アマガミSS


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【アマガミSS】


4スレ

334 名前:メロン名無しさん[] 投稿日:2011/03/04(金) 17:35:21.96 ID:7mtuR7Vh0
ガンダムX
ふたつのスピカ
化物語
とある魔術のシリーズ
アマガミ

下三つは話題性で気になったものです。あまりキャラモノとかは好きじゃないです
ガンダムに関してはWとG以外は全て観ました

339 名前:メロン名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/05(土) 01:41:31.54 ID:???0
>>334
アマガミ
変態紳士御用達
ショートショートな変態ラブコメ好きなら見れば?
これ、人気キャラ順に放送並んでね?後半キチガイばっかだし

343 名前:メロン名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/05(土) 02:38:40.84 ID:???
>>334
【アマガミ】
アニメ版に関しては各ヒロイン4話ずつで構成されている短編オムニバス形式。
ちなみに次のヒロインのターンになるとリセットされてまた初めからです。
連動とかは無いので気になった娘のエピソードだけ観るのも一つかと。

ゲーム本編をやっているかによっても受け止め方が変わってくるとは思うけど、
やってなくてアマガミというコンテンツに興味があるとするなら、
所詮4話分なのでゲームのダイジェスト的なボリュームにしかならないのと、
ゲームでの絵がいわゆるアニメ絵とは違う方向なのでアニメではあまり雰囲気が再現出来ていない事、
さらにアニメ版は作画レベルがかなり低い、といった点でゲームの方をオヌヌメする。
ただゲームの方はコンプ目指すには致命的なバグ持ちなので
3月31日に出る予定になっている廉価版まで待つのがいいだろう(致命的故に直っているはず…)。

さてアニメ版のストロングポイントはと言うと
変態紳士とうたわれる橘さんの巻き起こす破壊力あふれるイベントが動いて観る事が出来る事。
これこそが上記の受け止め方云々に関わる所で、
常識にとらわれて「ありえない」とドン引きしてしまうのなら、向いてないのでそこで切った方がいいかと。
あえて「さすが橘さん!そこにしびれるry」と楽しみつつ悶絶するのが作法です。

ゲームをプレイしていない場合、
最初のエピローグの森島はるか編はキャラ人気も有る反面、
橘さんと渡り合える天然さんなので、
アマガミの世界観が掴めていないとドン引きしやすくもあると思う。
一応覚悟しておくか次のエピローグの棚町薫編を先に観て慣れるというのも一つかもしれない。
あと三番目のヒロイン中多紗江編は珠玉の出来なので、
順番に見たとしてこの3人12話でテンションが上がらないようならやはり視聴は切った方がいいと思う。

4人目の七咲逢編まで観終わった状態での話ですが参考にしていただければ…

359 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/03/06(日) 05:35:51.82 ID:???0
>>334

>>339、343には書かれていない補足
4話×6人の24話が本編で2クール半年の放送だったわけだけど、
実は最終回というか番外編25話ってのが存在して、1回きりのヒロインを演じるキャラが出てくる
この回は24話見通した視聴者へのご褒美とも言える良く出来た最終回になっている

個人的にはこの最終回ヒロインのキャラも面白くて好きだけど、
なにより過去6回の各エピソードの初めに恒例となっている
主人公の「僕は2年前のクリスマスに手痛い失恋をして…」というボヤキの意外な真相が、
彼女の登場によって初めて明らかになるという脚本上のサプライズがあって、
放送時えらく感心した憶えがあります。

380 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/03/07(月) 18:29:39.58 ID:???0
個人的には後味良くなくて微妙な最終回だった


6スレ

187 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/11/17(木) 23:47:20.47 ID:???0
アマガミ

以前見た時は一人目が強烈過ぎて精魂尽きたんだけど。。。

188 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/11/18(金) 00:41:07.92 ID:???0
一人目誰だっけ
あーあれか

189 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/11/18(金) 00:58:20.96 ID:???0
アマガミSS

過去クリスマスに手ひどい失恋をした変態紳士な主人公・橘純一の愛と再起の物語。
1人のヒロインに付き4話、合計24話のオムニバス形式。
1人のヒロインとのエピソードが完了すると、次は時間を巻き戻して別のヒロインとのエピソードが始まる。

それなりにプレイ時間の長い原作ゲームを、1人あたり100分程度にまとめたため、
ゲームを遊んでないと話の流れが理解しづらい部分が少々ある。
アニメそのものがゲームの総集編であると考えてよいが、
各ヒロイン主要エピソードを選りすぐって手堅くまとめてあると言える。
ゲームにはないアニメオリジナルのエピソードが盛り込んであるのも良い。

作画面では不安定と言わざるを得ない。
テレビ放映版を見た感想なので、DVD/BDでは修正されているかも知れないが。

各ヒロインはそれぞれに個性的で、見ていて合わないと感じる部分もあると思う。
気に入ったヒロインのエピソードだけ抜粋して見るのもアリ。
以下は参考程度にどうぞ。

森島はるか:奔放な天然先輩。色々とフリーダム。えろ担当その1
棚町薫:さばさばした悪友とのじゃれ合いと見せかけつつそれなりにシリアスストーリー。
中多紗江:内気な後輩。主人公の言うことはよく信じる子。
七咲逢:クールな後輩。でも好きになったら情熱的。えろ担当その2
桜井梨穂子:おっとり幼馴染み。ストーリーもおっとりまったり。
絢辻詞:二面性ヒロイン。仮面の下の真実や如何に。

妹と隠しキャラのエピソードはDVD/BDで。

190 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/11/18(金) 02:37:00.17 ID:???0
隠しキャラはオンエアしたろ