2スレ870


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2スレ870
  • 作者 2スレ870
  • 投下スレ 2スレ
  • レス番 870
  • 備考 紅 小ネタ

870 名無しさん@ピンキー 2008/03/30(日) 02:17:54 ID:N1BxJGar
真九郎と蓮丈との対決が終わり、紫は屋敷に戻っていた。
蓮丈「紫」
紫「は,はい?!お父様」
蓮丈「お前にとってあの崩月の小僧はなんだ??」
その質問に少し戸惑いを見せる紫、だけど・・・
紫「私にとって真九郎は大切な人です」
その答えを予想してたかのように蓮丈は呆れた感じで
蓮丈「ふん,勝手にするがよい」
そうして自室に移動する蓮丈に電話が鳴る。

さらば~地〇よ~から始まるあの着うたが♪

画面には 「柔沢紅香」の文字が




.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。