金友隆幸


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

金友隆幸(かねとも たかゆき 1985 - )
排害社代表。
国士舘大学皇国史観研究会出身。元維新政党・新風 東京都本部 広報委員。


http://haigai.exblog.jp/11830251/より
【略歴】
昭和六十年生まれ。中学生時代に山口二矢烈士の義挙に感銘し民族主義思想に目覚める。その後、野村秋介氏の『さらば群青』、軍神杉本五郎中佐の『大義』に強い影響を受け、民族派の思想と生き様に惹かれる。

平成十六年、国士舘大学政経学部への入学と同時に学内の民族派系学生サークルに加盟し、民族派運動に参加。行動右翼、保守系団体、各政党など運動体の違いにこだわらず参加し、様々な手伝いをしながら勉強。在学中は専ら平泉澄博士の国史学と、里見岸雄博士の国体学に学ぶ。

平成二十年、国士舘大学を卒業。卒業論文は、アメリカによるハワイ併合とGHQ占領政策との比較研究。様々な団体や運動体の役職を経験する。

平成二十二年、支那人朝鮮人による人口侵略と、反日勢力が跳梁跋扈する国難を前に、排害主義運動が台頭する必要性を痛感し、排害社を結成し代表に就く
添付ファイル