※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第四回ガンパレードマーチ 機種PS


書き直し。
前の分は明らかにひどかった。
というわけで、久々にやってきたのでそれも含めて書いていこうと思います。
ゲーム内容は、学生生活ADVみたいなの+ウォーゲームみたいな戦略シミュレーション。
主人公は学兵と言うことで、平日は学園生活(といっても同級生は少ないですが)をエンジョイしたり、時々起こる戦闘では”幻獣”と呼ばれる敵を殺そうと頑張ったり。
特徴的なのは、各キャラにAIが搭載されていてプレイヤーとの関係が行動などによって変わることと、決められた期間を生き延びれば何をやっても良いという自由度の高さ。
あとは、ゲームデザイナーの芝村祐吏が混ぜ込んでいった様々な謎解きですかね。
各キャラにAIが搭載、ということでNPCとの関係はプレイヤーの行動によって変わります。
親友になったり、ライバルになったり、カダヤ(彼氏とか彼女)になったり。
あまりに八方美人を実行すると修羅場などが発生します。
つまりは、PCの争奪戦。
スキル取得などである程度NPCと仲良くなる必要があるので、私の場合、うまく立ち回れずに頻繁に起こったりしました。
スキルはNPCと仲良くならないと教えてもらえないんですよ、マジで。
NPCによってはカッターで刺してきます。
そのままゲームオーバー=エンディング。
みんなもきをつけよう。
あと、カダヤですが、男女関係なくカダヤになれるそうなので、男×男とか女×女とかも出来るそうです。
おぞましいものが出来上がりそうなのでやっていません。
あと、昨日気づいたのですが猫に対する自分の関係が、”運命の友”になっていました。
友達いないのか・・・・・・。
あと、自由度の高さ。
なんでもできる。
嫌いなあいつを誅殺しようと暗躍したり、靴下集めたり、指揮官になったり、エースプレイしたり、後方支援に回って平時はクッキー配りしたり。
発言力と呼ばれるポイントを使うことで、部署替えや昇進、兵器の調達からデート用のチケットの融通まで上官殿はやってくれます。
自分以外のキャラの部署替えや昇進も出来るので、嫌なあいつは前戦に送り込んだり、気に入ったあいつは昇進させてやったりするんですよ。
特に兵器の調達。
明らかにゲームバランスが崩れる兵器も条件さえ整っていれば送ってくれます。
マジで、範囲画面の(ほぼ)端から端、しかも絶対命中一撃必殺な武器を送ってくれます。
なんでも、あたった敵の存在を過去にさかのぼって消去して無かったことにする、っていう素敵兵器。
あと、異様なステップ距離と異様な破壊力の蹴りをもつ新型人型戦車(士翼号)とか。
これは条件さえ整えば、精霊手という、またもや謎の攻撃を繰り出せます。(人型戦車とかも含めて世界の謎です、頑張って解明してください)
ただ単に生き残るのは楽ですが、それこそ良い結果を出そうとする(世界の謎の解明)と難易度が桁外れに上がります。
自由度の高さは人によっては難点になりますがね。
やりたいこと自分で見つけないとすぐにあきる。
あと、番外編的な感じで、各キャラの靴下を集める”ソックスハンター”というシナリオも公式に存在したり、靴下を使うと匂いでダウンして数時間行動不可+行動値マイナスとかしたりします。
やってませんが。
戦闘パートは、先行入力みたいな感じ。
ターンのはじめに何やるかを選んで行動。
各コマンドはアルファベットで表示されていて(向き変更:TW、みたいな)、コマンドの組み合わせによっては短縮(右ステップ→右払いだと、JR、RSなので組み合わせてJRSとなる)したりで、敵の行動とかも先読みしながら(場合によっては味方の行動も)行動することとなります。
この辺は実際にやるとわかる。
士翼号を手に入れたあたりから、戦闘が変わります。
まさに舞踏の如く戦場を動き回れます。

一応、エンディングはマルチになっていて、総戦死者数とか自分の撃墜数とかでランクが決まっていきます。
最低ランクは自分が戦死か、痴情の縺れでカッターで刺されて死亡です。
戦死の場合、場合によっては勲章がもらえるので、カッターエンドが最低かもね。
Sランクはおそらく一週目は無理です。
ちなみにSランクエンドも世界の謎の1つなんで。
急に世界が変わるし。
あと、二週目からはSランククリアへの攻略本がもらえます。(ゲーム中で)
それも含めて世界の謎。
実は各キャラクターがクローンだったり、某瀬戸内君が元鬼だったり、蒼髪は恐ろしく強かったり、人型戦車の部品は人間だったり。
全部世界の謎。
マジで。

正直、人によってはくそゲーになってもしょうがないようなゲームです。
やる人間を選びますし。
はまりこんだら、終わりがないところまで行き着く可能性がありますが。
あと、ガンパレのキャラは絢爛舞踏祭、というゲームやらに出たり、式神の城に出たりもしています。
なんでも、芝村さんの考える平行世界観では、ガンパレの世界と絢爛・式神の世界(式神の未来が絢爛の舞台)は平行世界の関係だそうで。
なので、ガンパレのキャラの子孫が絢爛に出たり、ガンパレのキャラが絢爛に出たり、式神に出たりもしているそうです。
ドラゴンボールみたい。
続編も出ていますが、あんまり評判はよくないようです。ショボーン
良い作品の続編って、大抵駄目なことが多いよね。