※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東 一樹
【マジカ・ルギア】

vs

村崎況屋
【超進化の神秘】





「私のターン!ドロー!」

まずは教諭の先攻ターンだ。

一体どんなデッキを使ってくるのか――

「【プチモス】を召喚」


《プチモス》
通常モンスター
星1/地属性/昆虫族/攻 300/守 200
成長したらどんなムシになるか分からない、小さな幼虫


「はぁ!?ぷ、プチモスぅ!?」

原作でHA☆GAがグレート・モス使う時に最初が
『ラーバ・モス』だったから思いっきり省られたモンスターじゃないか!

「驚くのも無理はない…グレート・モスは最も召喚の難しいモンスターとして有名だからな」

その通り。
グレート・モスは召喚するまでに(自分ターンで数えて)4ターン
(実質8ターン)もの時間を必要とする明らかに割に合わないモンスターだ。

そのあまりの条件の厳しさから、デュエルモンスターズにおいて最も召喚の
難しいモンスターとまで呼ばれているほど・・・紛れも無い事実なのだが(汗

「だが、あえてそれを使いこなしてこそ、デュエリストと言うものではないかな?」

きょ、教諭がそれらしいこと言ってる・・・無駄にカッコイ――

「まぁ、これは上野先生の受け売りなんだが」

――やはり教諭は教諭だった。

「だが、例え相手がどんなデッキだからといって、甘く見ないことだ。
では・・・私は手札の【進化の繭】をフィールドのプチモスに装備させる」


《進化の繭》
効果モンスター
星3/地属性/昆虫族/攻 0/守2000
このカードは手札から装備カード扱いとして
フィールド上に表側表示で存在する「プチモス」に装備する事ができる。
この効果によって装備した「プチモス」の攻撃力・守備力は
「進化の繭」の数値を適用する。


「効果により、プチモスの攻守は進化の繭の数値を適用する」


プチモス ATK 300/DEF 200 → ATK 0/DEF2000


「これで、12ターン後に『究極完全体グレート・モス』を特殊召喚できる」

「でも・・・12ターンもの間、繭を守ることなんてできませんよ」

僕のデッキには除去カードがそこそこ入っている。
6回ドローすれば、最低でも一枚は引くことが出来るだろうし、恐れることなんて――

「――それはどうかな?永続魔法【進化の神秘】を発動」


《進化の神秘》
永続魔法
フィールド上に「進化の繭」を装備した「プチモス」が存在する場合に発動できる。
「ラーバ・モス」「グレート・モス」「究極完全体グレート・モス」の
特殊召喚に必要なターン数を半分にすることができる。


「このカードの効果により、ターン数は半分になる…つまり、究極完全体グレート・モス
の召喚に必要なターン数は、12ターンの半分・・・6ターンになったというわけだ」

「そ、それでも6ターン…不可能ですよ」

6ターン。つまり3回ドローするチャンスがまわってくるということだ。
それだけのチャンスがあれば、あんなカードの除去なんて、他愛も無い。

「やるまで分からない、ということだ。カードを2枚伏せ、ターンエンド」

「僕のターン、ドロー!」

よし、これならこのターンにでも破壊できる。

「僕は【魔導戦士ブレイカー】を召喚!」


《魔導戦士ブレイカー》
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1600/守1000
このカードが召喚に成功した時、
このカードに魔力カウンターを1つ置く(最大1つまで)。
このカードに乗っている魔力カウンター1つにつき、
このカードの攻撃力は300ポイントアップする。
また、このカードに乗っている魔力カウンターを1つ取り除く事で、
フィールド上に存在する魔法・罠カード1枚を破壊する。


「ブレイカーの召喚に成功したことで、ブレイカーに魔力カウンターを1つ置きます。
そしてそれを取り除くことで、フィールド上の魔法・罠を一枚破壊することができる。
当然対象は『進化の繭』を選択!『「マナ・ブレイク』!」

