※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まだ冷たい風が吹きつける季節

時折強い風が吹いて、大きな樹が静かな音を立てる

それ以外に目立つものは無い殺風景な丘に、今日は二つの人影が加わっていた

そして

「じゃあ一樹君、本番だと思って遠慮なく来なさい」

「は・・・はいっ!!」

二人のデュエルが始まろうとしていた。





第参夜『The boy's Effort-First Volume』



東 一樹
僕の彩色歯車
vs
月夜 礼奈
月の導きに




     DUEL START!!




「先攻はもらいます、ドロー!!」

僕の先攻でゲームは始まった。


今日は僕の実力を推し量るということで、先輩とデュエルすることになった。

正直惨敗するような気がしてならないけど・・・頑張るんだ!!



「パープル・ガジェット(ATK1600/DEF1500)を召喚!!
 カードを一枚セットします。
 エンドフェイズにパープルの効果で、デッキから『ブルー・ガジェット』を手札に加えます。
 ターンエンドです!」


「私のターン、ドロー」

先輩の手が空を切る。

「月の戦士(ATK1400/DEF1500)を召喚
 効果によってデッキの一番上のカードをめくり、それが『月下』『月影』『月輪』『月光』と名のつくカードなら手札に加える」

一番上は・・・

「月光の天使エアトスを手札に加え、特殊召喚するわ」

い・・・いきなりエース級モンスターがでてきた!?

「エアトスでパープルを攻撃、『フォビトゥン・ゴスペル』!!」


      • させない!!


「罠発動、機械部隊の防壁!!」

モンスターのまわりに防壁が現われ、攻撃を防いだ。


「機械部隊の防壁は機械族モンスターが攻撃対象にされたときに発動できるカード
 その攻撃を無効にしてカードを一枚ドローできます」


「じゃあカードを一枚伏せて、ターンエンド」


とりあえずこのターンは防いだ・・・ここでエアトスをなんとかしないと・・・


「僕のターン、ドロー!」

よし、地砕きを引いた!これでエアトスを安全に破壊できる!

「魔法カード地砕きを発動します!!」

その刹那


「カウンター罠、月影の衣を発動」


エアトスの前に黒い衣が現われ、魔法を吸い込んだ



「自分フィールドにレベル7以上の『月下』『月影』『月輪』『月光』と名のついたモンスターが存在する場合に発動
 カードを破壊するカードの発動、効果を無効にし破壊するわ」


「さらに他にモンスターが存在する場合、そのモンスターをリリースすることで、カードを二枚ドローするわ」


一気にカード差が開いてしまったようだ・・・

ここは耐えないと・・・

「モンスターをセットして、パープルを守備表示に。・・・ターンエンドです」


そのときだった


「・・・駄目ね」


先輩は突然ため息を吐き


「一樹君、このターンで終わりよ」


そう宣告した


「・・・!!」


いや、僕にはバウンス効果を持つブルー・ガジェット(ATK1200/DEF600)がいるんだ

それに手札にはガジェット・シールド(ATK0/DEF1900)もある・・・

ガジェットシールドは墓地に捨てることで『ガジェット』の名のつくモンスターの守備力をエンドフェイズまで1000ポイント上げるカード。


「私のターン、ドロー」


このターンは凌げる・・・うん、大丈夫


「月下の竜騎士(ATK1900/DEF600)を召喚
 自分フィールド上の『月影』『月輪』『月光』と名のつくカードは貫通効果を得るわ」


エアトスに貫通効果が付与されたのか・・・

確かにこれはピンチかも・・・


「更に魔法カード聖銀の砂を発動
 相手フィールド上に守備モンスターが二体以上存在するとき、自分のレベル7以上の天使族モンスター一体はこのターン二回攻撃することができるわ」


当然対象は・・・エアトス!!


「エアトスでパープル・ガジェットを攻撃するわ」

1000ポイント上げれば持ち堪えられる・・・今だ!!

「手札からシールド・ガジェットを捨てて、パープルの守備力を1000ポイントアップ!
 エアトスの互角になります!!」

エアトスの攻撃をパープルが受け止めた・・・のは一瞬だった。

なんと受け止めたはずのパープルが次元の狭間に吸い込まれたのだ。


「エアトスの効果発動、戦闘を行なったモンスターを除外するわ」


そ・・・そんな効果があったなんて・・・


「続いて伏せモンスターを攻撃するわ」


よし、除外されてもリバース効果は関係ない、このターンは凌げる!!


