短縮してまで放送するほど国会中継に熱心なNHKは、申請すらしなかったという。与野党から要請がなければ放送しないなら
受信料を返してほしい。「みなさまのNHK」は「国会議員のみなさま」しか眼中にないのだろう。
▼国会議員も情けない。民主党出身の委員長は「後世の歴史の検証に堪えうる質疑を」と大見えを切りながら参考人の発言を再三、制していた。更迭された田母神氏に
対する批判は当然あるだろうが、参考人に呼んでおいて発言を規制するのは失礼千万だ。
 ▼議員の質疑も防衛相に聞く方が多く、民間人となった前空幕長が自由に発言するのを恐れているようだった。生中継を見られなかった読者のみなさんには、
少 なくとも「言論統制が徹底した軍に自衛隊をすべきではない」という彼の発言は、説得力があったことをお伝えしておきたい
http://digest2chnewsplus.blog59.fc2.com/blog-entry-1511.html

TBS 081111(イブニングファイブ)田母神論文報道

Online Videos by Veoh.com
杉尾秀哉「いかに田母神氏が偏った考えをもっているか又(田母神氏の)憲法改正しべしの発言も行き過ぎでは、こういう考えの持ち主とわかっていたことから政府の任命責任も
あるだろう、今回の問題は自衛隊の文民統制、それから隊員教育のあり方、色々な問題を提起した。こうした問題をうやむやに終わらしてはいけない」

TBS 081111-2254田母神論文報道(田母神を叩く一方民主党鳩山夫妻の写真は隠蔽報道)

ナレーション
ところで、今朝行われた、自民党の国防関係合同部会では、冒頭・・・中谷安全保障調査会長が、文民統制の観点から、田母神氏を批判し、浜田防衛大臣が謝罪して
始まったが、議論に入ると、田母神氏の歴史観を擁護する意見が相次いだ・・
ある自民党(衆議院議員)
  • 「常識的感覚を持っていれば、田母神氏の歴史認識になる」
  • 「何をもって侵略というのか・・・」
  • 「衆議院の先生方が、この村山談話のような歴史観で、 選挙が戦えるんですか?」
ナレーション
文民統制をする政治の側にも、田母神氏と同じ意見が根強くあるということがわかり、政治がコントロールする、文民統制が危ういものであることが浮き彫りになった・・・

TBS 081112(朝ズバ)田母神論文報道

Online Videos by Veoh.com
元防衛大学校好調西原正「(田母神氏は)自衛隊の最高幹部としてはふさわしくない」
みのもんた「田母神さんの歴史観を自民党の現職の国会議員の中にも指示する国会議員がいる一応テレビでは国会議員Cとさせてもらいましたけど名前はわかっています、
こういうところ我々はきちきち把握して我々国民の総意が間違った方向に引っ張られないようにしないといけない、 日本が悪い国悪い国そんなことでもって
自衛隊の士気が下がるあがるっていっているんですよ、かつての日本のことについて歴史観の話をしているんです、今の自衛隊が、国が良い悪いの話をしているわけじゃない 
次元の違う話をまったく同じような形にしてしか喋ることができない田母神さんは一回この番組に出ていただきましょう、一言一言検証していかないと駄目ですね」
みのもんた「彼の意識の根底に幕僚長である自分が指示すれば参加に1000人の人間が集まるんだということを誇示したんですよ、いいですか2.26事件の時に若い将校が
将校が決起してどれだけの若い兵隊が道連れにされたか良く思い出してください 同じことが彼の意思の根底にあるんじゃないか?こういうとこを一つづ検証していくと、
田母神さん困るんじゃないですか、やったアパグループはもっと困るんじゃないんですか?」
TBS 081112-2200田母神論文報道
http://www.veoh.com/browse/videos/category/news/watch/v203471173AqjJpJn
TBS 081113-2254田母神論文報道
http://www.veoh.com/browse/videos/category/news/watch/v20347213TMqFz7xz
TBS 081114-0530田母神論文報道
http://www.veoh.com/browse/videos/category/news/watch/v20347229EQjHkCX6
TBS 081115-0555田母神論文報道
http://www.veoh.com/browse/videos/category/news/watch/v20347345pFR6GBbf
TBS 081116(サンデーモーニング)田母神論文報道

