※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

駄目チコは、現役フリーターの絵師。
2007年現在、二十歳。身長は180を越える。
2005年後期にかけて、環状型の獣絵板に於いて数多の問題を起こした。
また、その前後にもいくつかのトラブルを起こしている。
中でも有名なのは、愚痴にまつわるログ晒しである。
最も、これらの問題は故意ではない。素の行動である。

“Pig Box”
「ちょっと遠くに行ってみよう きっとそれが誰かのためだから」




概要

駄目チコが最初に登場をしたのは、2ちゃんねるポケモン板のスレッド「ポケモンラブホテル」。
ポケモンを性的対象として、それらを趣向とするスレッドである。駄目チコは当時からいろいろと指摘をされており、
その注意を悉く無視し、絵を描いてはスレに載せ続けた。時に謝罪をしたこともあったが、
内心ではまったく反省しておらず、無論、以後の行動に省みるような素振りは見られず、住民から問題視されていた。

駄目チコは、次に「イーブイスタジオ」へ移動をした。
イーブイスタジオとは、ラブホテル同様、ポケモンを性的対象として、それらを趣旨とする参加型サイトである。
また、管理人は有名な厨房であり、それに併せて低年齢層が多く集まるサイトで有名であった。
それらが駄目チコには居心地が良かったのであろうか、彼はイーブイスタジオを大変気に入り、
具体的には圧倒的な賞賛コメントで快くなり、その傲慢で自己中心的な性格を熟成させていった。

駄目チコは、駄目チコ、種、ta、てこね、てこ、tz ta、の順にハンドルネームを変更している。
彼は、駄目チコと呼ばれるとはらわたを煮えくり返す。また、彼はポエムが大得意。
海苔大王には劣るものの、彼のポエムは彼独特の臭さがあり、この特徴が、
彼の異常な行動をこの界隈の辺境まで吹聴させる原因のひとつとなっている。

その後、駄目チコは、もう来ないと宣言したはずの絵茶に、HNを変更して入室を試みた。
しかし、絵柄と言動ですぐに誰かバレてしまった。


蛮行

  • ローカルルールに反した連作を青い春なポエムを添えてあちこちの絵板に短期間無差別投稿。
  • しかも連投された絵は「ホームページでやるSSの為のプロローグ」
  • 絵板をアップローダー代わりにテスト使用。
  • それ以降レスが不穏になるとすぐ消す(賛否どちらの声に応える事も無く突然に)
  • すぐ消すのに、また書く(三つくらい)
  • 叩かれたのを期にホームページを突然閉鎖。


その後、環状絵板にて陳謝をしたのち、一旦事態は沈静化した。wrocoにより、そのログは削除された。
その後、ルカリオ絵茶にて愚痴をこぼし、その愚痴のログを獣スレに晒されてしまい、反省していないことがばれ、
これが発端となり彼の膨大な悪態が界隈中に知らしめされることとなった。


A 「どした」

駄目チコ 「いやね?いろいろな板でおえかきしたら苦情きたのよ」

駄目チコ 「あと新♀板でも引き合いに出された 殺してやろうかと思った」

駄目チコ 「HN出してせーとーな批判なら聞きますよ? でもね外野(絵の描けない)ヤツラが4の5いってんなと。」※1

駄目チコ 「ダメチコとか言われると腹ワタにえくりかえるよ・・・。」※2

A 「たねさん絵うますぎるから、ほら、だからじじょうアリなんです・・・」※3

駄目チコ 「なにがナワバリかと。まったくおまいらはゆかいですねww」※4

B 「レベルがちがうもんなあ、、、」

駄目チコ 「いや、すごく上手な人もちゃんといるしねー」

A 「んーあそこは5人くらいの決められたキャラがいるそうなんです」 ※5

駄目チコ 「しょーぐんの人はスゴイと思うなー」

A 「まずはレギュラーさんたちのキャラ描いて うけいれてもらってから自分のキャラを、みたいな感じですかね」※6

駄目チコ 「はっ、何その社会www」

A 「アレです」

駄目チコ 「ねんちゃくがいないトコロで描けばいいと思った」

A 「まぁ・・そうですね」

駄目チコ 「裏絵もぜんぜん描かなくなったしね表にでてみようかー」