地球防衛企業ダイ・ガード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【地球防衛企業ダイ・ガード】


4スレ

368 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/03/06(日) 20:57:12.74 ID:???O
ダイガード

413 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/03/09(水) 19:21:06.21 ID:???0
>>368地球防衛企業ダイ・ガード
2030年、人類は正体不明の怪獣「ヘテロダイン」の驚異に脅かされる。
ヘテロダインに唯一対抗できるスーパーロボット「ダイ・ガード」を管理する民間の警備会社に勤務してい主人公は、
成り行きからダイ・ガードのパイロットとして戦うことに。

サラリーマンやOLが主人公という、一風変わったロボットアニメ(当然キャラの平均年齢もやや高め)。
ストーリーは、恋愛要素こそ少ないが、軍との対立有り、パイロット達の家族ドラマ有り、
組織や立場を超えた友情有りと、お約束を押さえた王道展開。

面白いのは、作中でも言及されるとおり、敵を台風や竜巻と同じ「自然災害」と位置づけることで、
ミステリ要素(敵の正体は?とか)を一切排除し、
話の焦点をあくまで「主人公達の社会人としての成長物語」に当てているところ。
主人公は、スーパーロボットものでは典型的な直情型の熱血漢だが、戦いを通じ、
組織人として求められる振る舞いについても学んでいく。
一方で、主人公のまっすぐさ、熱さが、おかしな常識にとらわれていた周りの組織人達の意識を変えていく爽快感もあり、
いちサラリーマンでも、信念を持ってすれば何かを成し遂げられる、という熱いメッセージを感じる。

戦闘もかなり面白い。
レトロフューチャーなダイ・ガードのデザインは正直センスを感じないが、
使徒を思わせる無機質なヘテロダインは存在感十分で、毎回多種多様なタイプが登場し、
そのたびにあれこれ作戦を練って挑むバトルシーンは、エヴァTV版の前半みたいで、なかなかにサスペンスフル。

笑って、燃えて、見終わった後に元気が出る。
主人公のように世界を救えるわけではないが、ちょっとだけ前向きな気持ちにさせてくれる、そんな良作。