2スレ873


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2スレ873
  • 作者 2スレ873
  • 投下スレ 2スレ
  • レス番 873-830
  • 備考 電波 小ネタ

873 名無しさん@ピンキー 2008/04/02(水) 00:15:35 ID:nkQxew/y
「どうして私はみんなに嫌われてるの??なんでこんな目に合わなきゃいけないの??」
少年A「おめぇ気持ち悪いんだよ!!」
少年B「そうだそうだ!!妖怪みたいな前髪してんじゃねぇよ(笑)」
少年C「貞子みてぇ(笑)」
一人の少女はよってたかって少年達にいじめられていた。

その少女は少年達が去った後、ベンチで泣きじゃくっていた。
「もうやだ。学校なんて行きたくないよ、なんで??なんで私ばっかり・・・」
そんな時、頭に何かが乗った。
(え??!また誰か来たの??)
恐る恐る顔を上げると、見知らぬ男の子が頭を撫でている。
(誰だろう??)
男の子は優しい笑顔で私を見てくれている。
(なんでだろう?どうしてか落ちつく)
それから男の子にいろんなことを話した。男の子はその時なぜだからアニメや漫画の話をしてくれた。
嬉しかった。こんな私に楽しい話をしてくれた。



だいぶ時間が経って日も沈みだし、二人は家に帰ることになり、
少女「そういえばお名前はなぁに??」
男の子「俺は×××だよ」













それから何年経ち、とある公園で。

雨「・・・ということがあったんです。」
ジュウ「そんなことあったんだな」意外な表情を浮かべるジュウ 。



874 名無しさん@ピンキー 2008/04/02(水) 00:38:04 ID:nkQxew/y
雨「それから私はいろんなアニメや漫画を見て、今の雪姫や円のようにアニメや漫画好きなったんです」
ジュウ「へぇ。」
雨の顔はとても嬉しそうな表情をしていた。なぜだかジュウもその表情を見てなんとなく笑ってしまった。
ジュウ「そういえばその男の子とはどうなったんだ??」何気なく聞いた質問だったが、対する雨は。
雨「今でも会ってますよ」
内心ジュウとしては少し嫉妬心のようなものがあったが、あえて口に出さず、
ジュウ「そっか」 とそっけない返事をした。

ジュウ「んじゃ行くか。明日は円堂の誕生日プレゼント買いに行くんだっけ??」
雨「はい。ジュウ様に付き合っていただくなんて申し訳ないです」
ジュウ「まぁ暇だったし、それに・・・」少し顔を背けながら
雨「??」
ジュウ「いつかお前に買ってやるプレゼントの参考に・・・」ボソボソ言ったので雨に聞こえなかった。
雨「どうしました??」不思議な感じで聞いてくる雨。
ジュウ「な、なんでもねぇ。帰るぞ」

そそくさ歩き出すジュウ。
雨「はい。参りましょう」笑顔で後ろをついていく雨。
ジュウについていきながら雨は思った。
(ジュウ様が覚えていなくても私は忘れていませんよ)



875 名無しさん@ピンキー 2008/04/02(水) 00:45:02 ID:nkQxew/y
あの日の夕方・・・・

少女「そういえばお名前はなぁに??」

男の子「俺は柔沢ジュウだよ」


不良のジュウと奴隷の雨。
いつもと変わらず二人はいつもの道を帰っていく。























近くの電柱から覗く人影。
光「お姉ちゃん、またあんな金髪不良男児と帰ってる!!」「・・・・・・・・・・私も誘えばアイツと・・・・・・・・」

光の日々も続いていく。


【完】


.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。