※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

.
  少女きゆの物語 -LEGEND OF ITAMI-

 こちらでは、生配信中に創作された、中二病設定の物語「少女きゆの物語」について紹介します。
 この作品は、主人公の少女きゆの悲劇から始まる「アドベンチャー物語」です。
 今作品を元に描いた漫画がこちら → 漫描き「少女きゆの物語」(要漫画描きアカウント)

登場人物

◇ 少女きゆと旅の仲間 ◇
きゆ ( ITAMI ) . 本作の主人公。 20.5歳。 兄が一人いる。
. スイートポテト神に仕える聖女(巫女)。
. スイートポテト神を奉り加護を受けた平和な村に暮らしている。

. 決め台詞:「痛くしないでね(…クスッ)」「貴様には解るまい…」
.
信仰神であるスイートポテト神から聖なる力を授かり背中に翼が生え、洗礼名「ITAMI」を名乗る事になる。
背中の翼は力を解放した時にのみ具現化し、普段は見えない。
しかし、最愛の人を目の前で殺されてしまう事をきっかけに聖なる力を邪なる力へと堕としてしまう。
更にこの時に受けた攻撃で顔に一文字の傷痕を付けられてしまう。
のちに、全ての元凶である "ニコニコ帝国に君臨する神・邪神" への復讐を誓い旅に出る。
旅先ではリラックマッスルマンや魔法使い等の仲間を加え邪神討伐の道のりを歩み成長していく。
普段は独善的で誰に対しても尊大な態度で接し、いざというときは世界や他者のために身を挺する。
・鍵爪「ペガサス」:メインの武器。自由に伸縮が可能。
・大剣「蛍光刀」:兄である十文字光から貰った剣。 剣先が光ることもある。
・盾「モロヘイヤ剛三」:(愛しい恋人の名前)
・弓「ジャステス」:エンヤ婆から授かった。 肩に装備してある。
・短剣「たっくん☆」:この物語の唯一の萌えキャラ。
リラックマッスルマン . リラックスの達人。 ニコニコ帝国出身。
. 単純な腕っ節には自信がある。 現在はニコニコ帝国の現状に嫌気が差し各地を放浪中。
. 顔の部分がマスクではないかという疑惑が浮上している。

