Kornberg氏講演


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

7月23,24日のコーンバーグ先生の講演


7月9日(7月23日手伝いの人対象)

 『若手とコーンバーグ一家の交流会』(7月23日)事前打ち合わせ会
 時間:14:00~15:00
 場所:東京大学医学部教育研究棟2階 第2セミナー室


7月23日(基礎統合講義の一環)

13:00~15:20 Toward innovative research: Lessons from the Kornbergs 独創的研究の神髄をコーンバーグ父子から学ぶ 安田講堂
13:00-13:15  開会の辞:東京大学小宮山総長 
13:15-13:30  コーンバーグ一家の解説:新井賢一
13:30-14:00  アーサー・コーンバーグ博士講演
14:00-14:30  ロージャー・コーンバーグ博士講演
14:30-15:00  トム・コーンバーグ博士講演
15:00-15:15  質疑応答など
15:15-15:20  閉会の辞:浅島 誠、東京大学理事
15:45-17:15  学生、若手教員とコーンバーグ一家の交流会 会場:山上会館1階 飲み物、軽食をお出しします。


またアーサーの三男で建築家のケン・コーンバーグ氏が安田講堂ロビーに作品を紹介するパネル展示を行います。ラボデザインの第一線の建築家で沖縄大学院大学のデザインも手がけておられます。合わせてごらん下さい。





7月24日(任意参加)

 11:00~12:00 Molecular Basis Of Eukaryotic Transcription ロージャーコーンバーグ、スタンフォード大学教授 2006年ノーベル化学賞受賞者(「真核生物の遺伝情報転写の仕組みについての研究」) 鉄門記念講堂

Stryr Biochemistry 5th editionより

In 1958, Arthur Kornberg and his colleagues isolated the first known of the enzymes, called DNA polymerases, that promote the formation of the bonds joining units of the DNA backbone.

In 1974, Roger Kornberg proposed that chromatin is made up of repeating units, each containing 200 bp of DNA and two copies each of H2A, H2B, H3, and H4, called the histone octomer. These repeating units are known as nucleosomes.




  • 教務係掲示板にアップされたファイルをアップしました。 -- 菅野 (2007-07-01 21:58:06)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。