※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



名前 覇條 一誠
職業
年齢 37
身長 180cm
種族 人間
性別
出身世界 原住民

【装備】

『宝刀・夜明』

全長1,5M
覇條家に伝わる宝刀。 この刀は強度がとてつもなく高く、切れ味が落ちることがまるで無い。そして最も特筆すべき刀の特徴が、この武器に触れた能力一切を無効にするということだろう。
機械や直接攻撃に関しては無力だが、何かしら魔力、魔法、能力と関連して放たれた物質であれば刀に触れるだけで消滅してしまう(体に魔力や能力を付与させていた場合はその魔力や能力が打ち消される)。
周囲一体に影響を及ぼす技も同様。この刀に触れると無効化されてしまう。
(イメージが沸きにくい方は刀版の幻想殺しと考えていただければ)

【アイテム】
紺の着流し 履き古した下駄

【能力】

『閃光』

刀を高速で振るい剣圧を複数飛ばして攻撃する。届く範囲は6~10M程度。斬る、というよりも衝撃を当てると言った感じの攻撃。

『竜昇』

刀を上から下に向けて思い切り振り下ろし、反動をつかって非常に高い場所まで飛び上がる技。大振りであるため、攻撃としては使いにくく基本的には移動用の技である。

『斬鉄』

その名のとおり、鉄を切り裂く一太刀。鉄の壁や銃弾を切り裂くために編み出された。
武器や防具に関しては、破壊することは難しいが弾き飛ばすことが容易となる。

『獄門』

竜昇からの派生技。着地時に刀を周囲に大きく振るい砂塵を巻き起こす。眼暗ましになるが自分も見えない。
無論屋内では使えない。

居合い抜き

刀を極めた者のみが使える極意であり、障害物、相手の強度、彼我の距離等一切を無視して瞬時に一太刀を浴びせる刀の奥義。
ただしその精度は自身の集中力と精神状態に大きく左右されるため、威力は安定しない。
また一度居合い抜きを放った後は大きな隙ができるため、強力な代わりにデメリットも大きい諸刃の剣といったところだろう。

【備考】
一部の対漂浪者勢力の原住民を取りまとめている頭領のような存在。
だが女性や子供には基本的に刀は振るわない。漂流者であっても同様。
刀の腕は相当なものであり、銃弾程度なら簡単に裁ききる。本人曰くマシンガンまでなら大丈夫。
自身の身体能力は非常に高く、成人男性4人程度なら素手であっても軽くいなせる程度。抜刀の速度は銃弾よりも速い。
各部族を取りまとめている原住民達が集まる組織の一員でもある。
ちなみに妻子持ち。家出の立場は一番下。嗚呼、カカア天下。

ようやく癒えた肩の傷も、すぐさま起こった漂流者(ムサシ)との闘いで再び大怪我を負った。

ようやくリハビリも終え、ある程度もとの力を取り戻してきたところ。
新たな技を開発しようと現在秘密裏に特訓を行っているらしい。

【組織】
『対漂流者』組織の幹部メンバー
その組織が果たして漂流者に対して何をしてくるのか、何のために、誰によって作られたのかはまだ明らかにされていない……
現幹部メンバー 覇條一誠 アルバ