神霊狩/GHOST HOUND


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【神霊狩/GHOST HOUND】


500 : ナツルちゃん:2009/12/03(木) 12:38:54.85 O
カイバ、シグルイ、神霊狩のどれかお願いします

507 : ttとか名作過ぎてきめえ:2009/12/03(木) 23:24:40.77 0
なぜか
CANAAN(カナン)、Ergo Proxy、ダイバージェンスイブ、妄想代理人の批評がなくて寂しい。
どれもアクが強い作品だが、かなり面白いと思ったけどなぁ・・・
カイバ、シグルイ、喰霊零、神霊狩も面白かった。


2スレ

107 : ムララギさん:2010/02/03(水) 07:17:00.47 0
フリーダム
奏光のストレイン
CANAAN
神霊狩


367 : アマガミアニメ化希望:2010/03/23(火) 17:37:57.96 O
【サイファイハリー】
【神霊狩】 はどうでしょう?

370 : 百合最高:2010/03/24(水) 03:18:06.86 0
神霊狩

それぞれがトラウマを持った少年3人 主人公は小さい時に姉と一緒に誘拐され
その時姉は死にショックで母は精神を病んでしまっている。
主人公の気がかりは捕まっている時 姉が自分に何か言っていたのを思い出せない事

物語は得体の知れないバイオ関連企業や怪しい宗教 姉にそっくりで生まれ変わりの様な少女
複数の幽体離脱者とか今までのアニメには無いくらい本格的にオカルトを扱っている。
直接的な描写は無いものの思春期の性みたいな事も盛り込んでて結構後半盛り上がっていく。

だが結局死ぬ間際に姉が何を言いたかったのかは謎   ← ふざけんなー!

なのでオススメはしない。


4スレ

188 名前: キラ・ヤマト(福島県) 投稿日: 2011/01/03(月) 23:07:09.34 0
神霊狩り

212 名前: ギャリソン時田(埼玉県) [sage] 投稿日: 2011/01/11(火) 07:19:14.26 0
>>188の神霊狩/GHOST HOUND
誰かご存知の方いたらお願いします
北米版ブルーレイが出てるようで気になってるんですよね

213 名前: 長谷川平乃(長屋) [sage] 投稿日: 2011/01/11(火) 08:02:53.44 0
>>188
神霊狩/GHOST HOUND
タイトルに「狩」とついているが登場キャラクターたちが神霊をハントすることはない。
よって激しいバトルなどはないので注意。
強いてジャンルで言えばSF(すこし不思議)SF(サイエンスフィクション)少年記ものになるだろうか。

物語の始まりは主人公である古森太郎が
魂(たま)抜け[幽体離脱のようなもの、作中では体外離脱とも]を経験するところから始まる。
彼は魂抜けをすることで、現実の世界<現世>(うつしよ)とは違う世界、<幽世>(かくりよ)へと行き、
自分の過去を探求したり世界を違う角度から見たりする。
その課程で主人公は幽世の神霊たちとも遭遇することになりストーリーが進んでゆくというもの。
前半は非常にゆっくりとしたテンポで進む。

エンターテイメントというよりは知的好奇心を喚起される作品であり、
やはり激しいバトルを期待して視聴すると肩すかしを食らってしまうかもしれない。
しかし物語は折り返しを過ぎてからそのスピードを上げていき、
筆者自身、物語終盤では毎週次の話が待ち遠しくて仕方がなかった。

似た傾向の作品としてはデビット・リンチの海外ドラマ「ツイン・ピークス」に雰囲気が似ており、
シリーズ構成・脚本の小中千昭さんも
【物語の冒頭は、『ツイン・ピークス』の
「何でもない妄想のなかに、実はいろいろなものがあるのかもしれない」といった部分を参考にしています。
でも、決して『ツイン・ピークス』になっているわけではありません。】[公式サイトより引用]
と語っている。

小中さん以外の主要スタッフとしては
原作 : Production I.G/士郎正宗
監督 : 中村 隆太郎
キャラクターデザイン・総作画監督 : 岡 真里子
音響監督 : 鶴岡陽太
となっており、放送当時は「serial experiments lain」の監督と脚本が士郎正宗の原作で新作を作るらしいぞ!
とごく一部のファンの中で話題になったりならなかったり。
またキャラクターデザインの岡さんは地獄少女のキャラクターデザインの方で、
そのデザインされたキャラクターたちは下手をするとかたっくるしくなりそうな本作を救ってくれている。

最後にもう一つ、本作を視聴する際に注目してほしいのはその音響のこだわりっぷりである。
実際、音響監督の鶴岡さんがどこまで指示を出しているかはわからないが、
筆者が見てきたTVアニメの中でこれほど音響が作品の印象に強くかかわってくるものは今思いつかない。
視聴する際はぜひヘッドホンか、よいオーディオ環境で見てほしい。