. 必殺技:「リラックマッスルチョップ」
.
"邪神に仕える聖女・ゾナ" の術で操られた "ニコニコ帝国の皇帝・阿部" に愛想を尽かし、帝国を飛び出す。
いずれは帝国を建て直したいと思っているが、一人で大きな帝国を相手をするには力が足りず苦心している。
帝国を出た過去を思い出し、リラックスする事すら忘れかけていた時にITAMIから邪神討伐に誘われる。
魔法使い (名前不明) . 魔法使い。
. リラックマッスルマンの知り合い。
.
----
◇ 少女きゆと関わりを持つ人物 ◇
スイートポテト神 . 八百万の神。 きゆが信仰している神で、きゆの住んでいる村を加護している。
. 容姿はスイートポテトそのもの。
. 聖なる力をその身に宿しているが、武力的な面での力はないと思われる。
.
"邪神の手下である(鶏の姿の)鳥居・near・クック" に食べられ瀕死の状態に陥ってしまう。
しかし、死に際にきゆに残った力を全て与え、邪神討伐の望みを託す。
きゆに力を与えた後は神の力を失い、ただの食べカスになってしまう。
コリー . 酒場の娘。 この物語唯一の癒し系であり、普通の女の子。
. 胸にドリームキャッチャーを付けている。
. 常にリラックマッスルマンの写真を持ち歩いている。
.
悪漢に襲われていたところをリラックマッスルマンに助けられる。 以来、彼に強い憧れを抱いている。
エンヤ婆 . とある村に住んでいるご老人。
.
ITAMIに「弓:ジャステス」を授ける。
エンヤ婆は「ジョジョの奇妙な冒険 第三部」の両手とも右手の人と同一人物。
◇ 邪神とニコニコ帝国軍 ◇
邪神 . この世界で一番大きな帝国であるニコニコ帝国に君臨している神。
. 世界を悪に染めようと企むこの物語のボス。
. ニコニコ帝国の皇帝や民の信仰心を己の力としている。
. 見た目のわりに強大な力を持ち、八百万の神を体内に吸い込んでいく。
. 十程の部隊から編成される軍を率いている。
.
ニコニコ帝国の皇帝や民を "仕える聖女・ゾナ" の術で操り従えている。
"八百万の神・スイートポテト神" を取り込む為、手下の鳥居・near・クックをITAMIの村に送り込む。
その後もモロヘイヤ剛三や六反田 等、部下を次々とITAMIの村へ送り込む。
ゾナ . 邪神に仕える巫女。 16歳の女の子。 左目の下に黒子がある。 巨乳。
. "スイートポテト神に仕える巫女・きゆ" とはライバルの位置関係となる存在。
. 密かに "ITAMIの兄・十文字光" に思いを寄せている。
.
. 技:「テンプテーション」(誘惑。人をの心を操る能力。堅固な意思には通用しない。)
. 語尾:「~ゾナ」
.
テンプテーション(誘惑)を使い "ニコニコ帝国の皇帝・阿部" や "帝国住民" の心を操り邪神の信仰を集めている。
"ITAMIの兄・十文字光" の心も操り自分に想いを向けるよう仕向けるが、光の固い意志で跳ね返されている。
それがゾナを更に燃え上がらせているという説もある。
最初は丸い輪郭に額に?マークだけの適当な容姿だったが、ITAMIのライバルということで美人に描き直された。
阿部 . ニコニコ帝国のトップに位置する皇帝。
.
. 口癖:「やらんか やらんか やらんか やらんか どうだ やらんか」と連呼している。
.
帝国の民と共にゾナのテンプテーションで操られている。
鳥居・near・クック . 邪神の手下。
. 普段は鶏の姿だが、真の姿は人間の姿をしている。
. 人間に変化した時の容姿は、ソフトモヒカンのかっこいいおっさんキャラ。
. 右目の眼帯は鳥インフルエンザを患っている為である。
.
邪神からスイートポテト神の命を獲るよう命を受けITAMIの村に向かう。
モロヘイヤ剛三 . 邪神の使い魔。
.
邪神からITAMIを殺すよう命を受けITAMIがいる村へと向かう。
しかし、ITAMIの優しさに触れる事で次第に心が揺れ動き始めITAMIと恋仲になってしまう。
その後、ITAMI死亡の連絡がない事を不信に感じた邪神の怒りに触れてしまう。
六反田 (愛称:ロック) . 邪神の部下。 立場はゾナと同じくらい。
. 左目の辺りに69のタトゥーがある。 双剣使い。 とにかく悪。
. 自分の好きな事しかしない性格で、人を傷つけたいという願望が強い。
. 暇に生きるのなら世界を壊す方が楽しいという理由で邪神に仕えている。
. 自分の手下も雑に扱う。
. 技を繰り出す際、大きく「ロックオォォォォォン!」と叫び、切りかかる。
.
邪神の命か六反田自身のスタンドプレーかわからないがITAMIの村に火を点ける。
ITAMIは村に火を放たれたのは知っているが、誰が放火したかはわかっていない。
・大鋏「アダム」「イヴ」:二つの剣を組み合わせ、鋏として使う。
十文字光 . きゆの実兄。 シスコン。 きゆと同じ村の出身。
. 顔に大きな×字の傷があるが、詳細は不明。
. 神に仕える者が近づくと肌が蛍光ピンクに光り、敵が近づくと蛍光グリーンに光る。