でも先輩は諭すような目で

「だから駄目だと言ったのよ」

そう言ったとき、ブルー・ガジェットが次元の狭間に吸い込まれた

「ブルー・ガジェットはリバース効果でバウンスがあるけど、エアトスの効果で無効にされるから意味が無いわ
 この状況では悪い選択ね、貫通ダメージを受けなさい」



一樹 4000→2100



「うっ・・・そんな効果が・・・」

迂闊だった、それなら別の手段を探せばよかった


「まだよ、月下の竜騎士で直接攻撃するわ」


竜騎士がこちらへ駆けてくる・・・

とてもソリットヴィジョンとは思えない足音だ。


「・・・でもまだライフ残ります、まだチャンスは」


そう希望を持とうとしたら


「聞いてなかった?このターンで終わりよ
 速攻魔法月の矢を発動、竜騎士の攻撃力を1000ポイントアップさせるわ」


呆気なくまた砕かれた



一樹 2100→0



「あ・・・負けちゃった・・・」

結局何もできずに負けてしまったわけか。







    DUEL END WINNER 月夜礼奈!!













「カードの効果を知ることが大切よ」


デュエルが終わって最初に言われたことがそれだった。


「ブルーガジェットとシールドガジェットのミスが痛かったわね
 なにか他の手段があったんじゃないかしら?」


手札には・・・『機械融合-マシンフュージョン-』があった。

ガジェットモンスター専用の融合カードだ。


「それを使えば、もしかしたら結果は多少変わっていたかもしれないわね
 少なくとも、あのターンでエアトスは倒せたわ」


確かに破壊できた。


「まぁ罠を警戒していたってとこかしら」


      • そういうこと。

まぁそれは失敗に終わったわけだが・・・w


「確かに私の使うカードは希少なものだけど、効果を知ることはできるわ
 前の不良とのデュエルのとき、見なかったの?」


「あ・・・あのときはそれどころじゃなくて・・・」

あの時は緊張と恐怖を抑えるので必死だったのだから。

それを聞くと、先輩は何かを考えるような仕草をしたあと


「一樹君はプレイングミスへの注意が不足してるわ
 もっと自分のプレイを見直すべきね」


確かに効果を知らなかったのは痛い。

勉強不足だなぁ・・・

そう考えていると

「一樹君にこれをあげるわ」

先輩に一枚のカードを差し出された。


「『繁栄の宝札』・・・?珍しいカードですね」

少なくとも僕の知らないカードだ、珍しいんだろうか。


「一樹君のデッキときっと相性が良いわ
 そのカードを使いこなしてみて頂戴
 きっと一樹君なら使いこなせるはずよ」


そう言って手渡された。

「あ・・・ありがとうございますっ!!
 大切にします大事にします使いこなして見せます!!」

初めて先輩からもらったカード、僕はその場でデッキに投入した。



「今日のところはこれでお終いね
 また明日のこの時間に会いましょう」


そう言って先輩はスカートを翻し、その場を去っていった。



















先輩との特訓で周りも暗くなってきた頃、一樹は一人寮への道を歩いていた。

視界に綺麗な湖━━━アーリア湖というらしい━━━が入る頃、いきなり茂みから複数の人影が現われ、囲まれた。




「兄貴、コイツですよね、この前のヤツ!!」

「そーですよ、コイツコイツ!!」

「あぁ、コイツだ・・・よぉにぃちゃん、この前もあったなぁ」



現われたのは、先輩に助けられたときの不良だった。


「へへっ・・・今日は一人みたいだな・・・今度こそカードとDPもらおうか」

「へへへ、この前の女は今日は来ないぜ?(多分」


先輩がいないときを狙ってきた・・・!?


「アニキー、いじめちゃ可哀想でっせ、ハンデやりましょうよハンデ」

子分がまだぺちゃくちゃと喋る。


アニキ分はふん、と鼻を鳴らすと

「まぁオレもデュエリストの端くれだ、デュエルで勝ったら見逃してやる」

そう条件を提示した。

「ひゅ~、アニキカッコイイィィ!!」

「おっとこまえ~!!」

「ハッハッハ、本当の事を言うな、照れるじゃねぇか」


デュエルで勝てば・・・助かる・・・?

でも僕は弱い・・・この前の実技テストでも最下位辺りだったし、ルームメイトにもパシリ扱いされるし・・・


「さぁ、どうする?」


大人しく従ったほうがいいのかな・・・

































『一樹君のデッキときっと相性が良いわ

 そのカードを使いこなしてみて頂戴

 きっと一樹君なら使いこなせるはずよ』































いや


「する・・・よ・・・」


違う


「あん?」


戦うんだ。


「君と・・・デュエルする」


戦って、勝つんだ。


「それで・・・見逃してくれるんだろ?」


そうしないと、前には進めないんだ。


「おぅ、わかっとるじゃないか」


僕は・・・信じられてるんだ!!


「このデュエル、受けて立つよ!!」

















旅「・・・ふぅ、やっと三話か」

一樹「僕のデッキはガジェットなんですね」

旅「・・・お前、いたの?」

一「ひどい!?さっき来ましたよ!?」

旅「さて・・・今回は前編後編なんだが」

一「無視!?」

旅「五月蝿いなぁ・・・こんなキャラだったか?」

一「書いてるの誰ですか!?」

旅「次回は一樹vs不良が始まるぞ
  結果は・・・来週の連載で!!」

一「人事ですね!?」

礼「まぁ、頑張って頂戴」

一「先輩まで!?」
  

○更新履歴

取得中です。