Online Videos by Veoh.com
空幕長更迭の余震
秦郁彦
「非常に単純な事実の誤認かあり、他人の著作を自説に都合よく引用している」
ナレーション
「(田母神氏は)統合幕僚学校長の立場で「自衛隊の雑誌に選手防衛は相手にとって痛くも痒くもない、攻撃こそが相手の攻撃を止めさせることができる」
などと専守防衛を逸脱する論文を発表しているのがわかっています。また別の論文の中でも「身内の恥は隠すものという見出しで国民への情報公開に
後ろ向きな姿勢を見せているのです。しかしそんな田母神氏を懲戒免職処分とせず定年退職とした政府」
「日本の文民統制は大丈夫か?という懸念は海外まで波紋を広げています」
「11日付のワシントンポストは真珠湾攻撃はルーズベルトの罠だったという記事を紹介し、選挙を控えた麻生首相の重荷になりつつあると報じている」
小川和久(軍事アナリスト)
「中国や韓国のみならず、同盟国であるアメリカの中にさえ警戒感と不信感を生み出している。これは日本の国の安全、国民の安全にとって由々しき事態だ」
関口宏(司会)
「次世代を担う中西君はどう思う?」
中西哲生(スポーツジャーナリスト)
「あり得ない。この国はこのままで大丈夫か」
関口宏
「いつまでたってもこの議論をしている。あの戦争について国民のコンセンサスが全然取れていない」
寺島実郎
「巨大なブラックジョークだ。この人が言論の自由を戦ってきた人ならまだ納得行くが。正当化しようとしている日本の戦前は言論弾圧や自由の抑圧があった。
それと決別する戦後を我々は作ってきた。それをこういう形で使われる空しさ。この人は僕と同じで戦後生まれ世代だ。いまだに戦前の仕組みに正当性と郷愁を
感じているのかと驚く」
涌井雅之(造園家)
「本来、自衛隊は『盾と矛』の盾であるべきだ。しかしいつの間にか国民の努力で経済成長し、『矛』の機能は世界で有数の空軍力を持っている。
世界から見たら大変な『矛』に対する警戒感がある。『盾と矛』のトップが『矛』であると言い始めたら物凄い事だ。この人の単純な思い込みや国家観、
歴史観で実力部隊の組織が左右されるのなら、5.15や2.26の歴史に対してどういう風に、我々のおやじや爺さん達が苦労して積み上げてきた今までの歴史を
まったく単純な錯誤でそれをダメにしてしまうし、日本が信頼を置かれている『矛』の部分を変えていってしまう」
岸井成格
「確信犯だ。最後に田母神さんが『私は間違ってるでしょうか』と言ったが、答えは(手を突き出して)『間違っている!』だ。冗談じゃないですよ!
前から一番心配していたのがこの事だが、現実になって来た。このバックグウンドには村山談話という政府見解を否定して憲法を改正したいという勢力がある。
それを代弁して制服のトップがそういう事を言うのはゼーッタイ間違っている。言論の自由を履き違えているし、文民統制がまったく分かっていない」
TBS 081208(ニュース23)田母神論文、論文表彰式

テレ朝
テレ朝 081031-2154田母神論文報道
http://www.youtube.com/watch?v=0hKpO5rmSK4
テレ朝 081101-1730田母神論文報道
http://www.youtube.com/watch?v=9R1ekXOHCjM
テレ朝 081103-0800田母神論文報道
http://www.youtube.com/watch?v=Ij5JawCgXDU
テレ朝 081103(報道ステーション)田母神論文報道

古館伊知郎「というような国会のタイミングで出てきたんですが、一色さんはどういう風に、この件お考えになりますか?」
一色 清氏 (朝日新聞解説員)「定年退職しましたと言うことで終わらせるのではなくてですね・・・こうした考えを表明する人が、何故?組織のトップに上り詰めることが
できたのか?ということを解明して欲しいです」
古館「現役で政府側の人が、ああいう論文を書いたという・・・時系列になりますからね・・・私のように、戦争をまったく経験していない人間というのは、
どれだけ戦争によって死んだ方の深い哀しみを内側に想像し続けられるか・・・ここじゃないかと思うんですけどね」
テレ朝 081104-1125田母神論文報道
http://www.youtube.com/watch?v=ipbO0G91k9U
テレ朝 081106-1125田母神論文報道
http://www.youtube.com/watch?v=IKwPn4TzM0w
テレ朝 081106-2154田母神論文報道
http://www.youtube.com/watch?v=B8yrIJt-NW0
テレ朝 081107-1125田母神論文報道
http://www.youtube.com/watch?v=RtcXXNeMVlE
テレ朝 081111報道ステーション田母神論文報道
http://www.youtube.com/watch?v=ZTZHbpFAUdI
http://www.youtube.com/watch?v=J85j6-nNZ78
テレ朝 081116(サンデープロジェクト)田母神論文報道



