リネの小説


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まずはリネージュの世界を知りましょう。




むかしむかし、世界の始まりの物語

この世はひとつの球の形をしていました。長い歳月をかけ、
やがて球の中に意志が芽生え、それは「アインハザード」と「グランカイン」となりました。
二人の神は力を合わせて球を飛び出し、割れた破片は空と地をつくり、
球の中身は様々な動植物へと姿を変えました。

そしてこのとき、「巨人」が生まれました。彼らはとても優れていたため、
神は巨人をすべての生き物の長としました。 巨人は大陸を支配し、繁栄しました。

創造の神であるアインハザードは子をもうけ、それぞれに地上を支配する「力」
を与えました。長女シーレンには水の精神を、長男ファアグリオには火の精神を、
次女マーブルには土の精神を、次男サイハには風の精神をを吹き込みました。
三女エヴァにはもう何も残っていなかったので、エヴァは詩と音楽をつくり、唄いました。

そして、水の神シーレンはエルフ族、火の神ファアグリオはオーク族、
地の神マーブルはドワーフ族、風の神サイハはアルティア族の起源となりました。

これを見たグランカインは、自分も子を持ちたいと思いました。 グランカインはさっそく
自分そっくりの肉体を作り、子供たちに精神を吹き込むよう頼みました。

「お父様、どうしてそのようなことをなさろうとするのですか。創造はお母様のなさることです。 破壊の神から命を授かる生き物は、災いの種になります。」

5人は断りましたが、グランカインの強い熱意に押され、渋々とよどんで腐った水の精神、
消えかけの火の精神、不毛の汚れた土の精神、激しく荒い風の精神を差し出しました。
彼の創造物は、人間と呼ばれました。

万能の巨人は、地上を支配していました。賢く魔法に長けたエルフは、
政治と魔法を担当しました。強靭な体力に長けたオークは、戦争と治安を担当しました。
計算や細工に長けたドワーフは、銀行業と製造業を担当しました。
自由を愛する種族アルティアは、豊富な好奇心と空を駆ける翼で、巨人に各地の出来事を知らせました。

しかし、人間は何をやってもうまくできませんでした。 巨人たちは人間を奴隷として、あらゆる卑しい仕事をさせました。


グランカインは自由奔放な神でした。彼は自分の娘シーレンを誘惑する過ちを犯し、
シーレンは彼の子を身ごもりました。 アインハザードは激怒し、彼女から神の地位を剥奪し、
大陸から追放しました。彼女が深い森の中で産んだ子は、6匹のドラゴンを含み
、神に抗う「鬼神」と呼ばれました。神々を憎むシーレンや子供達と神々の戦争の影響で、
地面は割れ、稲妻が轟き、地上は荒れ果てました。

長い戦争はシーレンの敗北により収束を見せましたが、シーレンの悲しみの心は「死」を生み出し、
彼女と、そして責任を感じたグランカインはその世界へと姿を消しました。

シーレンが去った後、水の支配は三女エヴァが受け持っていました。
しかし、元々臆病な性格のエヴァは、シーレンと神々の戦争の悲しみから、重い責任から逃れるために、姿を隠してしまいます。

支配者を失った水の精霊は荒れ狂い、多くの生命がシーレンの世界へ旅立っていきました。
見かねた神々はエヴァを探し出し、それによって水は落ち着きを取り戻しました。

神々の度重なる失敗によって、巨人の間で不信感が広まっていました。あのような神々を崇拝する価値があるのか?
巨人たちが次第に力を持つようになると、この考えはどんどん大きくなり、やがて神々を退けてその地位を奪おうとしました。

アインハザードはこれに激しく怒り、地上に鉄槌を振り下ろしました。
多くの生命体は溶け、地上には瓦礫が降り注ぎました。 巨人は自らの愚かさに気付き、僻地に身を隠しました。

地上の生き物に失望したアインハザードはその後、めったに地上でのできごとに関与しなくなり、またグランカインも、むやみに地上に姿を現さないことに決めました。こうして、神々は地上から姿を消したのです。

巨人達が姿を消すと、それまで巨人のために生きてきた彼らは混乱に陥りました。また、神々もこれに関与しようとはしませんでした。

この状況を救ったのは、エルフたちでした。彼等はその賢さで、世界を統治しようとしました。
しかし、体力に勝るオークたちが反旗を翻し、地上は再び戦火に見舞われます。非力なエルフ達は、あっというまに世界の隅に追いやられてしまいました。

この時、エルフのもとに人間族の王がやって来ました。

「非力で愚かな人間ならば、たとえ知恵を与えても我々エルフを超えることはないだろう」

エルフ達は彼らに魔法を教え、人間族の力を得たエルフの軍勢は次第に戦線を押し返し始めました。

しかし、ここで誤算がありました。今まで勝算のあったオーク族に武器や要塞を作っていたドワーフ族が、やがて人間族にも味方するようになります。
驚異的な繁殖力と強力な装備を得た人間はついにエルフの力を超え、大陸を制覇していったのです。