よし、これで早速進化は終了――

「甘いな東。カウンター罠【進化の鼓動】を発動」


《進化の鼓動》
カウンター罠
装備された「進化の繭」を対象とする効果を無効にし、破壊する。
その後、カードを1枚ドローする。


「よってブレイカーは破壊だ。そしてカードをドロー」

「うっ…」

しまった、繭を守るカードのことを忘れていた。
先に攻撃をしておくべきだったか…。

「プレイングを見誤ったな」

「こ、これくらい挽回できますよ。カードを1枚伏せ、ターンエンドです」

「私のターン!ドロー!」

この瞬間、繭の中のプチモスは進化を進める…。

経過ターン:1

「いまの状態だと『ラーバ・モス』が召喚できるが・・・流石に戦力にならない。
カードを1枚伏せ、プチモスを守備表示に変更。ターンエンドだ」

流石に『ラーバ・モス』は召喚してこなかったか。
ちなみに、ラーバ・モスはこんなモンスターだ。


《ラーバモス》
効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 400
このカードは通常召喚できない。
「進化の繭」を装備され、自分のターンで数えて2ターン以上経過した
「プチモス」1体をリリースした場合に特殊召喚する事ができる。


4ターンの成長では、攻守はたった200ずつしか上昇しないのだ。
召喚難度から見ても、明らかに割に合わないモンスターなんだよな…w

「僕のターン、ドロー!」

よし、いいカードだ。

「【魔法少女KYOUKO】を召喚!」


《魔法少女KYOUKO》
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1700/守1500
このカードは守備表示モンスターに攻撃する場合、
ダメージステップの間攻撃力が400ポイントアップする。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。


「ほぅ、貫通効果持ちか」

「KYOUKOは守備モンスターとバトルするとき、攻撃力を400ポイントあげます」

プチモスの守備力は2000、効果で攻撃力を上げればKYOUKOは2100・・・ギリギリいける!

「バトル、KYOUKOでプチモスを攻撃!」

「ふん、永続罠【進化の脈動】を発動する」


《進化の脈動》
永続罠
「進化の繭」を装備した「プチモス」は、戦闘によって破壊されない。
このカードが破壊され墓地へ送られたとき、デッキから攻撃力500以下の
昆虫族モンスター1体を手札に加えることができる。


「これにより、プチモスは戦闘では破壊されない」

徹底的に守ってきたか…でも!

「守備力を上回った分、貫通ダメージは受けてもらいます!」


魔法少女KYOUKO ATK2100 vs プチモス DEF2000

プチモスを撃破!「進化の脈動」により、プチモスは戦闘によって破壊されない!

KYOUKOの攻撃がプチモスを貫通する!村崎に100のダメージ!

村崎 4000→3900


「カードを1枚伏せ、ターンエンド」

「私のターン!ドロー!」

経過ターン:2

僅かにダメージは与えたけど・・・繭の進化を止められない。
このままじゃ、次のターンには究極完全体への進化を許してしまう…!

「カードを一枚伏せ、ターンエンドだ」

「・・・・・・」

やはり究極完全体を狙っているようだ…。


このターンで繭を破壊しないと、一気に敗北してしまう…。
このドローに勝敗がかかっているかもしれない・・・!

「僕のターン、ドロー!」

このカードは・・・よし!

「魔法カード【武装変形-アーマー・チェンジ-】を発動!」


《武装変形-アーマー・チェンジ》
通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター一体を選択して発動する。
選択したモンスターのレベル以下のレベルを持つ、機械族モンスター1体を
手札から装備魔法扱いとして、選択したモンスターに装備する。
装備モンスターの攻撃力・守備力は、装備カードの元々の攻撃力・守備力の
数値の半分だけアップし、種族を機械族としても扱う。
装備モンスターが破壊される場合、代わりに装備カードを破壊する。

「対象モンスターは『魔法少女KYOUKO』、レベルは4。
手札から『スチームロイド』を装備させ、攻撃力を900ポイントアップ!」


《スチームロイド》
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1800/守1800
このカードは相手モンスターに攻撃する場合、
ダメージステップの間攻撃力が500ポイントアップする。
このカードは相手モンスターに攻撃された場合、
ダメージステップの間攻撃力が500ポイントダウンする。


