4スレ 958


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

958 :名無しさん@ピンキー:2011/05/24(火) 02:24:52.16 ID:K7sb0x1t
「よお」

「やあ、柔沢」

「久し振りだな、伊吹」

「ここのところ、大会とか、練習試合が立て込んでてね……あ、アイスティーを一つ」

「主将も大変だな。俺はコーヒーで」

「いや、そうでもないよ。皆、優秀だし、
俺のことをしっかりサポートしてくれている」

「そうか……ところで最近、光とはどうなんだ?」

「どうもこうも、前から言っているが、俺と光さんは、なんでもないよ。まあ、以前のように仲良くはしているけどね」

「本当かよ? あんなにベタ惚れだったのに、全然信じらんねーよ」

「一度突き放したのは俺のほうだし、愛想をつかされちゃったんじゃないかな」

「ふーん……うまくいくと思うけどな、お前らなら」

「そうかな」

「そうだろ」

「……まあ、君はアレな感じだし、しょうがないのかな」

「? なんだ?」

「いや、光さんも、苦労するなと思って」

「はあ?」

「こっちの話だ……と、噂をすれば」

「ん?」

「柔沢ー!! なに伊吹さんに絡んでんのよーっ!」

「うぐぉっ!? ひ、光!?」

「あんた! いくら伊吹さんが良い人だからってたかってんじゃないわよ! あんたの血は何色!?」

「現在進行形で赤い血が流れてんだろうが! てか、いきなりなにすんだ!」

「善良な一般市民を、野獣の手から救いにきたのよ!」

「誰が野獣だ!」

「やあ、光さん。久し振りだね」

「あ、伊吹さん。大丈夫でしたか? こんな不良に絡まれて、可哀想に」

「はは、本当にね」

「てめ、伊吹!」

「ほら柔沢! あんたはこっち来なさい!」

「ああ!? どこ連れてく気だよ!?」

「あんた、この前あたしの傘壊したお詫びに、荷物持ちするって言ったでしょ」

「はあ!? 今からかよ!」

「当然! でなけりゃ、なんであたしがあんたを引きずって歩かなきゃならないのよ!」

「知るか!」

「いいから、ほらいくわよ」

「わかったから放せよ! 自分で歩ける」

「そんなこと言って、逃げる気でしょ! 騙されないわよ!」

「なんでだよ!」

ギャーギャーワーワー!!

「まったく……罪作りな男だよね、君は……」

「はあ……本当に、羨ましいよ、柔沢」

『………………わかりました』

『いえ、今、言わせてください』

『今、はっきりと返事をさせてください』

『………………』

『あなたのことは好きでしたけど』

『これから好きになる人に失礼だから』

『私は、もう二度と、あなたを好きになることは無いと思います』

『これからは以前みたいに』

『先輩と後輩として、仲良くしてください』



『私に恋を教えてくれて』


『ありがとうございました!』
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。