11eyes


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【11eyes】


1スレ

302 名前: 同意:2009/11/21(土) 01:17:25.05 O
11eyes

316 名前: エール:2009/11/21(土) 23:47:15.35 0
>>302 11eyes
まだ未完なので正当な評価は下せないという条件付きで

中二全開邪気眼アニメ。
主人公が特殊能力を持つオッドアイの持ち主で、普段眼帯を着用しているという、正真正銘の「邪気眼」もの。

幼い頃に姉を失い、抜け殻のような日々を送っていた高校生・駆は、
ある日、幼なじみ水奈瀬ゆかと共に、辺り一面真っ赤に染まった異世界「赤い夜」にとばされる。
定期的に訪れる赤い夜、そして異世界のモンスターに命を狙われる駆。そして彼の目に隠された力の秘密とは。
エロゲ原作らしいけど、アニメのストーリーは随分違う模様。

まだ謎だらけで話の全貌は見えないが、主人公が赤い夜のルールや法則を少しずつ学んだり、
仲間達と知恵を絞って対処法を錬っていく過程は妙に現実的で丁寧。
主人公の視点が、何の予備知識もない視聴者と同じなので、
「置いてけぼり」感がない(これができている中二アニメは意外に少ない)
比較的ストレス無く、主人公達の冒険を楽しめるだろう。
ただ、登場キャラはエロゲやギャルゲのステレオタイプで、どっかでみたような連中ばかり。。

ゲームの方はやたら壮大に風呂敷を広げているっぽいが、アニメは結論先送りとするしかない。
これから化けるかどうかなお、パンチラ連発。


2スレ

345 名前: ふんもっふ!:2010/03/12(金) 20:20:13.93 0
最近のだけど、できればストーリと概要をネタバレぎみで…

【11eyes】

362 名前: 小足みてから昇竜余裕でした:2010/03/20(土) 20:15:35.98 0
>>345
11eyes
前スレの316を書いた者だが、その続きと言うことでいいかな?
ネタバレ注意で。

定期的に「赤い夜」と呼ばれる異世界に飛ばされる主人公チームが、
異世界の敵と戦いながら、謎を解いて異世界から脱出していく話。
ベタな中二モノながら、前半は伏線の配置や、異世界のルール設定の巧さ、
そして主人公チームの、奇跡や熱血に頼らない地道で堅実な状況対応に好感が持てた。

後半になるに従い、そうしたSF的面白さは退いて気合いと奇跡で何とかする展開になってくるが、
代わりにメンバー達の因縁や葛藤が前面に出て、
これもベタだけど割と良くできていてなかなか盛り上がる。

エロシーンまで行かないまでも、はっきり性交渉も描いているし、
人間関係のこじれや某ヒロインのヤンデレ化、さらにはまさかの死者発生など、
この手の中二系にしてはダークな展開を見せ、結構引き込まれる。
ラストも一応ハッピーエンドだが「本当にこれで良かったのか?」というビターな幕引き。

惜しむらくは、キャラ設定(特に女性陣)があまりにテンプレート的で新味がないことと、
日常シーンのぎこちなさやベタベタ演出ぶりが気になるところ。

あと、これを言っちゃお終いだが、高校生のガキ数人で世界の命運を云々してしまうバカバカしさ。
いや、そういう話はたくさんあるし、実際、普通はそんなこと気にしないのだが、
この作品だけは妙にそれが気になった。
主人公チームが基本的に弱く、頼りなさ過ぎて、
世界を救うカリスマ性を獲得できなかったせいじゃないかと個人的には思う。

364 名前: ぽてまよはいいぞぉ、お前もぽてまよになれ!:2010/03/20(土) 23:33:43.70 0
>>362
とんとん!
一話の無駄な血の雰囲気作りと眼帯の主人公&エロゲキャラのコンビネーションにドン引き
先が多少でも見えないと見るの辛そうと思っていたので、迷ってたが見てみることにしよう

眼帯もあって「ヴィーナスバーサスバイアラス」が思い浮かんだが、あれは俺には駄目だった
ここでも出てる「クロノクルセイド」なら許せる
どちらに振れるにせよ、362には感謝どす

383 名前: マクロスF:2010/03/25(木) 23:05:18.90 0
11eyes見た
ハードル気にしないで、批評というか駄文を

中盤くらいまでは、頭を使わずに実に楽しく見れた
いい意味で作家性とかまったく感じられず、テンプレの羅列とそのスピード感は心地よく、
その一連の流れは思わず笑ってしまうくらい小気味よかった

しかし、中盤になるとキャラに思い入れが持ててなかっただけに、因縁?のバトルなどが助長に感じられてきて、
さらに、世界についてのネタバレが始まると先行きに不安が…
少しネタバレすると、平行世界うんぬんを言い始めたところで物語には興味がまったく失せてしまった

ゲームのアニメ化についてよく思うのは、付き合う時間およびアクティブさの質がまったく違うんだよなということ
先に書いたバトルシーンもゲームでやったのなら、自分も盛り上がることができるかもしれないかもとも思えるし、
そういうシーンは多く目に付いた感じ
最後まで見て、おそらく別ルートもそれなりに上手く消化してるのだろう点など、
製作はしっかり作っているのだろうと好感ももったし、
いろいろな意味で割と良くはできているというのは同意できるし、力不足とも思わない
しかし個人的には、ゲームを一本のアニメ作品に昇華するのはむずかしかろうなという思いでいっぱいになった作品

原作好きは満足できたのかな? 自分でもあたってみますん…