フリーランスルール

≪はじめに≫
妖具を使う者達は、神社に所属することはほぼありません。
なぜなら、神社同士のネットワークにより殲滅派を呼び寄せたり
いらぬ騒ぎの種になるからです。

その為、単独でも生き残るために妖具使いは独自の力を使い単独で神や大妖怪と似た力を使うすべを覚えました。
このサプリメントは妖具使いのスタイリッシュによりエッジに
そしてより、破滅的なスリリングな体験が多くなるでしょう。

≪生き様≫
フリーランスで生きるためには、確たる思いがなければ生きていけません
なぜなら、妖怪にも巫女にも嫌われる可能性があるからです。
身体は生きていても、精神が磨り減り発狂する事も多くあります。
その為、妖具使いは自分の生き様を決める必要性があります

『復讐』
概要:
貴方は、復讐する対象を決め
その対象に復讐するために役立つ行動を第一にします。
善良な妖怪であれ、それを狩ることにより復讐の役に立つならなにかと理由をつけて
その妖怪を切るようなRPが求められます。

メリット:
復讐する対象や種族など関連があるものの時に妖具を振るう場合は
取得している強化のLvをすべて+1します。

デメリット:
復讐の行動を邪魔をするものはすべて敵とみなします。
味方でもNPCのただの人間であれ止めるものは切ってください

『探求』
概要:
貴方は、探求する内容を決め
その探求しているものに近づくことを第一とします。
必要とあらば、暴力的手段もとることはありますが
それ以外の手段で激しく求める事もあります。

メリット:
探求している内容に近づける。
戦闘以外の判定に+1されます。

デメリット:
探求している内容が近づくと我慢できず
それに関してのみ注意がいってしまいます。
探求している内容が耳に入って瞬間からそれを求めない場合は全ての判定に-1されます。

『妄執』
概要:
貴方は、ある事に固執しています。
その固執している事を第一に考えそれ以外は二の次です。
もちろん固執している内容から離れているなら、一般人のように振舞うこともできるます。
しかし固執している内容が近づき、それを邪魔しようとするものなら冷静ではいられず
何が何でも固執したものごとをしようとします

メリット:
妖具強化のLvを全て足した数値を目標値に忍耐で判定すれば
固執している事を我慢できる。

デメリット:
判定に失敗したら、とめている者を殴り倒して固執している物事をします。
また固執している物事に近づくことを1日1回しなければ、全ての判定に-1されます。
これのペナルティは累積します

≪霊格≫
妖具使いは、神や大妖怪を喰らう(性的、肉体的、精神的)事により自らの霊格を上げていきます。
具体的には1セッションごとに、神社が知名度や神気を上げるように
2セッションごとに協力した神や大妖怪が自らの血肉もしくは精気を分け与えてもらうごとに霊格を上げていきます。
PCの初期霊格は2である

霊格の使用:
霊格=神気=知名度
①霊格1点につき10点の妖具ポイントを、そのシナリオ中加算する(これは制約や種別のペナルティを受けません)
②霊格2点を使用することで、そのシナリオ中任意の能力値を+1する。(副能力値も変化する)
③神社の神気と同じように使用する。呪札の入手は霊格と等しい枚数とする。
また、シナリオ開始時に、霊格に等しい枚数の呪札を入手する
①、②は、シナリオ開始時に宣言すること。

≪妖具使い強化≫
妖具使いはもはや通常の生き物とは一線を越えた生き物?です。
その為、魂を使っての肉体強化や治療ができます。

高速再生: 回復点魂
1時間以上安静にできる場所がある場合のみ使用できます。
RP、HP好きなものを消費魂だけ回復します。

霊力循環: 1魂
10分以上安静にできる場所がある場合のみ使用できます。
その日1日の間だけ自分だけに使用できる擬似的札を1枚作り出します。
術や妖具の発動のみ使える擬似札を体内に作り置きできます。
ただし、保管できる期間は1日のみです。

限界突破: 10魂
その日、1日の好きな能力値を+1します。
この効果は重複できます。ただし翌日は強化した数値と同じだけマイナスされます。

流転強化: 100魂
1T集中することにより、好きな能力値を-1した後に好きな能力値を+1できます。
この効果は重複できます。