(前略)
帝京大学 准教授・元航空自衛隊三等空佐:潮匡人
「私もここまでですね。自民党政府を含めてですね。マスコミ総掛かりで攻撃をしてるというのは、異常なことだという風に思います・・・田母神論文、今、
志方先生が仰ったように、手続き或いは、時期の面に於いて問題があったにせよですね、しかしながら、それを受け止めている政府側が、ここまでの対応をする
ということが許されるのか?これ、実質的にですね〝クビ〟になったに等しいですよね。jま、確かに定年の問題があったというのがあるんでしょうが、恐らく誰もですね、
予想をしていなかった・・・党が予想していなかったことで、止むを得なかったかもしれませんが、受けた本人してみれば、実質的に〝クビ〟にされたのにも等しい」
田原総一朗
「僕は逆に思ってましてね、つまり田母神さんが、この論文を書いて、これが公表される・・・で、公表されたら騒ぎになる。大騒ぎになることを知っておいてね、
敢えてやった〝確信犯〟じゃないかと、確信犯」
軍事ジャーナリスト:田岡俊次
「私はそう思わない」
田原総一朗
「だってこうなることわかってるじゃない!しかも・・・(田岡氏の発言と被り、聞き取り不能)アパグループは、この論文をHPに出した、そこまではいいんですよ、
そのHPを防衛庁のづめの各所の新聞社、あの・・・テレビ局の記者に渡して・・・だから問題になることを狙っているんですよ・・・」
田岡俊次
「寧ろ、彼は、恐らくね、そこまでの思いが至らないほどの世間知らず。今の総監たちがそうだという見ればね・・・」
(中略)
潮匡人
「私は田岡さんと違って、特に非難されるような発言は、参考人招致の中でなかったと思いますが、それよりも寧ろですね。民放その他でですね、切り張りで映像が流れて
      • 私もそれをできるだけチェックを致しました。私の率直な感想は、あの日あの場にいた人間の中で、最も田母神さんが堂々としていた。それを延々と流されるのが
嫌だったということじゃないんでしょうか?」
田岡俊次
「しかし内容がね、とにかくなっとらん訳。彼の論文は」
田原総一朗
「なっとらんならね?!国会議員たちがやっつけりゃいいのに・・・」
田岡俊次
「そそそう・・・それをやればいい」
田原総一朗
「更にいうと、もう1つ大事なことを言うとね。僕はね世の中的にいうと・・・田母神さんはね、日本の言葉でいうと、差別用語になるから・・・クレイジーだと思われている
でも、田母神さんは、航空自衛隊で大変尊敬されていたんでしょ?」
潮匡人
「大きく頷く」
(中略)
帝京大学教授・元陸上自衛隊北部方面総監:志方俊之氏
「それとね、ただ・・・確信犯と言ってるけどね、彼が言ったことは〝犯罪〟ではありませんから・・・彼の名誉のために言って・・・」
田原総一朗
「犯人ではないと・・・〝確信行為〟だ(笑)」
志方俊之
「私は〝切腹〟だと思うんです。〝切腹〟」
田岡俊次
「私は切腹と言うより、寧ろ、辞めろと言われたら辞めたらいいんでね・・・(聞き取り不能)」
田原総一朗
「何故?切腹したのか?」
志方俊之
「それは、いくら自分の内で持っててもね、中々いえないと・・・しかし、彼は現役の時に言っとかないと、彼がリタイアしたら誰も見向きもしないじゃありませんか、
今、こうやって議論していることだって・・・」
田岡俊次
「それならそれで、すぐに辞めりゃいいんですよっ!辞表を出せと言われても、辞表を出さないんだからっ!」
田原総一朗
「(田岡氏を制止しながら・・・)ちょっちょっと待って。彼は切腹して、何をやりたかった?」
志方俊之
「こういうことが、世界の話題・・・世間の話題になることを考えたんでしょうね。今までは、とにかく踏襲〝村山発言〟〝村山発言〟とかやって「はい踏襲します。」
「はい踏襲します。」って言って、日中関係で一番大事なことをこっちに置いて来た訳でしょ?研究もその結果も発表しない。私はこんなに生々しい日中間の歴史っての
がね、これからいろいろと研究すべきことがあると思う」
(中略)
志方俊之
「言わして下さい・・・彼は航空幕僚長としてね、航空自衛隊を統率する必要がある。その時はジェット機も必要だし、ミサイルも必要だけども、何て言ったって
