※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

476 名前: なまえをいれてください [sage] 投稿日: 2005/04/16(土) 09:31:49 ID:8yhZW3xn
まとめサイトには載ってないみたいなんで、「エンドセクター」を挙げておこう。
システムは、サウンドノベル+TCGをリアルタイム化したようなカードバトル。

冴えない少年がある日偶然開いた本、その中では彼は新米“デッキマスター”、
失踪した父の足跡を追い、剣と魔法の世界を冒険するのだ! というのが物語。
基本的には王道の成長ストーリーながら、オチのつけ方がちょっと今風な印象。
真のエンディングに辿りつくには最低3周しないといけないというつらい仕様だが、
途中のシナリオ分岐がかなり盛り沢山なので、そう退屈することはないと思う。

戦闘では、低コスト高レベルのカードで序盤から相手をボコるのがとても楽しい。
難度的には結構低めなので、TCGに疎い人(俺だ)でも楽に進めることができる。

913 :なまえをいれてください:2006/12/13(水) 18:19:12 ID:rabuuW+h
911
エンドセクターは隠れた名作よね。
ゲームパートはサウンドノベル+カードゲーム。もぅ!忘れるんじゃないわよ!!

915 :なまえをいれてください:2006/12/13(水) 21:02:44 ID:/8dL5vp2
913  911さんはそのカードゲーム部分が思い出せないんじゃないのかな?

自分の陣地が3×3。後方真ん中にマスターがユニットとして配置されている。
時間と共にマナが溜まるので手札からクリーチャーを召喚し、自軍陣地9マスのどこかに配置。
相手マスターをクリーチャーに攻撃させて体力を0にすれば勝ち。
マスターの前にクリーチャーを配置すれば壁に出来るし、クリーチャーごとの特殊能力も色々。

あー、いざ説明するとなると難しいな



|