ふしぎの海のナディア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【ふしぎの海のナディア】


1スレ

66 : ニュー速民:2009/10/30(金) 00:12:57.61 O
ふしぎの海のナディア

67 : 比呂美厨:2009/10/30(金) 00:28:26.40 O
>>66
おたくラピュタ、結構面白い


2スレ

53 : 幼なじみはかませ犬:2010/01/30(土) 22:06:06.64 O
ふしぎの海のナディア

58 : 刷新より追加がいいな:2010/01/31(日) 01:18:54.21 0
>>53
ふしぎの海のナディア
19世紀を舞台に、発明好きの少年・ジャンと青い宝石「ブルーウォーター」を持つ少女・ナディアが巻き込まれてゆく
古代アトランティスの超科学文明を利用して世界征服を企む秘密組織・ネオアトランティスと
それを阻止しようとする万能潜水艦ノーチラス号の戦いを描く。
ぶっちゃけ名作だが、中盤が本編に関係ないとこで中だるみし過ぎる。
旧約聖書を用いた設定などが後のエヴァに影響を与えていると見られる。
最後はラピュタみたいな終わり方・・・それもそのはず、企画原案はあの宮崎駿。

59 : みもりです!!:2010/01/31(日) 01:34:47.11 0
>中盤が本編に関係ないとこで中だるみし過ぎる

通称島編。
主人公パーティーが島に入ってから生活ギャグみたいな話で漫画で言えば引き延ばしみたいなことをする。
脱出話で盛り上がるが、出てすぐもう一度短期でたるみもした
島編辺りは作画まで一気に酷くなる。
すべて終盤への溜め、捨て回だったというのは、
終盤の話の盛り上がり、優れた畳み方や作画も一気に良くなることから分かる

全体としてエヴァ作った庵野監督だが、エヴァよりも謎、伏線はちゃんと回収してるし、
纏まった名作なので、島編辺りをつまんないと思うなら、
早送りするなど如何に不快にならないで進むか工夫すれば良いかと

60 : どうでもよいち:2010/01/31(日) 02:09:34.96 0
>>58
宮崎は「カリオストロの城」の興行的失敗の後
(のちに評価されるが興行的には微妙だった)
事実上干されるみたいな形になったんだよな・・・企画を持ち込んでも持ち込んでも
相手にされない日々・・・そのうちのNHKに持ち込まれた企画の1つが「ナディア」のプロットになる。

まあ宮崎はその後「ナウシカ」で大成功をおさめ過去の企画を自分で映画化したのが天空の城ラピュタ。
その後NHKに残ってたプロットが再び浮上して庵野監督の下
作られたのが「ふしぎの海のナディア」だったわけだ。

61 : じゃんけんぽん:2010/01/31(日) 04:00:50.88 0
宮崎が一時期業界内で干されたのは制作現場の待遇改善のため
当時労働争議を起こしたからだよ。(そして運動は潰された)
スケジュールが空っぽになった宮崎に当時懇意にしていたアニメ誌編集長が
マンガ連載の話を持ちかけて食いつながせてくれた。

そのマンガがナウシカ。声かけた当時のアニメージュ編集長が鈴木敏夫。

その後ナウシカをアニメージュの徳間で映画化しようって企画が実現して大復活劇となる

63 : 幼馴染は不遇:2010/01/31(日) 13:47:32.86 O
>>58~ >>61
いろんな情報ありがとう学校のテストが終わったら見てみるわ

70 : 騙る推奨アニメ:2010/01/31(日) 21:47:44.60 0
>>53
監督は庵野秀明で、終盤になるほどエヴァとそっくり
設定から演出、展開にしろたいして変わってないなと思わされる
ナディアは序盤~中盤、最終4話と考えた方がいい、質がまったく違う
中盤~後半までは島編で明らかに大人の事情が絡む手抜き、別物と言っていい
しかも島編が長すぎる、えっこのまま終っちゃうの?と思わせる
しかしそれを差し引いても冒険心をくすぐるところは原案がパヤオで
後にラピュタに引き継がれた面を見せるところがエヴァとは異なるところ
資金面で庵野は描きたいものを描けずというのを2回経験しようやく成功したともいえる
話の展開引き込み具合はハンパじゃないので見ると止まりません

96 : 状況は悪いがただ逃げ出すんじゃ根性ないなぁ:2010/02/01(月) 20:22:00.21 0
>>53
まあエヴァにそっくりっていうか、内容的にエヴァの雛形になってるというべきか。
明確に違う点は、エヴァで描かれてる人間たちが大人になりきれない頭でっかちの子供みたいな大人、
生まれ育ちの不幸への呪縛が強すぎたり、苦難をのりこえて成長したかな?
と思っていたらその後大幅に幻滅するような行動にでたりする子供など、
マイナス方向への強制力がたいそう強いのに対して、

ナディアでは大人はバカやってたり頑固で愛想がなかったりしても、
いざというときは子供の盾となって模範的・理想的にふるまおうとし、
子供は多少懐疑的になることはあっても夢や希望・理想といったものを信じている、
性善説的な世界であることが最大の相違点だと思う。

天下の国営放送むけだからあんまり破滅的な話が描けなかったのかもしれないけど、
話の性格的にはあっているし、じつは過去の有名作から借用してるようなものが多いにも関わらず、
存在感と生命力に満ち溢れたキャラは独自の魅力を獲得し
クライマックスからエピローグまでの盛り上がりは
アニメ史に残る名場面の連続であるといっていいと思う。

終盤のグランディスさんが気の毒で気の毒で。
エピローグのそれ投げるのは反則だろう? ってくらいこみ上げてきて。

島編に代表されるような悪い要素がないわけじゃないけど、
見るだけの価値はある話だと思うんで機会があればぜひ最後まで視聴してみてください。


6スレ

926 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2012/03/03(土) 21:42:23.14 ID:???0
ふしぎの海のナディア

936 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2012/03/05(月) 10:12:51.28 ID:???0
>>926
ふしぎの海のナディア
少年と少女が出会って謎や冒険に巻き込まれていく話
時代背景は100年くらい前のパリ万博のころで、原案はジュール・ヴェルヌの『海底二万里』との事
古代文明とかアトランティスの伝説とかSF好きな人ははまるかも
最初はタイムボカンみたいなコメディ風バトルな感じだけど謎の組織が出てくるあたりから話がシリアスになったりする
まあ本筋の話はシリアスでもコメディ風味な回が多いからそんなに暗い感じにはならない
逆に途中のコメディ回が多すぎてダレるかもしれない
あと最後はやや超展開ぎみかな
でもまあキャラが気に入れば最後まで面白く見れると思う
萌えとかツンデレなんて言う言葉がまだ流行ってない時代の作品だけど、ツンデレ褐色美少女に萌えた人は多いと思う

939 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2012/03/05(月) 20:37:09.41 ID:???0
ナディアは2クールぐらいに簡潔にして作画直してくれたらBD-BOX欲しいわ

940 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2012/03/05(月) 20:40:55.47 ID:???0
これだから堪え性の無いゆとりは~

941 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2012/03/05(月) 21:14:52.91 ID:???0
南の島編は明らかにいらない話が多いだろw