. 決め台詞:「おい…俺の肌は何色だ」「俺の肌が光る時…それはお前が死ぬ時だ」
.
復讐を誓ったきゆが村から旅立った直後、村は邪神の部下によって放火され、村に残っていた光は消息不明に。
村が燃えている様子を遠目から見ていたITAMIは村人や村と共に光も死んでしまったと思っている。
しかし、実際は単身で邪神討伐へ向かったきゆを止めるために、きゆが旅に出た直後に村を去っており、
邪神に仕えるニコニコ帝国の内部に潜入し、帝国軍の十ある部隊の内の一つの部隊を纏めあげている。
光が率いる部隊はアンチ邪神の隊員のみで構成した対邪神隊で、内部からの帝国破壊を目的として動いている。
帝国内部での表向きの任務については不明。
零喰衛霧 . きゆの兄・十文字光が率いる部隊の副隊長。
. きゆに思いを寄せている。
.
過去にきゆと光の村を訪ねた事があり、スイートポテト神を奉っていたきゆの姿に心を奪われる。
モロヘイヤ剛三の事を忘れられないITAMIを何とか自分に振り向かせようと奮闘し、何度もアタックしている。
.  「俺はお前のことを愛している!! 俺の妻になってくれ!!」
.  「お前の兄さんはお前に戦うなというが、・・・俺も同じ気持ちだ。 お前に傷ついてほしくないんだ!!」
しかしその時のITAMIは「お前は兄と同じことを言うのだな…貴様にはわかるまい。」と返事している。
熱気バサラ . 誇り高きVウルフの戦士。 (額にVの字の模様がある狼の獣人化)
. 普段は金色の目だが、妖刀「邪牙(ジャガー)」に操られている時は赤目に変化する。
.
高みを目指し剣の鍛錬をしていた所に、邪神の手下がやって来る。
「お前にしか使いこなせない剣がある。 使えばもっと高みにいける。」と言われ、妖刀を手にとってしまう。
徐々に闘争心を抑えられなくなる事が増え、峰打ちで済ませるべき試合でも殺傷衝動が出てくるようになる。
闘争本能を抑える事に限界を感じる頃、邪心の手下にITAMIを倒せと唆され、討伐に向かう事になる。
・妖刀「邪牙(ジャガー)」:邪神の手下から授かった剣。 ウルフの扱う剣「牙」に邪神が力を注ぎ妖刀に変化。
ジャンボ . 虎の獣人化。
.
敵の設定で描かれたが今後登場するかどうかは未定。
敵A (名前不明) . 突如ITAMI達の前に現れた最初の敵。
. 雑魚敵らしさ満開の身体の大きな肉体派。
.
ITAMIとリラックマッスルマンが知り合いの魔法使いがいる町へと向かう道中に現れ、ITAMIと戦う事となる。

あらすじ

 ――ここはスイートポテト神を奉り、その加護を受ける平和な村。
 ある朝、神聖なるスイートポテト神の巫女であるきゆは日課にしている滝での禊を行っていた。
 ――同時刻。 その村の何処か。
 スイートポテト神は邪神の命を受け送り込まれた鳥居・near・クックに襲われ食べられてしまう。
 禊から戻ったきゆは既に残骸と成り果てたスイートポテト神を発見し、泣き崩れる。
 瀕死の状態に陥ったスイートポテト神は最後に残った力を全てきゆに与え、邪神討伐の望みを託す。
 この時、聖なる力を授かったきゆに背中に2枚の白い翼が生える。
 きゆは己の名を捨て、洗礼名「ITAMI」の名を名乗り、邪神の討伐を誓うのだった。
 きゆに力を与えたスイートポテト神は神の力を失い、ただの食べカスになってしまう。
 
 ――暫く経ったある日。 ニコニコ帝国。
 ITAMIの成長を察知した邪神は自分の部下であるモロヘイヤ剛三をITAMI討伐に送る。
 邪神により「ITAMIは悪の存在である」と刷り込まれたモロヘイヤ剛三はITAMI殺害へと向かう。
 しかし、モロヘイヤ剛三はITAMIのいる村へ向かう道中で崖から転落してしまう。
 足に怪我を負ったモロヘイヤ剛三は偶然通りかかったITAMIに助けられ、介抱される。
 ――ITAMIの村。
 ITAMIの優しさに触れたモロヘイヤ剛三は「ITAMIは悪いヤツではないのではないか」と感じ、悩み始める。
 そして暫く一緒にいる内にモロヘイヤ剛三はとうとうITAMIと恋に落ちてしまうのだった。
  
 ―― 一方その頃。 ニコニコ帝国。
 討伐に向かったモロヘイヤ剛三が帰ってこないのを不信に感じた邪神は直々にITAMIのいる村へ向かう。
 ――ITAMIの村。
 そこで邪神は信じられない光景を目にする。
 ITAMI討伐に向かったはずのモロヘイヤ剛三がITAMIと仲睦まじく暮らしていたのだ。
 怒りに狂った邪神は突貫する様にITAMIに攻撃を仕掛ける。 (ドラゴ○ボールのナムの天空×字拳の様に。)
 しかし、その攻撃は間一髪でITAMIを庇ったモロヘイヤの身体を貫いてしまい、モロヘイヤは息絶えてしまう。
 最愛の者を目の前で殺されたITAMIは己の中に眠る聖の力を闇に堕としてしまう。
 憎悪・怨恨の力は邪な力として覚醒し、ITAMIは豹変する。
 青と緑の混じった美しい髪は緋く染まり、背中の2枚の白い翼は4枚に分かれ、漆黒く染まる。
 邪神はいつの間にか姿を消しており、ITAMIは三日三晩モロヘイヤ剛三を失った悲しみに打ちくれるのだった。
  
