魔法少女まどか☆マギカ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【魔法少女まどか☆マギカ】


4スレ

236 名前: 田村麻奈実(関東・甲信越) 投稿日: 2011/02/06(日) 00:10:26.29 O
まどかマギカ
レベルE

238 名前: 一橋ゆりえ(千葉県) [sage] 投稿日: 2011/02/06(日) 20:22:29.34 0
>>236
◎まどかマギカ(5話まで)
中学生の女の子が魔法少女になるかどうか悩む話
魔法少女になると願い事を一つ叶えて貰えるが、
代償として命を賭して魔女と戦わなければならない

平凡な女の子が魔法の力を手にして輝かしく大活躍するという
所謂ごく一般的な魔法少女物へのアンチテーゼを随所に感じる

神話から名前や用語などを拾ってきているので、
そこからの考察でストーリーの行き先を予想するという
楽しみ方をしている人が多い模様

映像はいいスタッフを揃えているらしく美麗
演出は独特、敵が不気味な絵本のような外見でグロテスク
梶浦由記の音楽が世界観に嵌っている

但し個人的にはストーリーがややダルい
悩む、戦いに巻き込まれる、悩む、戦いに巻き込まれるの繰り返し
登場人物に深い事を言わせようとしているのは分かるが
今のところ印象に残った台詞が一つもない
正直映像と音楽が良くなければ観るのをやめている

240 名前: 櫛枝実乃梨(不明なsoftbank) [sage] 投稿日: 2011/02/07(月) 20:04:12.36 0
>>236
まどかマギカ
若くて仲の良い主人公の両親、サポート役のかわいい魔法生物、
学生と変身ヒロインの秘密の二重生活、仲良しの友達も仲間になる、
そういったいわゆる魔法少女ものののテンプレートを用いつつ、
>>238さんの仰るとおり全編にアンチテーゼを含ませた奇妙な作品。

例によって主人公は、世界を救うため、魔法生物から魔法少女になるよう
もちかけられるのだが・・・

戦いは毎度命がけで、いつ誰が死ぬかも分からない。
登場人物達の過去や事情もやけに重め。
パートナーとなるべき魔法生物も、可愛い外見と裏腹に、冷酷なリアリストの戦略家。

キャラデザはひだまりスケッチのそれながら、
嫌悪感の固まりのようなクリーチャー、アップや止めを効果的に使う新房演出、
乾いた荒野のような梶浦BGMも相まって、全編に異様な緊張感がみなぎっている。

主人公が悩んでばかりいて話が先に進まないのでテンポが悪いという意見もあるが、
個人的には、何の取り柄もない、何の不満もない中学生が死と隣り合わせの世界に飛び込むには
これくらいタメがあった方が自然で良いと思う。あとは一線を越えるきっかけをどうするか。
話に緊迫感があるので割と飽きずに見られるし。
一流のスタッフが一流のモノを作ろうとしている感じがヒシヒシ伝わってくる。

とりあえず話の転換点となる3話で、「すげー続きが気になる!」という人と
「これは無理だ」という人に分かれると思うので、そこで判断すればいいと思う。

242 名前: 比呂美(関東) [sage] 投稿日: 2011/02/07(月) 22:42:51.67 O
>>236
>まどかマギカ

[みどころ]
・音楽は「マドラックス(ヤンマーニ)」に恐怖感を加え、臨場感と緊迫感を演出
・戦闘シーンは「紅」並みの細かな動きに、魔法少女戦闘のダイナミックさをプラス
・美麗な映像は「空の境界」に引けを取らない
・美術は「イヌカレー」が手がける、不思議と恐怖の空間に、魔法少女モノの可愛らしさをトッピング
・「梅てんてー」の可愛いキャラデザを起用したにもかかわらず、容赦ないシナリオ
・「なのな」でお馴染みの「新房」監督が手掛けているにもかかわらず、テーマは従来の魔法少女のアンチテーゼ
・多忙な「シャフト」が今期1本に絞った故にできる、遊び心あふれる全力の背景描写
・謎や複線が多く、常に来週が気になるストーリー展開

[注意点]
・魔法少女モノなのに主人公がなかなか変身しない
・常に鬱な雰囲気が漂っている
・敵キャラがちょっと怖い


575 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/05/01(日) 19:19:02.23 ID:???O
・魔法少女まどか☆マギカ

