伝説巨神イデオン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【伝説巨神イデオン】


1スレ

884 : 魔法回数8回:2010/01/04(月) 18:58:41.63 O
伝説巨神イデオン
OH!スーパーミルクチャン お願いします

887 : 玖里子さん:2010/01/05(火) 20:09:51.34 0
伝説巨人イデオン

はるか未来、アンドロメダ星雲のソロ星にて、「イデオン」という遺跡をめぐり地球の移民団と、
バッフ・クランという異星種族が不幸な出会いをしたことから、
相互不信と恐怖、誤解、憎しみの連鎖により、泥沼の戦争状態に。

油が乗り切っていたころの富野喜幸監督の最高作。
ロボットアニメ界のデビルマンと言える衝撃度は当時のアニメファンに多大なトラウマを残した。

TV版と劇場版「接触篇」「発動篇」の2本の映画があるが、
発動篇はそもそも打ち切りにより放送できなかった真のクライマックスが元なので、
TV版1~38話+発動編という見方がお勧め。

当時は登場人物の愚かしさ、哀しさを俯瞰的に見ていたが、
いまだに争いをやめられない中東情勢等を見るにつけ、
実際の人間もさして変わらないのだと思わされることしばしば。
絵は古いが個人的に必見の一作。


2スレ

307 : 百合最高や!野郎なんかいらんかったんや!:2010/03/06(土) 19:01:21.19 O
イデオン

313 : ロリプニ最高:2010/03/07(日) 08:52:36.58 0
>>307
・イデオン

富野監督が暴走して観念だけで作っちゃった作品
熱狂的なファンがいたもののあえなく打ち切り。
その後、劇場版で完結を見る。

まあ、絵的にも湖川友謙キャラが爆裂しており、
アニメキャラの「骨格」を考える上で重要な歴史的作品でもある。


5スレ

160 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/07/23(土) 07:53:43.95 ID:???0
伝説巨神イデオン 発動篇

SFアニメ史上屈指の名作と聞いたんで

162 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/07/23(土) 09:12:17.34 ID:???0
>>160
様々な星へ人類が移住を開始した未来、ソロ星でもはや絶滅したと思われる
知的生命体の遺跡ソロシップとイデオンが発見される
一方、異星人バッフ ・ クランもソロ星に昔から神話を持っており
調査に訪れるが、不幸な接触により、人類とバッフ ・ クランは戦闘状態に陥ってしまう。
その中で、遺跡のはずのソロシップとイデオンが不思議な力を発揮し始める・・・
ってのが、設定だ

大雑把にいうと、TVの総集編が映画でいう接触篇になり、
TV放映打ち切りによって描かれなかった部分が発動編になる。
SFアニメというより監督富野氏の情念を表現したとアニメといってもいい
ことごとく、分かり合えない人達の悲劇と悲哀が描かれている
ラストも単純に見ると救いがないが、新たな生命体へ進むワンステップと見ることもできる。
作画も有名陣が固めているので、一見の価値がある。
アニメ好きなら一度は聞いたことがある
「富野節」が分かるかどうかの試金石的作品として見ると、いいのかもしれない

172 名前: メロン名無しさん 投稿日: 2011/07/24(日) 14:20:57.23 ID:6juRO+ZCO
>>160
伝説巨人イデオン

「ガンダム」の富野監督が次に手がけた作品とあって、注目を集めたが、商業的には?が付く作品。
アフロヘアの主人公、バンバン死んで行くキャラ達と(当時としては)複雑な人間ドラマなど、
話題は多かったが、如何せん、主役メカのダサさが最低レベル。
伝説の…とか言われても…、と言う感じで冷める。(因みに、安彦氏も酷評していた)
しかし、打ち切りになった為に、ラストを劇場版に持っていけたのは大きく、
高密度な作画、テレビでは表現出来ない残酷な死。
そしてラストに至るシーンをオールヌードで作画出来た故に、
一種の神秘性を加味出来た事を、富野監督自身喜んでもいた。
それを踏まえて見れば、ただ一見するよりも更に深い何かをこの作品に見出す事は出来ると思う。

余談だが、この作品のおかげで、漫画家ゆうきまさみの現在があると言っても過言では無い。

173 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/07/24(日) 14:49:10.81 ID:???0
主役メカはバスとタンクローリーとトラック(微妙に間違ってるかも知らんが)が
合体するロボを主役にして、ポストガンダム作れっていう無茶な要求のもとにデザインされたもんだから、
あれで踏みとどまれたのはむしろ評価するべき

イデオンのメカに関しては、設定込みで評価するといろいろ面白いんだけどな
イデオンの圧倒的な性能に対抗するために次から次へと繰り出されるバッフクランの戦術なんかも、
この手の作品にありがちな前回までの経験がまったく反映されないなんてバカな内容にはなってはいない
イデオン自身に関しても、発掘兵器であるが故のトラブルとかがうまくエピソードに組み込まれていて、
「メカ戦のためのメカ戦」的な無駄な戦闘が少ない

最低レベルのダサさもテレビシリーズからずっと見てくると、
一周して逆に格好よく見えてくる(場合もある)し、
その辺の補正を抜きにしても、イデオンガンぶっ放したり
ソードぶん回したりするシーンは作画的に一見の価値がある

メカがダメだからって理由だけで切るにはもったいない作品

178 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2011/07/25(月) 00:20:43.74 ID:???0
主役メカがダサかったから反動でああいうストーリーになったんじゃないか。>イデオン
むしろダサかったことに感謝すべきだろw