※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

.
  ハートの精 ぽぷにゃん

 こちらでは、配信内で大人気のあいらし系キャラクター「ぽぷにゃん」について紹介します。

 ぽぷにゃんはきゆさんときゆさんのご友人2名の計3名の合作で誕生したキャラクターです。
 絵チャットで友人Aさんが「ねこぢる」を描こうと目を描き出したのがはじまり。
 そこにきゆさんが頭部としてお尻を描き足し、ねこぢる製作を阻止。
 その後、Aさん自身が顔の輪郭を書き足し、友人Bさんが身体と海苔巻きの形をした手を付け加える。
 ここできゆさんがファンシーさを表現する為、犬の様な愛らしい鼻・顎・ハート型の耳を描き加え完成。
 大事な部分を伏せている★マークは性別を伏せるために付けられたそうです。

 名付け親はきゆさんで、名前の由来は「メルヘンやから。」
 プリキュアの周りに浮いてる妖精をイメージし、適当に名づけた。との事。

ぽぷにゃん 概要

ぽぷにゃん
種族:妖精 性別:秘密 年齢:---- 身長:小さい 弱点:眼球


 ハートの妖精。 
 一人称は「ボク」で、語尾は「~~ぽぷにゃん」。
 自分を愛らしいと思っていて、いつ誘拐されてしまうかどきどきしている。
 そしてそんな人間の世界が怖いとさえ思っている。

 あいらし系キャラの為、心の穢れた人の前には現れない。
 ある一定の情熱と夢を持ち、ぽぷにゃんを呼び出すような雰囲気で念じると、
 『ぽぷにゃん♪』と現れ『ボクを召喚んだのはキミかぽぷにゃん?』と問いかける。
 人の思念が具現化した存在の為、求める者の思念がある限り消えない。
 世界全体が邪悪な気持ちで満ち、愛も希望もなくなってしまうと消滅してしまう。

 見た目や服装は、↑絵参照。(きゆさんとご友人2名が描いた元絵です。)
 澄んだ目をしており、顔はハートで構成されているが、頭だけはお尻。
 右腕は海苔巻きで、左腕は何故か海苔なしの巻き寿司。   
 服装は黒ビキニ一丁で、黒ビキニの下にヒトデが挟まれている。 (大事な部分は性別を隠す為、★で隠れている。)
 頭(お尻)から咲いているお花は、超ド近眼の人が誤って生けた生け花である。

 第2形態があり、足と同じタイプの手が海苔巻き型の腕の先から生えてくる。
 色はドラえもんの様な配色で、目の上のハートはピンク色。

 ―――頭(お尻)の花について。
 ある日、生け花をやっている超ド近眼の女性が花瓶を割ってしまい、花を生ける場所に困ってしまう。
 そこへ偶然ぽぷにゃんが歌いながら通りかかる。

  『ぽーぷにゃんにゃん♪ ぽーぷにゃんにゃん♪ ぽぷにゃん♪ ボクはあいらし系キャラぽぷにゃんにゃん♪』

 その様子を真上から見ていた花人は歌いながら通り過ぎる物体(ぽぷにゃん)を花瓶と勘違い。
 『あら、これは愛らしいわ! ここ(頭)に丁度生けるところもあるわね!』と、ぽぷにゃんの頭に花を生けてしまう。

 頭に花を生けられたぽぷにゃんは『痛いぽぷにゃん!』と苦しむが、痛みは5分程で治まっていく。
 痛みが引いたのち、自身の姿を確認してみると、花があいらし系の自分にぴったりだという事に気がつき、
 以後、その生け花をチャームポイントとして生け続けている。
 因みに、その生け花はぽぷにゃんのお尻から栄養を吸って生きている為、枯れる事はない。




  ↓ @wiki 広告 ↓

.