流行ってるらしいし、人に進められたんだけど
前にその人に進められた魔法少女物のなのはシリーズがつまんなかったから、ちょっと見ようか迷ってるんだが

576 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/05/01(日) 19:46:05.61 ID:???0
なのは知らんし、マギカも一度しか見てない。
流行ってたようだが流行としてはまったくノリ切れなかった俺から。

魔法少女というジャンルに新たなテーゼを持ち込もうとした作品。
近来までの魔法少女はもうすでに”そういう存在”として作品に登場してきたが、
こちらは魔法少女という生き方の選択をどうするか、
そのメリットとデメリットを天秤にかけて悩む少女と、
もうその生き方を選択してしまった少女の思いを描くという、まったく別角度のアプローチで魔法少女を描く。
敵はいるしハデな戦いはあるが、メインはそのへんの少女たちの心の葛藤。
なので、小さい子向けの楽しい話では全く無い。むしろ見せないほうがよい。
戦闘は一人ひとり攻撃方法が違っていて見てて飽きない。
正体不明な敵も不気味な雰囲気をかもし出していて、美術的にみてもなかなかよい。
ただ、回を追うごとに鬱々としてくるストーリーなので、
主人公その他登場人物に感情移入できなければ、リアルタイムで他人と情報交換できない分楽しめないと思う。

流行っているからという理由で見たら最後まで見られるかは微妙。
話の作り方はよくできているので、萌えを抜きにジュブナイル風のドラマを見ると思えば見られると思う。

581 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/05/01(日) 22:17:02.83 ID:???O
>>576
おお、長文サンクス

ジュブナイルも鬱でドロドロしたのも好きだから見てみようかな
…小難しい専門用語いっぱいとか説明口調のオンパレードだったりはしないよね?

582 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/05/01(日) 23:25:52.24 ID:???0
>>581
少なくとも、造語を乱発したあげく、その説明がない
というラノベアニメにありがちなことはない

632 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/05/04(水) 09:50:15.12 ID:???O
>>575
シャフトのオリジナル魔法少女アニメ、全12話。
製作陣は以下の通りで、異色の魔法少女アニメとなった。

 ・監督: 新房昭之(魔法少女リリカルなのは、オーソドックスな萌え系魔法少女アニメの監督)
 ・脚本: 虚淵玄(ニトロプラス、鬱シナリオが好き)
 ・キャラクター原案: 蒼樹うめ(ひだまりスケッチ、たれ目で丸顔の可愛いキャラを書くのが得意)
 ・プロダクションデザイン: 劇団イヌカレー(可愛らしくも不気味で神秘的な背景を描く)
 ・音楽: 梶浦由記(MADLAX、ガンダムSEED、綺麗な音楽が得意)

魔法少女に憧れる女子中学生と、魔法少女である謎の転校生が主人公。
魔女退治や仲間達とのやり取りを描くアニメ。
音楽、美術、映像、演出、シナリオが上手く調和されており、その異色な世界観には引き込まれるものがあった。
もし知らない人がいるなら、とりあえず騙されたと思って3話まで見てほしい、そして思いっきり騙されてほしい。
それで気になったら是非10話まで見てほしい、と思える作品。
設定や結末には賛否両論があるものの、キャラの感情描写は適度に淡泊で
シナリオも上手くまとまっており、個人的には割とスッキリ最終回を受け入れることができた。

633 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/05/04(水) 12:36:32.84 ID:???0
まどかは逆にまとめ見がおすすめ。放送中はいろいろ祟られたから…

707 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/05/09(月) 16:54:51.72 ID:???0
>>632
新房がオーソドックスな萌え系魔法少女アニメの監督っていうのはどうかな?w
「の監督経験がある」くらいならわかる。
一般的には「絶望先生」「化物語」「まりあHOLIC」等、
制作会社シャフトのカラーの張本人ってなイメージだと思う。

むしろ「なのは」1期監督って経歴の方が「あれやってたの!?」と知らなかった人に驚かれる感じ。

751 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/05/12(木) 23:39:15.74 ID:???O
>>707
感想サンクスw

新房っていろんな作品手がけてんのな
調査不足だったわ