キビッツ! ~Kibit's! ~ Wiki 背景設定

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作品の舞台

現代日本、学園(岡山県周辺)




新桃太郎伝説(概要)


 島流しの末に疫病をもたらす鬼である温羅(うら)の討伐を命じられたことから始まる。
 帝に直々に命じられたのが、吉備津(主人公の先祖)だった。

 吉備津は犬、猿、雉をお供に、鬼が島へと向かうが、

 言われなく迫害を受けた温羅への同情の念から吉備津は、彼女を助けるために共に
宮廷へと足を運ぶことを決意する。

 しかしその想いも叶わず、道中立ち寄った親戚の家で温羅諸共切り捨てられる。
 そうして栄誉を得たのが、史実で言う吉備津彦だった。

 吉備津彦はあたかも自らが赴き、鬼を討ったかのように語った。(出来上がったのが彼の有名な桃太郎伝説)
 挙句の果てに、親戚である吉備津(主人公の先祖)を僻地へと追いやったため、吉備津という姓は二分されることとなる。