仮ページ34

<目次>


■1.「芦部憲法学の継承者」高橋和之

戦後左翼の言論支配は、様々な分野に及んでいるが、憲法学の分野では、宮沢俊義→芦部信喜と続くラインがその中心となっており、歴史学・政治思想・宗教史など他分野に比較しても、その勢力はなお強大である。


しかし、宮沢俊義の後継者であった芦部信喜の憲法論は、確かに現在でも日本の憲法学の通説的地位を占めているものの、その論説の基礎となっている法概念理解は、20世紀初頭以降の分析哲学の発展を反映して世界標準となった英米圏の法概念理解( ハートの法=社会的ルール説 をベースとする理解)と完全にズレて時代遅れとなった、謂わば「日本ローカル(ないし半世紀前のドイツ法学準拠)」の代物でしかないことが明白であって、芦部の門下であり近年の護憲派憲法論のエース格となった長谷部恭男からさえ、はっきりと否定されざるを得ない状況となっている(よくわかる現代左翼の憲法論Ⅰ(芦部信喜・撃墜編)参照)。

このページでは、理論的にはとっくに破綻している芦部憲法論に代わって、 護憲派最終防御ライン の呼び声高い長谷部恭男教授の憲法論を紹介するとともに、その問題点・矛盾点を指摘して、こうした論説に依拠する“護憲派左翼”残党の掃討を画す。


■2.高橋和之『立憲主義と日本国憲法』紹介と抜粋(内容チェック)

『立憲主義と日本国憲法 第3版』 (高橋和之:著 (2013年))
高橋和之 は、故・芦部信喜(東大憲法学の最大の権威)門下の現代左翼を代表する憲法学者。


▼第1部 憲法総論


実定法秩序は、社会が依拠する理念・原理を強制力により担保することを目的とする。
憲法はこの実定法秩序の頂点に位置する。
では、頂点に君臨し、実定法秩序との関係でどのような役割を果たすのか。
伝統的な立憲主義の論理によれば、その理念は自然権としての人権の保障であり、憲法は国家が理念の実現を目指して実定法を制定し改変していく手続を定めると同時に、その際に尊重すべき「人権」を確認するものである。
その意味で、憲法は実定法が展開していく「法のプロセス」を定めた法規範であり、実定法秩序は、この法のプロセスの算出として存在するのである。
これが本書の立場である。

この憲法イメージに対して、最近その修正を迫る見解が唱えられている。
憲法は実定法秩序の頂点にあって、全実定法秩序が実現すべき基本価値を実定法的価値として定めるものだというのである。
ここでは憲法の定める権利は、国家の法制定を枠づけ《制限》するだけでなく、その《具体化》を要求する規範となる。

二つのイメージの違いがいかなる相違を生み出すに至るのかは、現段階では明確ではないが、立憲主義そのものの修正に向かう可能性も秘めている。
その射程を正確に測るためにも、伝統的な立憲主義が何であったのかを理解することが重要である。

▽第1章 国家と憲法

↓本文はここをクリックして表示/非表示切り替え
+...

▽第2章 立憲主義の基本原理

+...

▽第3章 日本国憲法の普遍性と特殊性

+...


▼第2部 基本的人権


日本国憲法を世界史的に展開する立憲主義の潮流に棹さすものとして理解するとき、その核心を構成する基本価値は「個人の尊厳」(24条参照)である。
憲法13条前段は、個人の尊厳を基礎に、すべての国民を「個人として尊重」すると宣言し、そのことの当然の帰結として、後段で「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」(略して「幸福追求権」と呼ぶ)を最大限に尊重することを約束する。
そして、14条以下で幸福追求権の具体的内容としての個別人権を列挙するのである。%
第2部の課題は、日本国憲法が設定した、この「個人の尊厳」→「個人としての尊重」→「幸福追求権」→「個別人権」と展開する人権論の全体構造を体系的に把握することにある。

▽第4章 人権総論

+...

▽第5章 人権の適用範囲と限界

+...

▽第6章 包括的人権と法の下の平等

+...


▼第3部 統治のメカニズム


戦後の憲法学は、日本国憲法の想定する政治のあり方を国会中心に構想した。
議会制民主主義と呼ばれる体制である。
それによれば、主権者国民の意思は選挙を通じて国会に忠実に反映される。
その国会が討論を通じて重要な政策決定を行い、その決定を国会により選出された首相を中心とする内閣が忠実に執行する。
こうして、国民の意思は政治に貫徹されるのである。
現実の政治が憲法の想定通りに機能していないのは、官僚や財界が選挙や政策決定のプロセスを形骸化させているからであり、こうした弊害を正して議会制民主主義を正常に機能させることが戦後日本の課題である。
憲法の解釈は、このような課題を遂行するという観点からなされなければならない。

かかる構想は、戦前の政治の欠陥を克服し、民主化を推進するという問題意識からは、評価されるべき側面を有していた。
しかし、現代国家が直面する課題には的確に応えることができないものであることが次第に明らかになっていく。
なぜなら、現代政治には、議会制民主主義論が想定するよりはるかにダイナミックな役割が期待されることになるからである。
国会がダイナミックな政治の中心になることは困難である。
内閣を中心にした新たな構想が必要となるのである。

本書の憲法解釈は、そのような問題意識からなされている。
ダイナミックな政治が民主的に展開されるためには、憲法をどのような構想に従って解釈すべきかという観点である。
と同時に、政治がダイナミックになればなるほど、それが行き過ぎる危険をチェックするために、法の支配が強調されることになるのである。

▽第12章 国政のメカニズム

+...

▽第15章 法の支配と裁判所

+...

▽第16章 憲法の保障と違憲審査制

+...


■3.高橋憲法論の問題点・矛盾点


▼1.芦部信喜と同様、法学パラダイムが半世紀以上前のドイツ法学に依拠していること


以下、参考図表。


※サイズが画面に合わない場合は こちら をクリック願います。


▼2.



■4.ご意見、情報提供

名前:
コメント:

■左翼や売国奴を論破する!セットで読む政治理論・解説ページ


ブログランキング応援クリックをお願いいたします(一日一回有効)。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-10-20 23:44:48 (Fri)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2142




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。