スイートプリキュア♪


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【スイートプリキュア♪】


5スレ

112 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/07/08(金) 20:00:22.79 ID:???0
べるぜバブ→男性向けかどうかの視点を中心に
スイートプリキュア→大きいお友達的視点を中心に

お願いします。見ないままこれの録画が大量に溜まってるので、相性が合えば見ず焼きして合わなければ消そうかと。
好みに拘わらず断捨離しろって意見はなしの方向でおながいします…。

113 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/07/08(金) 21:09:47.45 ID:???0
プリキュアはスイートだけ?
ハートキャッチとかフレッシュは見てないのか

114 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/07/08(金) 22:32:33.29 ID:???0
>>113
基本的に興味はあるんだけど、生活リズムの関係でハトプリとファイブの時は
結構見ることができたけど他は見られてません。(当時録画環境無かったの)
男キャラとの関係が濃いとダメなので、ファイブはギリギリ見続けるかなレベルで
ハトプリは普通に見続けたいと思いました。(それでもリアルタイムだから飛び飛び視聴)

115 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/07/09(土) 10:42:14.57 ID:???0
>>112 要するにべるぜバブに関してはブヒれるかどうか
スイートに関しては内容が大友の評価に耐え得るか
ってことでいいんだろうか?
だとしたら、両方とも微妙

116 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/07/09(土) 11:23:37.80 ID:???0
次、スイートプリキュア

今期のプリキュアはストーリー構成が、過去作とは大きく異なっている
一話完結という形はそのままに、謎や問題が常に解決を先延ばしにして
延々と引っ張られていくのが具体的な相違点なんだけど、
この形式が人によっては見続ける上でストレスになる

ライター間での設定の解釈にズレがあるのか、
緩く連続しているストーリーの端々で矛盾、ないしは投げっぱなイベントが散見されたり、
心を合わせないと変身できないという前提があるのに主役二人がずっといがみ合い→和解、
お供の妖精はかつての親友とすれ違い、をずっと繰り返していたりと、
とにかく突っ込み始めるときりが無い

また、キャラの扱いも違っていて、
過去作ではストーリーに関わる重要なモブが存在したが、今回はそれが事実上いない
謎を引っ張る際のキーとしては何人か重要なモブがいるが、
彼らをテーマとしたエピソードはごく少数(ミスリードを誘う道具的な感が強い)
基本、プリキュアとその直接の協力者だけでストーリーが回されていくので、閉塞感が強い
その割りには主役二人の間に距離があるので、百合的な関係を楽しむのもきつい

結論として、過去作、特にハートキャッチを基準にして見るのはつらい作品だと思う

ただし、ここまで否定的なことを書いてきてこんなことを言うのはなんなんだけど、
出来れば一クール分くらいは見てほしい
上記のシナリオの問題は気にしなければそれで流せるレベルだし、
キャラの関係はストーリーの展開によって変化し続けている
(特に主役二人の距離は現時点ではほぼゼロに近い)ので、 この先、どういう展開になるかはわからない

あと、作画はアクションの比率こそ下がったものの、
バンク含めてレベルは相変わらず高いので安心してもOK
キャラデザもハートキャッチの反動からか、
ツルペタから多少は改善してる(一名、フレッシュ並みのオパイ持ちがいるし)ので、その辺も大丈夫だ

こっちも気軽に見てみたらどうだろうか

と、こんな感じだけど、>>112の要望を取り違えていたらスマン

117 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/07/09(土) 11:48:20.47 ID:???0
>>112
ごめん…言った先から読み間違えてた

残すにしろ、消すにしろ見ないつもりだったんだな
見てみろとか押し付けがましいこと言って悪かった

118 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/07/09(土) 14:36:06.42 ID:???0
>>117
いえいえ、ありがとうございました。本当に、大変参考になります。
「見ず焼き」は、今夏の作品量では見られそうに無いから保留するんです。
見て消し扱いの作品なら、「台湾BD-REに見ず焼き→秋か冬のアニ閑期に消化」
将来にわたって全く見る気がなく焼くのはさすがにしないですから

とりあえず、銀魂はダラダラしながら消化予定で貯めてるので
べるぜも同様に退避して時間を稼ぎ、スイプリはマジ保存の可能性も感じたので、
HDD内に保留しつつ何話か味見してみます。


