ヤマトナデシコ七変化


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【ヤマトナデシコ七変化】


1スレ

881 : 途中集計禁止:2010/01/03(日) 19:51:55.02 0
ヤマトナデシコ七変化をお願いします。

902 : 攻殻SACSSS:2010/01/09(土) 10:37:17.10 0
>>881ヤマトナデシコ七変化
個性的な4人の超イケメンが、ひょんなことから、
お金持ちのお嬢様だが引きこもりで根暗でホラー好き、
というヒロインを一流のレディーに仕立て上げるため奮闘することに。

何の取り柄もない女の子の元に、美男子4人が同居して、しかも彼らからモテモテに、という
ギャルゲの男女逆転版のような話に大量のギャグをまぶした、「ナベシン版プリティ・ウーマン」。
自分に自信の持てなかったヒロインが、イケメン達の導きで人気者になっていく過程が主軸となるが、
元々の「根暗でホラー好き」という非リア要素を、逆に武器にしてのし上がっていくのが面白い。

とはいうものの、元々ヒロインも実は美人だったり、文武両道で料理もプロ級というマイティガール。
ほんとに、アピール度が低くて苦しんでいる人にとって参考になる話ではない。
劇中の「レディ講座」も、どんどん滅茶苦茶でお馬鹿になっていく。
結局シンデレラはおとぎ話でしかないわけで、
ここはナベシンのギャグセンスを心行くまで堪能するつもりで見れば、損はしないと思う。