対戦行動概念 対空


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

対空は基本的に「相手のジャンプを確認し、上方向に強い技で迎撃する行為」です。
ジャンプ防止技との大きな違いは、ジャンプを確認してから出している点です。
相手の空中からの接近を妨害することで、相手にジャンプさせにくくする効果があります。

種類

対空技には多くの種類があります。
種類別に見ていきます。
キャラによっては存在しない対空方法があります。

無敵対空技での対空

無敵があり、上方向を攻撃できる技で迎撃します。
無敵で相手の攻撃をかわしつつ攻撃できるので、確実に出せるようになれば強力です。
コマンド入力が必要なことが多いので、間に合わずに攻撃をくらう可能性もあります。
庵の鬼焼き、ネームレスの宵月などが該当します。

アッパー系通常技での対空

上方向を攻撃する通常技で迎撃します。
無敵がないので相手のジャンプ攻撃に潰されることも多いですが、
1ボタンでとっさに出せるため、無敵対空技での対空に比べ難度が低くなっています。
相手のジャンプ引きつけずに、早出しすると機能しやすいです。
京の屈C、社の屈Cなどが該当します。

低姿勢攻撃での対空

相手のジャンプ攻撃をかわしつつ攻撃できる技で迎撃します。
また、相手のジャンプ攻撃が空振りした際の着地に狙う対空方法です。
ジャンプの着地にはわずかに隙があるため、そこに攻撃を重ねるとガードできません。
屈Bをヒットさせれた場合、多くのキャラはそこから連続技が狙えるためリターンが非常に大きくなります。
多くのキャラの屈B、ヴァネッサの3Bなどが該当します。

昇りジャンプ攻撃での対空

上方向に強いジャンプ攻撃をジャンプし始めに出して迎撃します。
下に極端に強いジャンプ攻撃に潰されることもあります。
クラークのJD、テリーのJBなどが該当します。

注意点

対空は見てから落とすことも相まって、用意をする必要があります。
用意をしている間は地上から接近されやすく、牽制技を当てられやすくなります。
また差し込みへの意識が薄くなりがちなので、相手の牽制のスカ時のリスクも少なくなります。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。