みすて・ないでデイジー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【みすて・ないでデイジー】

(編集者注:『みすて・ないで』の『・』はハートです)


5スレ

769 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/10/04(火) 20:26:56.70 ID:???0
みすてないでデイジー


7スレ

542 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2012/06/01(金) 23:18:04.22 ID:???i
みすてないでデイジー

677 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2012/06/17(日) 08:30:23.82 ID:???0
>>542
みすてないでデイジー

幼い頃から核シェルターの中で育てられ、天才的頭脳を持ちながら、
すっかり世間知らずな高校生に成長した主人公は、ある日同級生の女の子に一目惚れ。
それを恋と理解できない主人公は、トンデモ発明によるハチャメチャなアプローチで騒動を巻き起こすのだった。

ある意味徹底的に大馬鹿だが、ひたすら一途な主人公の屈折した愛情に、
ごく普通の女の子が辟易しつつも徐々に・・・という、いわば王道ラブコメ。
荒唐無稽なギャグの中に、主人公が時折見せる孤独感や純粋さなど若干のシリアス成分をバランスよく配合し、
結末もハチャメチャながらそれなりに気持ちよくまとまっている。

・・・と見られれば良いのだが、ひたすら周囲に迷惑をかけてばかりの主人公の奇天烈な行動を不愉快に感じたり、
やってることはキモいストーカーと同じじゃねえかと捉えたりしたら、
いくらギャグ演出でごまかしても、もはや見るに耐えない。
そんな主人公を受け入れようとするヒロインの思考も、正直言って理解不能。
犯罪を完全にギャグとして描ける当時のセンスに、15年の隔たりを感じざるをえない。
作画もハッキリ言ってイマイチだし、積極的にはお勧めしかねる作品。

どうでもいいが、EDを歌うのはあの仲間由紀恵だったりする。