日本で今、何が起きている?

※注意※ このページは現在作成中。完成に時間が掛かります。
このページは今何が起きている?の詳細版です。

「日本が危ない」
こう言うと多くの日本人は聞く耳をもたない。
「そんなわけはない。」 
「今こうして平和じゃないか。」
「大げさ(笑)」
「危ない思想だな・・・」
「ネトウヨうぜぇ」
「政権交代したし、民主党がなんとかしてくれる。」
「民主党が失敗したら、また自民党に戻せばよい。」
といった感想を持つ人が多いに違いない。
はたして本当に日本は平和なのか?

いや、まさに 日本は滅びようとしている。
その根拠を、日本で実際に起きていることを見ながら整理してみる。

<目次>

(1)マスコミを信用できるか

「情報は主にテレビで得ている」
「新聞も読むよ」
「マスコミは日本国民の見方である」
「マスコミは国民を代表して政治を監視してくれている」
「テレビ・新聞の情報が最も信頼できる。」
そう信じている国民がほとんどである。
だが・・・

一般人にインタビューしているかのように見せかけ、実際は仕込み人間を使っている印象操作(※クリックすると拡大)

いわゆる"ヤラセ"である。
テレビ局が放送したい「国民代表の声」を、自ら創作している実態である。
「ただのバラエティ番組の話ではないか」
「これくらい別に何も日本国民に影響しないだろ」
「たいした問題ではない」
「"印象操作"というほどの悪意はない」
そういう思われる人も多いだろう。
しかしこういった捏造(ねつぞう)は、ただのバラエティ番組だけで起きている話ではない。

正しいテロップ 捏造テロップ
2003年11月3日 TBS「サンデーモーニング」より


石原発言捏造テロップ事件
実際の捏造番組映像


報道番組 で真逆の意味に捏造している。

「古い話だ。」
「TBSも反省しているだろう」
「意図的な捏造とまでは言い切れないのでは?」

そう擁護する人もおられるだろう。
しかし、こういった異常報道は今もずっと続いているのである。

2006年
}
731部隊の報道に、無関係な安倍官房長官(当時)の写真を挿入


731部隊の報道で、番組と全く関係のない安倍晋三議員の写真を「ゲリラ活動!?」というテロップに合わせて挿入し、
人間の潜在意識に植えつける、いわゆる「プライミング効果」を使ったTBS。
悪意のレベルを超えた、まさに報道テロ行為。
※「プライミング効果」とは心理学の専門用語で、一度受けた刺激が後に受ける刺激に影響を与えるというもの。
「ピザを10回言って」と相手に言わせ、ひじを指さして「ここは?」と質問すると「ひざ」と答えてしまう、
昔流行した「10回クイズ」もプライミング効果の影響と言われている。
安倍官房長官印象操作映像事件
TBSが731部隊報道で安倍晋三ポスターを意味無く出して印象操作  痛いニュース(ノ∀`)
TBS映像“洗脳”手法…「プライミング効果」狙う?  ZAKZAK


2007年、記者を「暴力団」と揶揄する麻生氏の発言を切り取り、事実を捻じ曲げた報道。




このページは今何が起きている?の詳細版です。
韓国は“なぜ”反日か? のように、
筋道を立てて日本でどれほど危険な状況が起きているのかを詳細するコーナーです。
当サイトでは各情報をまとめていますが、上から順番に読めば全てが理解できるようなページは少ないです。
バラバラになっている情報をまとめて説明するページが必要です。
※ぜひ皆さんで記述していってください。「これは書いておくべき」ということを思いついた順にどんどん書いていってください。それを次第に皆さんでまとめ、推敲していけばよいと思います。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-08-23 11:48:12 (Wed)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2141




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。