こ~いつは上等や~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こ~いつは上等や~(こーいつはじょうとうやー)


このページの項目


概要

「こ~いつは上等や~」は、高知高専で現非常勤講師である藤井先生が発っした言葉。
ちなみに、彼は元高専教員であり、非常に強い個性を持つ高専数学科の構成メンバーの一人であった。


詳細

「こ~いつは上等や~」は、上等な問題を発見した際に用いられる。
上等な問題とは、次の3つの条件を全て満たす問題である。
  • ぱっと見、短い問題である
  • 少し進めると、難しい、もしくは難しそうに見える
  • エレガントな解法が存在する。

ちなみに、彼は学生に白板で解答させる。
間違っていても、正しくても、上等な問題であれば「ほっほ~」と評される。
解答するだけで、成績租点が2点増しであるため進んで解答されたし。



関連項目

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|