※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Frederica Tachibana   ~文学的意味での世紀末~  

キャラクターファイル
名前 フレデリカ・タチバナ
種族 人間?
能力 Crazy Glint
立場 大学生→雇われ能力者
出身世界 『末期世界』
身長 167cm
体重 59kg
年齢 18歳
誕生日 3月15日
血液型 A型
特記技能(Dが人並み) 機械操作A、リーダーシップB、手芸B、権謀術数C
特記性癖 足フェチ、レズビアン、電気ショック
好きな食べ物 大学芋、マカロニグラタン、無糖コーヒー
趣味 ヒーロー番組の観賞、ベッドに無意味にダイブ
非常にどうでもいい情報 パンツの柄は桜吹雪

【容姿】
【指通りの良さそうな黒髪をボブ・カットにした、身長167cm、西洋人的で白い顔に、蒼い瞳、目算Bカップ、童顔の女性】
【白いTシャツの上には、コーヒー牛乳みたいな茶のサマー・カーディガン。デニムのハーフパンツを履き、比較的動きやすそうな装い】
【コンパスで縁を作ったのかと思うほど、まんまるなメガネを装着していて、ぴったりフィットしたフレームは落ち着いた黒】
【背中には黒色の大きなリュックサックを背負っていて、時折重そうに肩を揺らしたり、紐をずらしたりしている】

【人物】
異世界からの『漂流者』である少女。日本人と白人のハーフで、蒼い眼に黒い髪を持ち、綺麗な肌に整った顔立ちではあるが独特の印象を持つ。
崩壊しかけていた自分たちの世界で、通っていた大学内外の仲間と『生き抜くための同盟』を組織していたようで、冷静かつ比較的強いリーダーシップを備えている、筈。
だが、この世界に来てからは精神的な弱さや、半ばやけくそでの滅亡への反抗では産まれ得なかった『恐怖心』と闘うこともままあり、かつてほど強い人物とは思えない。
口調も男性的で何となく堅苦しいので、素直では無い印象を与える…というか、実際に強がり。

現在のところは、電磁力を自在に操る能力『Crazy Glint』を活かして、さまざまな仕事(主に荒事)を請け負って生計を立てているようだ。
また、嘗ての彼女の仲間たちを探していたり、それとは別に危険な原住民を鎮圧するために、『漂流者同盟』を作ることを望んでいるが、現状成果は無い。

【能力】
≪Crazy Glint≫
魔力(マジックポイント、と言い換えてもよし)を消費して電磁力を操る能力。ただそれだけで全ての説明が付くが、応用および出力の幅が非常に広い。
磁界を小型の結界状に「設置」したり、効率は良くないが電熱だけを取り出して高熱を操ったり、心臓マッサージを行ったり、と単一能力ながら多彩な活動を可能としている。
ただし、大技はフレデリカの拘りなのか、発射に時間のかかる強力な電流の「波動砲」だの、「大剣」だの、直線的なモノばかり。
性質上、長時間の戦闘はあまり得意とせず、色々な攻撃パターンがあることを強みに、常に最善策を打っていくことを基調として中期までの決着を“狙う”。狙うだけで、案外成功しない。
なお、フレデリカは平均的な同年代より圧倒的に高い身体能力を異能の覚醒と同時に得ているが、全てに於いて人類の頂点に届くほどではなく、我流の格闘戦術には拙い部分も少なく無い様だ。

【アイテム】
「データパッド」
彼女がいた世界のインターネットに接続できたアイテム。折りたたみが可能なゲーム機のような形。改造すれば、この世界のそれに繋ぐことは可能らしい。
フレデリカの世界についてのデータベース(電子辞書のようなもの)を搭載しており、現時点では世界を跨ぐ普遍的事実の確認や異世界人の証明に使っている。
何らかの形で素材さえ得れば、記録されている技術面の再現は不可能ではないと思われるが……。

「リュック」
大型の黒いリュックサック。生活用品や食糧や拾いモノ、元の世界の『肩身』が色々入ってる。沢山入ってる。
無理のない状況であれば、色々と出てくるコトもある。結構重い。

「紅い籠手」
所謂ガントレット。衝撃は当然受けるが、うまく当てれば日本刀や普通の長剣でもいなす事が出来る頑丈さ。
絶縁体のグローブ部分の上に強化金属製のプレートを貼り付ける形に出来ており、能力で帯電させるという裏技もある。
ダメージを受けても次に戦闘する時ぐらいには何故か修理されるが、理由は不明。何時もはリュックの中。

【出身世界】
「末期世界」…現代よりも技術が数十年分進んだような印象を与えるが、まだ“西暦1999年”である世界。
ノストラダムスの大予言、“恐怖の大王”を前にして、次々と怪奇現象や異能者の覚醒、複数国での政情の混乱が重なり、かなり混沌としていた。
実際に「滅び」とでも言うべき変化も起き始めていて、フレデリカも後数カ月この世界への転移が遅れていれば人類絶滅に巻き込まれていたかもしれないし、そうでもないかもしれない。
フレデリカは日本国の学生をしていて、何人かの仲間と前述の『同盟』を形成、リーダー格として動いていた模様。
添付ファイル