ステージ 10


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ステージ10 罪



強制出撃メンバー:匠、翔、すずな、詩音

自由出撃メンバー:なし

敵: 
名称 レベル 体数 覚えられるスキル
暴走学生男 11 2 ショット
暴走学生女 11 2 ローブロウ
フライシジャー 11 2 DEXアップ
キラービー 11 2 パラライズ

解説:
暴走学生男と暴走学生女が4体とも無傷の状態でクリアすると、
後にクラックリング(アクセサリー:CRT+10 売価10000G)が手に入る。
「とある事情」(ネタバレ注意)も鑑み、ここは学生たち全員無傷の状態でのクリアを目指そう。

パラライズを習得しているなら、学生たちにかけてしまいたいが?
(ただし、「無傷で」という条件を満たせないかもしれないので要検証)

クリア後に注意すべき点があるので、別項ネタバレ情報(2)にて解説する。

以下、初回プレイの方に向けてのアドバイス。

ここまでプレイしてみて、もしゲームバランスがキツすぎると思われたら、
いっその事、リトライデータを作成して最初から再スタートしてみてはいかがでしょう?
  • 巡回の制限回数は 全章累計して カウントされる。
  • 第二章冒頭で敵の攻撃力が跳ね上がる。
といった事情を考えても、ジリ貧な状態で無理に第二章に進むよりはずっと良いかもしれません。
本作の場合、メインシナリオで登場する敵をもれなく捕獲した場合に手頃な難易度になるように調整されているものと思われますが、そこに加えてパッシブスキルだけでも引き継いでおくと目に見えて楽になります。

引き継ぎ用のスキル(6種類まで)の有力候補は、以下の通り。
  • HPアップ、SPアップ、VIT(物理防御)アップあたりはまず確定でしょうか。
  • 東公園の巡回で手に入るMEN(術防御)アップも非常に有用。
  • DEX(攻撃命中率)アップも、できればあった方が良いかと。
  • AGI(回避率)アップについては、あまり回避率重視の戦い方をしやすいゲームでもない(特に序盤)ので、他に優先すべきものがあればそちらのほうが良いかもしれません。
  • INT(術攻撃)アップは、ヴォーテクスを引き継ぐのでなければとくに必要ありません。ヴォーテクスは高威力広範囲が魅力ですが、闇耐性の敵には無力だったり、逆に闇耐性のない敵には高威力すぎて捕獲に向かなかったりと、第一章中で使いやすいスキルとは言いがたいかもしれません。しかし、パラライズなどバッドステータス成功率はINT依存のようなので、パラライズを多用する方は優先しておいたほうがいいかと。
  • パッシブ以外のスキルを引き継ぐ場合は、パラライズやローブロウ、ショットあたりが燃費のわりに効果的なスキルかもしれません。