シムーン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【シムーン】


264 : つかさちゃん:2009/11/17(火) 13:04:11.29 0
シムーン
ファフナー

288 : エヴァ様の下僕:2009/11/20(金) 00:15:01.15 0
>>264
シムーン
モラトリアムな青春を駆け抜ける雰囲気重めな戦争群像劇。
人は全て女として生まれ、17歳で泉へ行き性別を選ぶ、という特異な世界。
その中で、シムーンというカタツムリ型飛空挺に乗り
神への祈りを捧げる巫女たちだけは性別を選ぶのを猶予されていた。
戦争が始まり、シムーンの持つ特殊な力は兵器としての力を見出され
巫女たちは望まぬ戦いへ巻き込まれていく。

青春ドラマ的な面が大きい。戦争モノとして見ると結構あっさりめなので拍子抜けするかも。
主人公、お団子娘のアーエルさんがいろいろ行き詰っている巫女たちの関係を
ブチ壊しながら再生していき、巫女たちの関係は変化し、皆成長していく。
OPの「美しければそれでいい」というタイトルがぴったり。佐橋俊彦のBGMも高尚な感じでいい。
最後まで視聴することができれば、
過ぎ去ってしまった青春を感じるような甘酸っぱい感覚に浸れるだろう。

ただし視聴に当たって結構壁が多い。序盤に切ってしまう要素は
 ・固有名詞の多さ。このコピペ参照( http://asciiart.seesaa.net/article/19277643.html )
 ・声優陣が女性のみということ。いい年したおっさんにも女性が声を当てている。実はおっさんが結構いいキャラ。
 ・「シムーンを起動するためにパイロット(シヴュラ)同士のキスが必要」という設定。
  巫女たちは全員少女(性別未選択)なので必然的に百合を想起させる。序盤はバンバンキスシーンが出てくる。
この辺の壁を超えれば楽しめるんじゃないかと。転換点である8話を過ぎるとそこから面白くなってくる。

296 : エーネウス:2009/11/20(金) 19:34:38.71 0
>>288
あと止め絵とかの出崎演出も壁の一つかな。
シムーンて名作なのに見事に埋もれてるよな
確かに壁が多すぎて最後まで辿り着くのが難しい作品ではあるけど・・・

297 : 透華:2009/11/20(金) 20:23:42.94 0
シムーンは俺が好きなレズアニメの中で一番好きなレズアニメだな
オモロイよ


2スレ

109 : キョンくんでんわー:2010/02/03(水) 19:10:05.59 0
巌窟王を14話まで、シムーンを10話まで視聴しました
未だに訳が分からなくて退屈で辛いのですが視聴しつづけたほうがいいでしょうか?

116 : 月無:2010/02/03(水) 22:28:29.15 0
>>109
そこまで見て「面白い、続きが見たい!」と思わないなら
合わない、向いてないんじゃないかな。
なにか一言説明聞いたら解決する引っ掛かりだけが問題とかならともかく。
ただ巌窟王に関しては俺より112さんの方がよく覚えてるっぽい

118 : QB再評価来たな:2010/02/04(木) 03:42:17.84 0
>>109 シムーンは10話くらいだと、前線に立つ事でモラトリアムを認められている巫女達が、
左遷されてしまい自分達の存在意義に疑問を持ってくるあたりだと思う。
そこから、巫女としての生き方だとか、
大人としてどういう生き方を選ぼうとするのかの葛藤や決意などが描かれて、ドラマ性は盛り上がっていく。
特に4話のエピソードのような重い話が、より深く広がっていく感じ。
なので、できたらwiki等で独特な用語の説明を見ながらでも観てもらいたいかな。
けれどその後も、派手なアクションや演出があまり無く、
耽美な世界観で魅せる感じで話が進むので、退屈なら切ってしまってもいいと思う。


242 : コチコチコチコチ:2010/02/21(日) 11:38:48.03 0
シムーン

258 : アニスタ:2010/02/23(火) 21:27:23.50 0
>>242
百合アニメのように言われてることがあるが
実際見てみると百合とはちょっと違うのが分かる。
アニメを見慣れてる人でも独特すぎる世界設定で
予備知識無しで見始めるとちょっと付いていくのが大変。
Wikiにも書いてあるとおり、俺も7話ぐらいでやっとこさ慣れた。
設定上、「おっさんでも女の人が声を演じてる」ので
これがダメな人は見てられないかも。まあ、そのシーンは
数回しかないし、主要人物は低めの声の女性声優がやってるけどね。
最後までついていければ結構感動するよ。2回目見たくなる。

259 : コチコチコチコチ:2010/02/24(水) 18:26:55.57 0
>>242  シムーン
前スレ(>>26)の288,296も参照

最初、一見、上級者向け過ぎる要素満載に見えるけど、 ↓
  キャラデザ西田亜沙子のロリエロい絵、全員女の子として生まれる世界、
  成人後、男になった人物も声は女性声優、
  主人公騎乗メカは女の子同士のキスで起動(神へ捧げる祈りの儀式らしい)、
  今のトミノ監督アニメ並みに、会話に世界設定の説明セリフなし etc

他の人も言ってるように、それが気にならずに最後まで見終ると
意外と普通のいい青春もの観たような感じで終る、不思議な存在のアニメ。

わからないとこはそう気にせずセリフ聞いて(小隊とか隊長のことなのかな)
とか思いながら観ていっていいと思う。

戦争ものだけど、主人公たちの活躍で戦争に勝っていくような話じゃない。
戦争は背景。戦争という状況下、その中で生きる十人+αの女の子たちの青春もの。

女の子たちも一見いかにもコテコテなキャラに見えるが、
女性スタッフが「クラスにいた感じ」と言う、意外と生々しい性格付け。
実は言動がアニメのテンプレくさくないというか。

佐橋俊彦のタンゴ(!)メインのBGMも独特でなかなか聴かせる。
「アンインストール」の石川智晶の歌うOPも、良OP。

監督・脚本等は「Ture Tears」そのまんまのスタッフ。
企画立てたのと序盤はハガレン1期や「十二国記」等の脚本家。(後半は違う)
その辺に引っ掛かる人も観てみていいと思う。