6スレ

162 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/11/15(火) 21:35:57.86 ID:???O
最近まどマギみて他の変身ヒロイン系のアニメに興味もったんだけど、
プリキュアがいっぱいあってどれから見ればわからない
まとめにはシリーズの批評はあったけど、できれば作品ごとに詳しく知りたいです
よろしくおねがいします

178 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/11/16(水) 23:24:41.33 ID:???0
>>162
長くなる

ふたりはプリキュア→ふたりはプリキュア Max Heart(連続シリーズ)
ふたりはプリキュア Splash☆Star(単独作)
Yes! プリキュア5→Yes! プリキュア5 Go Go!(連続シリーズ)
フレッシュプリキュア!(単独作)
ハートキャッチプリキュア!(単独作)
スイートプリキュア♪(現行放映中)

Max Heart と 5 GoGoを観る時だけはそれぞれ前作観てからの方がいい

180 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/11/16(水) 23:27:50.63 ID:???0
スイート
現在放映中
少々、大きなお友達寄りになりつつあったシリーズをシンプルに子供向けに戻した印象
基本コンセプトは音楽
序盤は主人公二人組の仲があまりに険悪でギスギスした雰囲気だったが
喧嘩になってもいい、自分の気持ちを正直に相手に伝える的なノリが話を重ねてようやく実が結び、
不協和音がハーモニーになった感じ
三人目、四人目と追加される毎に面白くなってきた。と個人的な感想


481 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/12/23(金) 18:51:10.02 ID:???0
スイートプリキュアにハマって過去のプリキュアを見ようと紹介スレ等で聞いて名前が挙がった
初代とフレッシュの「熱さ」と「スイートと共通する要素」について教えてください

517 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/12/28(水) 13:46:56.25 ID:???0
>>481
初代とフレッシュの「熱さ」と「スイートと共通する要素」について教えてください

まず「熱さ」
これは単純にストーリーのフォーマットが、女児向けアニメでありながら
男児向けの熱血モノそのものであることを指しているんだと思う
詳しく語るとバレになるんで、簡単にまとめるけど、
初代は拳を交えつつの説得によって、敵幹部を戦線離脱させたり、
終盤の絶望的な状況下でも、あきらめずに気合と根性でそれをひっくり返す展開、
フレッシュは互いに傷つくと承知の上で、
それでも相手を救うためには拳を振るうことも辞さないキャラの姿が代表的な具体例に相当するんじゃないかと

次に「スイートと共通する要素」
これは主要キャラの人間関係のことだと思う
スイートは響奏の関係修復、あるいは改善が前半の大きなテーマだったけど、
初代もフレッシュもそれに近いものがストーリーを通して描かれている
初代は正反対の二人が互いの壁を壊しつつ本当の友人になっていく過程が
プリキュアとしての成長と深く関係しているし、
フレッシュは最初から友人である三人が、互いの知らない一面に気づくことで、
さらに理解を深めるというエピソードと共に、
追加プリキュアの頑なな心をどう解いていくかがラスボスとの対立軸をはっきりさせるための重要な鍵となっている

前後の流れがわからないんで、的外れかもしれないけどこんな感じ?


1000 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 20:50:12.86 ID:???0
ハートキャッチプリキュア
スイートプリキュア

お願いします

7スレ

5 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 21:17:08.21 ID:???0
前1000
>スイート
馬越は去り、再びレギュラーメンバーにて制作された2011年のシリーズ。
初期メンバー2人の百合描写が顕著(過剰反応かも)で、二次創作においてはネタに事欠かなかったそうな。

イース=せつな以来の敵キャラ出身プリキュアが誕生。彼女の持つ「ラブギターロッド」のギミックに注目が集まる。
また史上最年少プリキュアが登場した作品でもあるが、筆者としては登場時期が遅すぎたように思う。

こちらは最終局面の畳み方が少々雑に見受けられた。

7 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2012/03/20(火) 22:47:38.05 ID:???i
ハートキャッチもスイートも途中までは熱い
が、どちらも話に粗があり不完全燃焼の気分が拭えなかった

一言で言うならハートキャッチは重い
スイートは明るい
どちらも家族の話