「外国人参政権の正体」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

外国人参政権の正体」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-ここはとうふさんのおうちです
+&size(20){&bold(){外国人参政権の正体}}>&size(20){&bold(){[[外国人参政権の正体2]]}}
+----
+
+#center{&color(crimson){&size(47){&bold(){緊急拡散!! 外国人参政権実現!?}}}}
+
+#center{&color(crimson){&size(47){&bold(){外国人に日本の総理大臣を選ぶ権利!!}}}}
+
+
+#center{&color(crimson){&size(47){&bold(){地方議会で}}}}
+
+#center{&color(crimson){&size(47){&bold(){外国人参政権条例がついに成立}}}}
+
+
+#CENTER{&nicovideo2(http://www.nicovideo.jp/watch/sm11604122,760,430)}
+#CENTER{&size(17){[[民主党代表選の抱える大問題>http://www.nicovideo.jp/watch/sm11604122]] [[youtube版>http://www.youtube.com/watch?v=_F3Wp_fMHAM]]}}
+
+
+#center{&ref(http://livedoor.2.blogimg.jp/newskorea/imgs/e/8/e881a0f3.gif,width=800,height=900)}
+
+
+[[産経新聞>http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100804/stt1008040305004-n1.htm]] 2010.8.4
+
+&size(18){&bold(){【主張】民主党代表選 外国人の投票参加見直せ}}
+> 民主党代表選が9月1日告示、14日投票の日程で実施されることになった。&color(crimson){代表選は在日外国人を含む党員・サポーターが投票できる。}国民感情からも問題の多い制度と言わざるを得ない。
+>
+> 昨年秋の政権交代以前は、民主党代表選は野党党首を選ぶ選挙にすぎなかった。だが、&color(crimson){今や民主党は衆院で過半数を大きく上回る第一党であり、党代表は国会の首相指名選挙を通じて、首相に選出される可能性が大きい。}
+>
+> それだけに、&color(crimson){在日外国人の投票を認める今の代表選の仕組みは、首相選出過程の一部を外国人の手に委ねるものといえる。憲法違反の疑いが濃い外国人参政権の行使を実質的に許すものだろう。}
+>
+> 政治資金規正法は外国人による政党への寄付を禁じている。民主党では党員は年間6千円、サポーターは2千円を支払う。これは党費として扱われているようだ。外国人の党費支払いに関する法的規制はないが、政治資金規正法の趣旨に反するといえよう。早急に改善すべきだ。
+>
+> 民主党規約は党員・サポーターの資格要件について「18歳以上の個人&color(crimson){(在外邦人および在日の外国人を含む)}」と明記している。
+>
+>これに対して、自民党や共産党などは党員の条件として「日本国民」を掲げている。日本の政党として当然の規定である。
+>
+> 民主党代表選で、党員・サポーター票が投票全体に占める割合は約4分の1である。国会議員、地方議員の票で候補者の得票が拮抗(きっこう)した場合、党員・サポーター票が勝敗を決める可能性もある。特定の在日外国人勢力が集団で党員・サポーターに登録することによって、代表選の結果に影響を及ぼすことはないといえるのか。
+>
+> &color(crimson){さらに懸念するのは、民主党が党員・サポーターに含まれる外国人数を公表していないことだ。説明責任が問われている。}
+>
+> 代表選では、これまで菅直人首相が出馬を明言しているほか、数人の候補者の名も挙がっている。ただ、菅首相支持派と小沢一郎前幹事長支持派による党内抗争の構図が目立っている。
+>
+> 民主党が掲げたマニフェスト(政権公約)の是非、消費税論議や米軍普天間飛行場移設問題など政策論が提起されていないようにみえる。日本をどうするかを語るべきだ。代表選各候補は毅然(きぜん)と持論を掲げて戦うべきだろう。
+
+#center{&size(30){&bold(){[[民主党、外国人に「首相選ぶ権利」 2ちゃんねるより抜粋>http://blog.livedoor.jp/newskorea/archives/1277104.html#]]}}}
+
+
+*■緊急■危険■地方議会で外国人参政権が成立
+川崎市議会は永住外国人らを含む18歳以上に投票資格を認める市提案の常設型の住民投票条例案を市議会本会議で可決成立。
+この投票資格は「永住外国人や日本滞在が3年を超える外国人らを含む18歳以上の住民」とされている。在日韓国人2世で外国人と地元住民の交流施設「ふれあい館」(川崎市)館長のぺ・チュンドさん(63)は「当然の権利で、喜ばしい結果だ。在日外国人が行政参加するための第一歩」と評価した(共同通信)
+川崎市で投票資格を持つ外国人は約1万9000人。
+これは阿部孝夫市長の公約。阿部孝夫市長は2009年に連合の推薦を受けて三選。
+「永住外国人地方参政権付与」とは異なり国会での審議ではなく、市議会で決められる常設型住民投票条例を利用して、実質的な外国人参政権を認めてしまったことで、他の市議会にも民団らが組織的な圧力をかけてくることも考えられる。
+
+川崎市「ふれあい館」では「ふれあい館とは、日本人と在日外国人が、市民としてこどもからお年寄りまで、相互のふれあい交流をすすめるための場所です。相互理解は互いの歴史・文化などの理解から始まります 」とし「コリアンな街プロジェクト」を推進。2010年度ふれあい館人権尊重学級では「戦後の混乱期に厳しい差別にさらされた」などとしている。
+
+また、今回川崎市で成立したものと同様な永住外国人に投票資格を与える条例は 愛知県高浜市、埼玉県美里町、広島県広島市、岡山県哲西町、茨城県総和町、香川県三野町、石川県宝達志水市、千葉県我孫子市、広島県大竹市、埼玉県鳩山町、北海道増毛町、北海道静内町、北海道三石町、三重県名張市、東京都三鷹市などで成立している(*注:市町村合併などで廃止となったものも含む)
+http://www.yamatopress.com/c/1/1/2922/
+
+&color(crimson){[[外国人参政権の正体1]]を取り込み表示しています。}
+&include_cache(外国人参政権の正体1)
+&color(crimson){[[外国人参政権の正体2]]を取り込み表示しています。}
+&include_cache(外国人参政権の正体2)
+----
+&size(20){&bold(){外国人参政権の正体}}>&size(20){&bold(){[[外国人参政権の正体2]]}}
+
+
+
+----
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在-
現在時刻
2018-11-21 12:30:08 (Wed)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数2146




;

真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】