無敵超人ザンボット3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【無敵超人ザンボット3】


1スレ

818 : ひんぬーのお姉さんキャラ:2009/12/24(木) 22:49:33.26 O
ザンボット3 お願い。

824 : はわわ、ごしゅじんさま、てきがきちゃいました!:2009/12/25(金) 13:29:11.01 0
>>818 名作。見る機会があるならば見るべし。


2スレ

189 : op詐欺:2010/02/14(日) 09:50:35.48 O
ザンボット3

190 : やっておしまい:2010/02/14(日) 15:20:15.63 0
>>189
ザンボット3

黒富野作全開のロボットアニメ
まずファーストガンダム以前の作品なので、作画、演出などの古さは言っておかないと。
古い作品はやはり古いのは事実なので、脳ミソを懐古モードにしておくことが必要かつ心の準備があるか。

ただこの作品はほぼ一貫して低品質作画なので、
いきなり綺麗になったり酷くなったりもしない安定さはあるので慣れやすいかと。

しかし、話の方はさすがに今見ても素晴らしいくらいの毒、メッセージ性があるので、
最初の段階超えたなら今でも薦めたい作品。
主人公達がロボットで侵略者を命掛けで地球を守るため倒すのだが、
その戦いの被害(ここで一般人の犠牲などしっかり描く)や基地壊れた分など税金で埋めてるので、
世論から叩かれまくる、叩かれまくる。
主人公達も宇宙から地球への亡命民なので、そこへの差別感情やお前らが敵呼んでるんじゃ?
という疑念も手伝って、迫害、出て行けなど運動まで起こる。
リアルロボット物的な要素があり、主人公らもスーパーロボットものと違い
戦いの恐怖感、緊張感はリアルに描かれて、ノリノリ的な感じは全くない。

それらに耐えて戦い続けるわけだけど、最後はどんでん返しがあって、
敵側の方への正義性(これまでの主人公達への迫害などはここで活きる)を提起して、
勧善懲悪崩す衝撃のラストが待ってる
黒富野らしく主人公は結局仲間、家族をほとんど失うのも鬱。
人間爆弾など今アニメでやれるか分からん非道なネタも登場する。

そんな中でも最後の最後主人公は勝利の一点で、掌返しで人々から迎えられるのは
なんとも言えない心情になる(人の受け入れ行為自体は希望ともいえ、それで掌返すことは浅ましさともいえ)

キャラは個性的だし(悪役のブッチャ―も面白い)、
主人公の声優は旧ドラえもんのドラえもん役大山のぶ代で熱演振りは貴重なのも注目性あり。

193 : PはNG:2010/02/15(月) 00:34:46.33 O
>>190
ありがとう。レンタルが安いので見てみます。