 ――その後。 ITAMIの村。
 叫び、泣き果てたITAMIは綺麗な景色を見て己を見つめ直し、修行を開始する。
 成長したITAMIは「大事なものはもう失うまい」と邪神への復讐を改めて胸に誓い、旅に出る事を決意する。
 しかし、同じく村にいた兄・十文字光に「お前は女だ」と諭され、旅立ちを引き止められてしまう。
 だが、ITAMIには兄の言葉は届かなかった。
 兄の反対を押し切って旅に出たITAMIは仲間を集めるために次なる場所へ向かうのだった。
 
 ――村をでた直後。
 ITAMIは一人の男とすれ違う。
 ITAMIは気にも留めず先へ進み、男は村の中へ入っていく。
 村に入った男は置いて有った新聞紙に炎を点け村を放火してしまう。
 暫く歩いていたITAMIはふと自分の村の方向を振り返ってみると、村の辺りがほんのりと赤く染まっていた。
 ITAMIの村は大きな炎に包み込まれていたのだった。
 兄と故郷… ITAMIはまた大事なものを失ってしまうのだった…
  
                        - 第一部完 -

                        - 第二部 -
 ――回想。 ニコニコ帝国
 「やらんか やらんか やらんか やらんか どうだ どうだ やらんか やらんか どうだ どうだ」
 ニコニコ帝国の皇帝・阿部はゾナのテンプテーション(誘惑)により帝国の住民と共に操られていた。
 その事に嫌気が差し、国を飛び出した自分の過去を思い出すリラックマッスルマン。
  
 ――ITAMIの村周辺の町 川辺。
 ニコニコ帝国に愛想をつかしたリラックマッスルマンは川辺で寝そべりリラックスする毎日を送っていた。
 ――同時刻。 ITAMIの村周辺の町 コリーの働いている酒場。
 ITAMIがカウンター席に着くと、隣のおっさんが「飲んでくれ、ねえちゃん」と陽気に声を掛けてくる。
 ITAMIはお酒を奢ってもらい、酒場のマスターにこの辺りで一番の腕っ節の名前を聞く。
 ――ITAMIの村周辺の町 川辺。
 頭の中で帝国を打ち倒す計画を立てていたリラックマッスルマンはリラックスすることすら忘れていた。
 一人では帝国に到底太刀打ちできない。 今のままでは駄目だ。と焦りを感じ始めていた時、
 腕っ節のたつリラックスの鬼が町周辺の川辺にいると酒場のマスターから情報を得たITAMIがやってくる。
 「私と共に来てくれ。お前の力が必要だ。」ITAMIが話しかけてくる。
 リラックマッスルマンはITAMIのその真摯な態度に心を打たれ、共に旅にでることを決意する。
 二人は新たな仲間を求め川辺を出発する。
 ――同時刻。 ニコニコ帝国。
 ITAMIの行動が怪しいと勘ぐり始めた邪神は3体の刺客をITAMI討伐へ送る。
  
 ――ITAMIの村周辺の町 川辺を出発後。
 リラックマッスルマンの知り合いの魔法使いがいるという町に向かう。
 その道中、怪しい人影がITAMI達に近づき「おまえさん焼き芋は好きかい?」と襲い掛かってくる。
 ITAMIはスイートポテト神の嫌味を言い出した怪しい人影と一戦交える。
 リラックマッスルマンがリラックスしながら見守る中、ITAMIはその戦いに勝利する。
  
 ---- ↓以降 未定 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
 (ITAMIは、旅の途中でエンヤ婆に出会い弓を授かる。)
  
 ―― 一方、その同時刻ニコニコ帝国。
 ITAMIの兄である十文字光が宿敵であるニコニコ帝国の一番隊隊長となり、
 影で邪神をよく思っていない者が集まる部隊をまとめていた。
 そこにはこの後、ITAMIと深く関わることになる零喰衛霧(レクイエム)も所属していた。




  ↓ @wiki 広告 ↓

.