※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

なかんじです。一般的には、急性疾患ですから時間とと
険がきくのは、捻挫、打撲、挫傷、骨折、脱臼のみの怪

手続きを代行しているに過ぎないというものです。
師のネガティブキャンペーンの方が問題ですけどね。
すが、どう違うのでしょうか?宜しく御願いします。
治療ではない)で悪化したとしても、自己責任になりま

何の関係もありません。

たという人がいるので、補助的に神経の回復を促すビタ


軽快していくものです。ただ、安静にしていれば自然経
なかなか浸透しません。保険扱いができると考えて来院



サインをするということはその整骨院の柔道整復師に保

覚えはないですよ(笑)柔整の問題に対して否定はし

場合に院に持ってくるように」や「勝手に書くと保険が

た私の結論です。

ないのです。


ないはずですよね?なのに保険も使えていると言う事は
不要の申し出があれば、発行しなくてもよい、などと書
しょうか。重いものを急に持ち上げたときや、急な動作
たり前でしょう。僕はコンタクト
我となります。

でしたが、何故こうも値段が違うのでしょうか?
し、ご主人がお勤めの整骨院はほとんど外傷患者など訪
せん。よろしくお願いします。
があるからです)質問された時に両方に対して公平に説
タメで話すことができないので、丁寧な言葉遣い(敬語