KOF13wiki技性能解析ページ案その2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

通常技

Dm Stn 解説
A 25 3 発生が早く、リーチもそれなりにある。振りも小さいためジャンプ防止に使いやすい。連打、キャンセル可能。
B 30 3 それなりにリーチのあるローキック。低姿勢に強いほか、必殺技以上の技でキャンセル可能。
C 55+25 8+4 攻撃発生の早い2段のボディブロー。2段共キャンセル可能。連続技の始動に。
80 7 リーチの長いストレート。判定も強く、ジャンプ防止にもなる。
D 70 7 近C同様連続技の始動に。キャンセル受付時間が長いのでヒットを確認してから3Cを出しても連続ヒットしてくれる。単発技なので後の補正が近Cよりもかかりにくいため、ヒットが確定している場合はこちらを使うといい。
80 7 上方向に強いのでジャンプ防止に使えるが、発生が遅くしゃがまれると当たらない。
屈A 25 3 発生が早く連打、キャンセル可能。連続技の始動や中継に。アーケード版からの変更点として、チェーンコンボで屈Cが出せるようになった。
屈B 30 3 下段で連打可能。キャンセルできないので連続技を狙うなら屈Aや立ちBに経由する必要あり。
屈C 70 7 リーチは結構長い。キャンセル可能。キャンセル受付時間が長め。連携のつなぎに。アーケード版からの変更点として、屈Aからチェーンコンボとして出せるようになった。この場合もキャンセル可能。
屈D 80 7 リーチの長い下段技。発生が早くキャンセル可能だが、スキは大きい。
JA 40/45 3 リーチが短く、判定も中途半端。
JB 40/45 3 発生が早く横に長い。空対空に。
JC 70/72 7 発生が早く前方に満遍なく判定が強い。空対空を兼ねた空対地に。
JD 68/70 7 リーチが長くめくり能力がある。空対地のメイン。
C+D 75 10 前方に踏み込みつつタックル。発生が遅いので使いづらい。アーケード版に比べて攻撃判定の持続増加。
JC+D 80/90 8 リーチは短いが横から上に強い。置いておくような感じで空対空に。

特殊技

技                                 Dm Stn 解説
バックナックル 60 6 前方に踏み込みつつ裏拳を放つ。発生が早くリーチが長い。一部キャラにしゃがまれると当たらないがガードされてもスキは気にならないのである程度は決め打ちで使っていける。ただし、HDモード中のみキャンセルが可能となっており、通常ではキャンセルする事ができない。
ライジングアッパー 70 8 拳を頭上に振り上げる。発生が早くキャンセル可能だが、リーチが短いため弱攻撃2発から繋げる場合は密着スタートでなければ空振りする。屈A→屈Cのチェーンコンボができたので、弱攻撃から使う必要はなくなった。

通常投げ

技                                 Dm Stn 解説
バスタースルー 100 C投げで前方に、D投げで後方に相手を叩きつける。若干距離は開くが起き攻めは十分可能。大JDでのめくりやダッシュ前転から近Dを出して2択を迫っていける。

必殺技

技                                 Dm Stn 解説
パワーウェイブ スーパーキャンセル対応
拳を地面に叩きつけて地を這う気の衝撃波を放つ飛び道具。
60 8 発生が若干遅い。射程無制限。
60 8 発生が早く強攻撃からも繋がるが、弾が画面半分程度まで飛ぶと消える。ヒット時はダウン効果がある。
また、相手の飛び道具を貫通する。
EX 45*3 ヒット数が増加(最大3ヒット)。弾速は非常に遅いが画面端まで飛ぶ。ダウン効果は無い。
ガードさせた場合はガードゲージを大幅に削る事ができる。
バーンナックル ドライブキャンセル/スーパーキャンセル対応
突進しながら気をまとったパンチを放つ突進技。先端を当てるように出せば隙は小さく、優秀な牽制として使える。着地時にSC/DC可。
75 8 発生が早い。強攻撃から安定して連続技になる。
90 8 発生が遅いが突進距離が長い。
EX 160 発生が早くなり、突進距離が画面端まで届くほど長い。弱攻撃キャンセルで連続ヒットする。
クラックシュート スーパーキャンセル対応
前進しながら浴びせ蹴りを見舞う突進技。後方にも若干攻撃判定がある。通常版は中段ではなくなった。
40 4 発生が早い。ガードされた時の硬直が小さいため安全。
40+40+40 4+4+4 近距離で当てると最大3ヒットする。弱よりもガードされた時の硬直が短い。
EX 120 高速中段技になる。ヒットすると強制ダウン。
ライジングタックル 40+10*4/50+15*6 4+1*4/6+1*6 ドライブキャンセル/スーパーキャンセル対応
逆立ちの体勢で回転しながら上昇する対空技。無敵時間あり。
EX 垂直に高く上昇。ヒット数が増加(最大20ヒット)。ヒット時は相手を巻き込んで多段ヒットする。

超必殺技

技                                 Dm Stn 解説
パワーゲイザー 210 パワーウェイブのモーションで拳を地面に叩き付け、斜め上方向に伸びる巨大な気の柱を発生させる。
EX 360 発生が早くなり、攻撃判定が大きくなる(3枚重なっている)。攻撃発生まで無敵時間があるので最悪相打ちを狙えるほか、画面端でヒットさせるとライジングタックルで追撃可能。
バスターウルフ 180 MAXキャンセル対応
拳を突き出して高速で突進し、ヒットするとその腕を相手に押し付け、衝撃波とともに相手を吹き飛ばす。発生は早いため、弱攻撃キャンセルで連続技に組み込める。アーケード版と比べて突進速度がEX版と同速度に変更された。
EX 300 突進がヒット後、バックステップして衝撃波を放つ『MOW』版に近い演出になる。無敵時間が長くなり、ヒット数が増加する(最大6ヒット)。

NEO MAX超必殺技

技                                 Dm Stn 解説
トリニティーゲイザー 450 パワーゲイザーの強化版。両腕を地面に叩きつけて全画面を覆う巨大な気の柱を走らせる。強攻撃から連続技になり、無敵時間は短く、発生前につぶされる。画面端だとフルヒットしない。アーケード版からの変更点として、攻撃判定が拡大し3ヒットしやすくなった。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。