天保異聞 妖奇士


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【天保異聞 妖奇士】(てんぽういぶん あやかしあやし)


42 : りぼんちゃん:2009/10/28(水) 10:09:55.78 0
あやかしあやしってどうなん?

43 : 夜桜信者:2009/10/28(水) 10:42:19.79 0
>>42
中年のおっさんが主人公の時代妖怪モノ。
妖怪退治のグループに属することになる。
文字から武器を引き出し、攻撃する。
終盤、少女や馬など視聴率対策のテコ入れもあったが、 むなしく打ち切りになる。

45 : みずほ先生:2009/10/28(水) 16:05:50.35 O
>>42
面白い、主人公が親友の嫁をレイプしようとしたり

52 : 京アニ厨:2009/10/28(水) 23:24:16.86 0
>>43、>>45
なにやら問題作っぽいが、設定は面白そうだね。
今度見てみるよ、ありがとう!



2スレ

243 : truetearsは名作:2010/02/21(日) 12:33:22.21 O
天保異聞 妖奇士
二十面相の娘

273 : エリスちゃん:2010/02/27(土) 21:25:04.15 0
>>243天保異聞妖奇士
江戸時代を舞台にしたゴーストバスターズ。
江戸の平和を脅かす妖怪変化に、個性的な特殊能力者たちが立ち向かう。
主人公はいまどきのアニメには珍しい、40前のおっさん。

アクションはなかなか派手で、妖怪相手だから普通の時代劇とは一線を画するが、
それにしても飛んだりはねたりよく動く。主人公の「漢字から力を取り出す」能力も面白い。
それぞれ重い過去や宿命を背負った主人公チームたちも個性的。
背景となる江戸時代は、単ににぎやかなだけでなく、平民の貧しさと支配階級の
豊かさが強調された格差社会で、明るい彩りの世界観に影を落としている。
(そもそも主人公がもともと浪人というか浮浪者)

そんなわけで全体の雰囲気はダークで、話もやや重めで多少小難しい。
舞台背景や用語も説明不足気味でわかりづらいところもある。

しかし、そうした話の重さを差っ引いても、このアニメには「華」がない。
何というか、まずキャラにそれほど魅力が無い。設定が重いというのもあるが、まず台詞回しがうまくない。
説明チックな会話、説教すると出てくるのはよくわからない哲学、感情を爆発させてもなお説明口調。
なんだか親近感が沸かない。
それに、設定も生かしきっていない。たとえば主人公は相当のおっさんなので、
豊富な人生経験を元に若者を導き、喝を入れる役回りかと思っていたのに、
実際はフラフラしてばかりでなんとも頼りないイメージになってしまっている。
文字からパワーを引き出す能力も、「剣」という文字から剣を取り出す、
くらいわかりやすくすればいいのに、妙にこじ付けっぽい漢字ばかり使うから、
感心する前に「ほんとか?」と疑ってしまう。

ラストは無理やり締めた感が満載で、妙だなと思っていたのだが、
どうも打ち切られたらしい、という噂が…
その真相はともかく、それを聞いて「さもありなん」と思ってしまったことを告白しておく。

274 : また大阪や:2010/02/27(土) 22:41:16.08 0
>天保異聞妖奇士

DVDだと10話分くらいTVの「その後」の話が収録されてるから、
たぶんホントかも <打ち切り