愛国者のための読書案内

<目次>

■このページの目的

歴史や政治について、興味関心を持ち、知識を深めることは大事です。そしてまた人間の心に関する知識を深めることも非常に大切なことです。
以下では、特に愛国者を目指す人たちにとって、将来きっと役に立つと思われる書籍を紹介します。

■読書案内

G.M.ワインバーグのリーダーシップ指南~IT関係以外の人にも役に立つはず
G.M.ワインバーグ著:スーパーエンジニアへの道~技術リーダーシップの人間学
日本語訳は「スーパーエンジニアへの道」ですが、原題は「Becoming a Technical Leader: An Organic Problem-Solving Approach (技術リーダーになること:有機的問題解決アプローチ)」で、内容としてはプロジェクトを効果的に推進していく上での各人が担う‘リーダーシップ’の作法がユーモラスに(しかし深く)考察されています。
G.M.ワインバーグ著:コンサルタントの秘密~技術アドバイスの人間学
上の上級編。特に外部から参加しているプロジェクトに対して、如何に有効なアドバイスを授け、また自分自身がアドバイスを受け入れるか、についての作法が考察されています。
G.M.ワインバーグ著:コンサルタントの道具箱~勇気と自信が持てる16の秘密
上の続編。内容は更に深化され、整理されています。
アメリカで聖書に次ぐベストセラー。類書は多いが、この分野のパイオニアにして今に至るまで断然最高峰を占める名著中の名著
ディル・カーネギー著:ハンディーカーネギー・ベスト (3冊セット)~人を動かす・道は開ける・カーネギー名言集
カーネギーの本を知ったのは、上記のワインバーグの本の中で激賞されていたから。「カーネギーを読めるかどうかは、きちんとした自尊心が育っているかどうかの試金石」だそうです。
ワインバーグやカーネギーを読むにはまだ早い人に・・・
G.キングスレイ・ウォード著:ビジネスマンの父より息子への30通の手紙
日本語訳
「常識が一番大事だ」など一見平凡だけど味わい深い名言の宝庫。「 ビジネスマンの父より娘への25通の手紙 」もあります。

■関連ページ


■ご意見、情報提供

  • スティーブン・コヴィー『7つの習慣』も役に立つ。というか社会人の必読書だ。パラダイムの違いを認識し、Win-Loseソリューションではなく、Win-Winソリューションを常に考え、相乗効果を目指す、という考え方には学ぶことが多い。 - 名無しさん 2009-12-08 23:33:54
名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|