隊員の団結・規律というこういうことにね・・・その時にね、彼等はね、毎日、訓練でも飛んでったって、命懸けですよ。そこが他の自衛隊と違うんですね。そうすると、
「お国のためにお前達は命懸けでやれ」と言っているお国と言うのが〝村山j発言〟では、彼は高々説明できなかったと思うんですね」
田原総一朗
「あのね・・・志方さんも言ってらっしゃる通り、読売新聞が、「今までは、その長い間、自衛隊というものが〝日陰者〟であった」と・・・「税金泥棒」とか言われていた
と・・・ここに来てやっと自衛隊が認知されようとしている時に、こんなことを言ったらぶち壊しじゃないかと・・・こう読売が書いてるんだけど・・・」
志方俊之
「彼はね、やはり憲法とかね、集団的自衛権の話をしたかった。しかし、それは立場上言えない。だからこの歴史観の問題に摩り替えてね、ここならいいかなと思ったら、
やっぱりそれも、重要な任務に関することだったんだんですね。なんで彼がそんな事を言おうとしたのか?というとね。それは長年の間、自衛隊と言うものがね、
憲法の中にも位置づけられてない訳ですよ、どこにも書いてない訳ですよね。それは、解釈上、自衛隊は合憲だと言われてるけどもね、自衛隊員は、やっぱり憲法を変えて
貰いたいと思ってますよ。自分の組織が憲法の中に位置づけられていることは重要ですよ、その時に彼は・・・」
田原総一朗
「今でもね、社民党や共産党は憲法違反だと言ってるんだよね」
志方俊之
「そうです。そうです。そしてね、自衛隊の任務が、どんどん外へ出て行くようになったでしょ、日本から一歩外へ出れば軍隊ですよ。相手(海外では)は、全部そう
扱いますよ、日本に入れば「軍隊じゃない」と言われる。その間の相克というのはすごく大きくてね、その現場に於ける、なんだから、法律の中で自衛隊の任務や役割と
いうものはやっていいこと、やっていけないことを決めなきゃいかんのに、それは全然やっていないんですよ、ほとんど努力してなくて、とにかく「シビリアンコントロール
だっ!」「シビリアンコントロールだっ!」て言ったって、1年10ヶ月の間に防衛大臣が6人も代わる中で、一体どうやってシビリアンコントロールできるんですか?」
田岡俊次
「(聞き取り不能)寧ろ、必要以上に細かくきちっと決めたじゃないですか?」
志方俊之
「あれはね、国民保護法とね、武力攻撃対法であって、有事法案と言ってもね、自衛隊はどういう時に出動するかという、そういうことは何もないですよ。
やっぱりどこか緊急基本法とかなけりゃおかしいでしょ!」
田岡俊次
「それは、最初の自衛隊法の中で決まっている話ですよ、それは・・・」
志方俊之
「いやっ!あれは自衛隊の手続きの法律ですよ。(田岡氏を指差し)何故?基本法がいらないと思いますか?!」
田岡俊次
「あれは、しかし元々ね、不満の元だと知って防大に入るわけですよ、みんな・・・元々、知った上で入って後になってね、苦渋を言ったって・・・」
※話をはぐらかさず、志方氏の質問に答えて欲しかったですね・・・
田原総一朗
「〝日陰者〟であると知ってて入って、今じゃ、〝日陰者〟というなと・・・」
田岡俊次
「そう、そう・・・基地の傍にね、基地が出来ている傍に住んできてね、「やかましいからけしからんからやめろ」という、あの論法とどこか似ているんですから・・・」
(中略)
田岡俊次
「浜田さんが言ったね、「偏向してる」という将校がね、大分の奴が偏向していると、で、それから防衛大の五百籏頭(いおきべ)校長が、精神に偏重を引き摺っている人と
ほとんど精神に偏重を引き摺っているじゃないか?と・・・」
潮匡人
「じゃ、ならばですね、ならば・・・例えば、どこがどう間違えているのか?と個別、具体的に言うべきであると思います。村山談話だってですね、例えば、
政府に聞かれて、侵略の定義に関してこう言ったんですよ。「お尋ねに対して、お答えすることは困難である。確立された定義があるとは承知しておらず・・・」
 なんで、これに違反したって話になるのか?私は、そのこともまるでわかりません」
田原総一朗
