RAINBOW-二舎六房の七人-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【RAINBOW-二舎六房の七人-】


4スレ

215 名前: 椎名(関東・甲信越) 投稿日: 2011/01/17(月) 17:11:49.45 O
RAINBOW

218 名前: タラオ(不明なsoftbank) [sage] 投稿日: 2011/01/20(木) 22:04:06.22 0
>>215RAINBOW 二舎六房の七人
作家・安部譲二(「塀の中の懲りない面々」等)原作のマンガをアニメ化。
声優には小栗旬、貫地谷しほりも参加。
終戦後間もないころ、少年院で運命的な出会いをした7人の男達が、
それぞれに背負う運命や世間の理不尽さと戦いながら、
たくましく生き抜いていく様を劇画調作画、完全ノーギャグ、高い男性キャラ比率で暑苦しく描く。

原作者が原作者だけに、非常に男臭く、汗臭く、泥臭い。
美少女が氾濫する今のアニメ界ではひときわ異彩を放つ作風。
ストーリーにしろキャラにしろ、それはまさしく荒れ果てた廃墟から這い上がろうと不様に、
がむしゃらにもがく、戦後の日本の姿そのもの。
男は強く優しく情に脆くあるべし、女は淑やかで賢くしたたかであるべし、
という美学が画面からムンムン匂い立ってくる。
アニメというよりほとんど任侠映画。

話は結構ご都合主義もあるし、看守の横暴など、
いくら50年代でもやりすぎだろ・・・みたいな誇張もあるが、
7人の兄貴分たる「あんちゃん」の超絶硬派ぶりなど、男として見るべき点はある。
小栗旬が多少棒だが、まあ気にならない程度。貫地谷しほりの演技もまあまあ。
「昔から変わらない、男としてかっこいい姿」にしびれたい、物好きな(?)人に勧めたい。


5スレ

444 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/08/27(土) 13:57:31.49 ID:???0
RAINBOW

458 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/08/30(火) 22:54:20.89 ID:???0
>>444
RAINBOW

戦後少年院の少年達を題材にしてる作品という時点で「美化するな」など拒否反応はやむなしの作品であって、
ほとんど話題にはならなかったが、そこが大丈夫なら今時見れない古臭い硬派アニメとしてクオリティは高く作られてる

1クール目はその過激さ、ある人物の死という衝撃展開などかなり面白かった
ただ2クール目からただの人情話になって失速傾向。
でも最後は原作はまだ先があるようだがそれなりに纏めた方