Ghostscript


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ghostscript

PostscriptファイルやPDFファイルを加工、生成するソフトウェア。
WebLogoでPDFファイルを出力するためにインストールした。


Ghostscript, Ghostview and GSViewからダウンロードできる。

2007/07/06時点でのファイル名は、
ghostscript-8.56.tar.gz
同時にフォントライブラリ
ghostscript-fonts-std-8.11.tar.gz
もダウンロードする。


解凍はダブルクリックか、
ターミナルから
$ gunzip filename.tar.gz
$ tar xvf filename.tar

解凍の後のフォルダに移動して、
$ ./configure
$ make
$ sudo make install
でGhostscriptのインストールは完了する。

続いてフォントライブラリを解凍し、出来たfontフォルダごと
/usr/local/share/ghostscript/
に移動。
例えば、fontsフォルダをMacOSX上でworkフォルダに移動させた後、work内から、
$ sudo mv fonts /usr/local/share/ghostscript
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。