※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

月明かりの照らす湖

湖に映し出される虚構の月は弧を描いていた




その湖に佇む影が二つ


片や小さな影が一つ

片や大きな影が一つ

対象な影が映っていた





今まさにデュエルが始まろうとしていた














第肆夜『The boy's Effort-Second Volume』










東 一樹
『僕の彩色歯車』
vs
不良
『轟けオレの心意気』








「オレの先攻でいくぜ、ドロー!!」

一樹との体格差が素晴らしい不良の先攻でデュエルは始まった

「サイボーグヤンキー(ATK1600/DEF1000)を召喚だ!!
 召喚時の効果でテメェに400ダメージをくれてやるぜ!!」


一樹 4000→3600


いきなりダメージを喰らってしまった・・・

というかこのモンスターって・・・


「へへっ、更に魔法カード恐喝発動だ!!
 テメェの手札は5枚、1500ダメージを与えるぜ!!」


一樹 3600→2100


やっぱり・・・先輩のときと同じだ!!

このままじゃ・・・


「カードを二枚伏せて、オレのターンは終了だ」


なんとか助かったみたいだ


「僕のターン、ドロー!」

引いたカードはシールドガジェット、手札には防壁にモンスター・・・

ここは・・・


「ホワイト・ガジェット(ATK1400/DEF700)を召喚
 効果で手札のモンスター一枚を見せることで、デッキから『パープル・ガジェット』を手札に加えます」


ひとまず堅実に行こう

シールドを見せておけば牽制になるはず・・・

そう考えて、僕は手札の『シールド・ガジェット』を相手に見せた。


「カードを二枚伏せて、ターンエンドです!!」

伏せたカードは防壁と廃貧改集、攻撃を防ぐ防壁と墓地回収の改集。

これでなんとかなる・・・はず。


「オレのターン!」

不良は引いたカードを見るとニヤリと笑い、

「手札から魔法発動、熟練の恐喝術発動だ!!
 このカードはカード名を一つ宣言し、相手の手札にそのカードがあれば墓地へ送るカードだ
 まぁ外したら手札を一枚すてねぇといかねぇが・・・」

しまった、僕はさっき手札を見せているじゃないか・・・!!

つまり選ばれるのは、


「宣言するのは当然『パープル・ガジェット』だ。
 へっへっへ、さっさと手札を見せな!!」

「うっ・・・」

僕は手札を見せ、パープルを墓地へ送った


「ほぉ~う・・・面白い手札じゃねぇか」


手札を見られた・・・

それはデッキ内容や戦術を知られてしまったに等しい。

辛い展開になりそうだ・・・。


「メタルヤンキー(ATK1100/DEF1900)を召喚だ!!
 いけ、サイボーグヤンキー!!ガジェットを捻り潰せ!!」

「罠発動、機械部隊の防壁!!
 攻撃を無効にしてカードを一枚ドローします」

「へっ・・・だがメタルヤンキーがいるぜ!!
 メタルヤンキーの攻撃力は『ヤンキー』と名のつくモンスターの数×200ポイントアップする!!」

メタルヤンキー 1100→1500

「メタルヤンキーでガジェット攻撃だぁ!!」



一樹 2100→2000



ライフの差が開いた・・・まずいよ・・・


「リバースカードオープン、罠カード不意打ちキックを発動するぜ!!
 自分の『ヤンキー』と名のつくモンスター一体は攻撃力を半分にしてもう一度攻撃ができる!!
 サイボーグヤンキーでもう一度攻撃だぁ!!」


サイボーグヤンキー 1600→800




一樹 2000→1200




うっ・・・まさか追加攻撃だなんて・・・

「ターンエンドだ、そろそろ諦めたほうがいいんじゃねぇか?」

「ひゃひゃひゃひゃ!!お前程度がアニキに敵うわけねぇだろぉよ!!」



確かにピンチだ・・でもまだチャンスはある・・・


「僕のターン・・・」


このドローにかかってる、先輩のくれたあのカードさえ引けば・・・


「ドロー!!」


その思いを込めて、引いた

恐るおそるカードを見る・・・

僕の引いたカードは・・・あのカードだ!!






「リバースカードオープン、廃貧改集!!
 墓地のガジェット二枚を手札に加えることができる
 代わりにこのターン、通常召喚することはできないけどね」


「へっ・・・召喚しないとは、諦めたのかぁ?」


「それは違うよ」

そう応える

そして

「手札から魔法カード、繁栄の宝札を発動!!」

このカードを使う時!!

「繁栄の宝札・・・だとぉ!?
 聞いたことねぇカードだぞ!!」

「繁栄の宝札は手札の名前の異なる同じ種族のモンスターを三枚を見せたときに発動できるカード
 デッキからカードを二枚ドローするよ、代わりに通常召喚ができないけど・・・関係ない」

手札のシールド、パープル、ホワイトの三枚のガジェットを見せ、二枚ドローした


引いたカードは・・・よしっ!!


「手札から魔法カード機械融合-マシンフュージョン-を発動です!!」

「な、融合だと!?」




「手札のパープルガジェットとホワイトガジェットを融合!!
来い、『フラッシュバック・ガジェット(ATK2500/DEF2100)』!!」


閃光と共に僕の切り札、フラッシュバック・ガジェットが現われた。



「罠発動!!奈落の落とし・・・発動しねぇだと!?」

「フラッシュバック・ガジェットの効果だよ
 このカードの特殊召喚時に魔法、罠、モンスター効果は発動できないよ」



「ちっ・・・」


伏せカードは奈落と分かってるなら・・・攻めるのみ!!


「サイボーグヤンキーを攻撃!!
 『キャノンライズ』!!」


不良 4000→2300


(くっ・・・だがまだメタルヤンキーがいるんだ、オレのターンで上級モンスターを出してやる・・・!)


「まだだよ、フラッシュバック・ガジェットのモンスター効果発動、
 戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送ったとき、墓地のガジェットを一枚除外することで
 このターンもう一度だけ続けて攻撃することができる!!」


「な、なんだと!?」

「メタルヤンキーを攻撃、『セカンドキャノンライズ』!!」


不良 2300→1100


「カードを一枚伏せて、ターンエンドです」


今の僕にできることはこれが精一杯・・・

逆転されると後がないぞ・・・と思っていた


だから



「・・・オレの負けだ」


突然言われたその言葉の意味が理解できなかった


「・・・え?」

「オレの負けだって言ってんだろ!?何度もいわせんな!!
 いくぞお前ら、撤収だ!!」

「ちょ・・・待ってくださいよアニキ!!」


彼らが足早に立ち去っていくのを、呆然と見つめた



「勝った・・・?」


一人声に出してみて初めて理解した


一人で・・・勝ったんだ!!







  DUEL END!! WINNER 東 一樹








これが、学園に来てからの僕の初勝利だった

その日は興奮で眠ることができなかった

次の日遅刻してしまうのは別のお話ww
  

○更新履歴

取得中です。