「(潮氏の発言に答えられず・・・田岡氏に振り出す。)田岡さんね、もし自衛隊員が、みんなおかしい、クレイジーだとすれば、そんなんでいいの?」
田岡俊次
「もう・・・大変ですよ。すごく問題なのはね。戦力でね、かなり重要な要素は指揮官の判断力なんだ。(聞き取り不能)ところがね、自分の都合のよい情報ばっかり
集めてね、それだけでね、あの・・・物事を考える人が指揮がであったら、戦争になったら確実に負けますから・・・」
(中略)
潮匡人
「(前略)敢えて申し上げたいんですが、今回の件ではなくて部内紙に書かれた中の一文なんですけど、〝物言っただけで大騒ぎになり、職を辞さなければならないような
時代は、謂わば暗黒の時代である。民主主義というのはお互いの考え方を述べて、意見を戦わすことが原点だ〟とこう書いた人が、今まさにこうなっているということです。」
(中略)
田原総一朗
「高野(猛)さん、高野さんねぇ・・・マスコミもみんな逃げてんの、国会議員も・・・」
高野猛
「その通りですねD・・・」
田原氏
「ちょっと言って・・・」
高野猛
「ちょっと言ってて・・・ですから、やっぱりそうなると、あの・・自衛隊の中での教育、一体どういう教育をしてるのかと、はっきり言って、これ・・・その・・・
相当レベルが低いですよね。はっきり言って・・・」
田岡俊次
「そ、そ、そう」
高野猛
「潮さん基本的に賛成だって仰ってましたけど、ここに挙げられている事実、検証とかまったく研究論文ともいえないような、稚拙と言っていいほどの・・・あの・・・
レベルの低い論文ですよ。」
※高野氏も『レベルの低い』という言葉で、逃げてるとしか思えませんが・・・
潮匡人
「それは見方の違いだと思いますよ」
(中略)
志方俊之
「あのね、ただ彼がね統いていた航空自衛隊のCクラスね、平均年齢は21歳ですよ、21歳というと1989年生まれ」
田原総一朗
「何も知らない」
志方俊之
「要するに天安門事件があった年ですよ、そして、中学に入った頃にやっと湾岸戦争があり、それで高校に入った頃にイラク人道支援・・・だからね若い隊員にね、
その過去の歴史を言って、「あの戦争は」と言ったら、湾岸戦争のことを思うの・・・彼は相当悩んでたんだと思うんだよね」
田岡俊次
「そういうレベルでね、慣れてしまって・・・で、うっかりものを書くから大失敗するんですよ、よく将官が書いた文がね、防衛相の季秋刊に・・・月刊誌なんぞにも
見るたびに笑い出すような間違いがある。何故こうなるかというと隊講和のつもりでやるからなんだよ」
(中略)
志方氏
「だからね・・・自衛隊の名誉のために言っておくけどね、あなたがさきほどからね、自衛隊の幹部はクレイジーな奴がいるっていうね、そんなこと言い出したらね、
どこの世界にもいます。そういう表現をねすることがね、私はね、一言論人としてね不適切である」
田岡俊次
「防大校長が、偏重を引き摺る人々がいるのが問題なんだと、防大校長が書いてることを後継いだ訳」
志方氏
「一部にいるでしょうけどね、自衛隊幹部全体が、全部クレイジーだなんていうことはない」
田岡俊次
「自衛隊が全体がそうだと潮さんが仰るなら、そうすると偏重を来たしている(聞き取り不能)」
潮匡人
「現に田原さんが仰っているように、工作はあったんですよ・・・で、だから向こうが悪いとか、それが全体だと言うのは問題だと思いますけど、同じ過ちを
繰り返してはいけないと言うのであれば、例えばはっきり言えば謀略があったんだったら謀略で騙された方だって悪い訳ですよね。そういうことも含めて1つ1つの
事実を検証していくことは大事だと思いますが、何でこんな風に全部言論封殺するんですか?ということです」
田岡俊次
「彼なんかが謀略に1番引っかかりそうなタイプでね○×~※□・・・」


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-08-23 08:06:52 (Wed)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2141




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。