そして、オーク族は人間族と屈辱的な平和条約を締結し、エルモア北部へ追いやられます。また人間に裏切られたエルフ族も、同様にエルフの森に後退せざるを得ませんでした。

長い戦争のうちに人間は原始的な国家体制を形成し、エティナ族によって現在のアデン地方とエルモア地方が「エルモアアデン帝国」として統一されました。

しかし、帝国の王には悩みがありました。死と破滅を象徴するグランカインが人間の創造主だという事実は、人間にとって屈辱的なものでした。
新しい帝国のためには、人間を尊いものとする新しい神話、新しい歴史が必要だと考えた帝王は、大々的な宗教改革を行い、グランカインの代わりにアインハザードを人間の神と崇めました。

何代にも及ぶ宗教改革によって神話と歴史は歪曲され、黒魔法とグランカインの信者は迫害を受けました。そして最終的にはアインハザードを善の神、グランカインを悪の神とし、人間はアインハザードを自分の創造主と考えるようになったのです。

大陸でエルモアアデン帝国が生まれ、目覚しい発展を遂げている頃、海を挟んだグレシア地域は未だ混乱期でした多くの小さな国々が存在し、離散集合を繰り返していました。
しかし、エルモアアデンの強力な軍隊が西海大橋と海路を通じて侵犯してくると、グレシア一帯の国家は連合体を構成してこれに立ち向かいます。
これによって、結果的にグレシア一帯は統一され、のちにペリオス帝国が誕生することとなります。

さて、エルモアアデンには、このころ既に「象牙の塔」という魔法機関がありました。
この機関は古代の巨人が使用していた魔法を復元し、それを再研究、発展させることを目的とし、その強力な魔法は皇帝と同じ程の政治的影響力を持っていました。

この象牙の塔の出身者で、最も強力な魔法を備えていたのが「ベレス」という男でした。
希代の才能を誇る彼は研究に没頭し、強い力と共に愚かな野望を持つまでに至りました。
これに警戒心を持った帝国と象牙の塔はベレスをグルーディオ南部に閉じ込め、周辺が砂漠化するほどの強い封印魔法を施しましたが、ベレスはこれを打ち破って脱出します。
帝国はこれをベレスの行いとし、ベレスに悪魔の烙印を押す事になります。

人間に大陸の覇権を奪われたエルフは、次第に自信を失くし、惰弱になっていきました。
その中で反撃に意欲的だった褐色の肌をしたエルフ族のもとに、人間族のウィザード「ダスパリオン」が訪れます。
彼女は永遠の命と引き換えに、人間族への反撃の手段となる黒魔法をエルフに与えます。

この一件で元々のマーシュエルフ族と褐色のエルフ族の間に争いが起き、マーシュエルフ族は全滅し、褐色のエルフ族は暗闇の種族となる呪いをうけてダークエルフとなってしまいました。

エルモアアデンの成立後、約千年が過ぎたバイウム皇帝の時代。
王は強力なカリスマで帝国史上最強の軍隊を作り、オーク族をエルモア北部から黒い森へと押しやり、さらにペリオス帝国のグレシア南部一帯を占領します。
国土を奪われたペリオス帝国は体制が揺らぎだしました。

しかし、バイウムはいつしか征服戦争に興味を失い、神の国から永遠の命を手に入れる為に天をつらぬく塔の建設を始めます。
しかし30年も過ぎた頃、バイウムはその傲慢さで神の怒りを買うこととなります。

「卑しい人間の子よ、お前が永遠の命を得ようと、恐れ多くも私の寝床を汚しに来るのか?いいだろう、お前が切に願うのが永遠の命ならば、私がお前にそれを与えよう。だが、お前もこの塔から一歩も出ることが出来ないであろう。」

バイウムは永遠の呪いを受けてリッチへと姿を変えられ、塔のてっぺんに幽閉され、工事は中断されます。世紀の大工事と急な皇帝の失踪によって王政は揺らぎ、千年以上続いてきた帝国はわずか20年のうちに崩壊、またペリオス帝国もその後の伝染病と冷害で崩壊してしまいます。

混沌の時代の後、グレシア地域にはベハイム国が、大陸北部にはエルモア王国が誕生しました。
大陸南部には小さな国がいくつかありましたが、併合・吸収し、ついには大国オーレンを打ち負かし、大陸南部は再び統一されました。
そして、アデン王国の成長を願う王アマデオの主導のもと、アデン、エルモア、グレシアは相互不可侵の平和条約を締結し、世界は一応の落ち着きを取り戻すのです。