魔法少女KYOUKO ATK1700→ATK2600

「攻撃力2600・・・だが、ダメージを与えようと、プチモスは戦闘で破壊されん」

「問題ありません!バトルフェイズ、KYOUKOでプチモスを攻撃!
KYOUKOが守備モンスターとバトルするとき、攻撃力を400ポイントアップ!」


魔法少女KYOUKO ATK2600→ATK3000




「これで終わりです!リバースカードオープン!速攻魔法【リミッター解除】を発動!」


《リミッター解除》
速攻魔法(制限カード)
このカード発動時に、自分フィールド上に表側表示で存在する
全ての機械族モンスターの攻撃力を倍にする。
この効果を受けたモンスターはエンドフェイズ時に破壊される。


「機械族モンスター?お前の場には機械族モンスターなど――」

「『武装変形-アームズ・チェンジ』の効果を忘れてませんか?
この効果でカードを装備したモンスターは・・・機械族としても扱います!
よって、KYOUKOの攻撃力は2倍にアップ!」


魔法少女KYOUKO ATK3000→ATK6000


「こ、攻撃力6000だと!?」

「そして――KYOUKOは貫通効果を持つモンスター…」

「くっ…」

やった!これで僕の勝ち、試験は合格だ!





「お見事だ…と言いたいところだが、甘いぞ東!
リバースカードオープン、【体力増強剤スーパーZ】!」


《体力増強剤スーパーZ》
通常罠
このターンのダメージステップ時に相手から
2000ポイント以上の戦闘ダメージを受ける場合、
その戦闘ダメージがライフポイントから引かれる前に、
一度だけ4000ライフポイント回復する。


「このターン、私が受ける戦闘ダメージは2000ダメージ以上。
よって発動が可能――一度だけライフを4000ポイント回復する」

「4000ポイント回復!?」

与えるダメージが4000、回復する量も4000…戦闘ダメージが0に抑えられた!?


体力増強剤スーパーZの効果発動!村崎のライフを4000ポイント回復!


村崎 3900→7900


魔法少女KYOUKO ATK6000 vs プチモス DEF2000

プチモスを撃破!「進化の脈動」により、プチモスは戦闘によって破壊されない!

KYOUKOの攻撃がプチモスを貫通する!村崎に4000のダメージ!

村崎 7900→3900


「爪が甘かったな、東」

「うっ…」

流石教諭、こんなんじゃ勝たせてくれないか…。

「エンドフェイズ時、『リミッター解除』の自壊効果が発動。
装備カードを代わりに破壊し――KYOUKOの破壊を免れます」

よし、これならKYOUKOをフィールド上に残すことが出来る。

「ターンエンドです」

僕の伏せカードは『奈落の落とし穴』のカード。


《奈落の落とし穴》
通常罠(準制限カード)
相手が攻撃力1500以上のモンスターを
召喚・反転召喚・特殊召喚した時に発動する事ができる。
その攻撃力1500以上のモンスターを破壊しゲームから除外する。


このカードなら、究極完全体を召喚した途端に破壊することができる。

「私のターン!ドロー!」

経過ターン:3

それに、リミッター解除の効果でKYOUKOも攻撃力は6000のままだ。
攻撃力には圧倒的な差がある…この装備なら、グレート・モスなんて恐れるに足らない!

「私は規定ターンを満たした『プチモス』をリリースし、効果を発動。
いま、長き進化の時は終わった。いでよ、【究極完全態・グレート・モス】!」


《究極完全態・グレート・モス/》
効果モンスター
星8/地属性/昆虫族/攻3500/守3000
「進化の繭」を装備して(自分のターンで数えて)
6ターン後の「プチモス」を生け贄に捧げる事で特殊召喚する事ができる。


「罠カード発動、【奈落の落とし穴】!さっそくだけど退場してもらいます!」

「対策は万全だ。カウンター罠発動、【盗賊の七つ道具】」


《盗賊の七つ道具》
カウンター罠
1000ライフポイントを払って発動する。
罠カードの発動を無効にし破壊する。


「ライフを1000払い、奈落の落とし穴を無効にし破壊させてもらおう」


村崎 3900→2900


奈落が無効に・・・。
でも、所詮その攻撃力は3500、KYOUKOには遠く及ばない!

「東よ・・・お前はいま、『グレート・モスじゃKYOUKOの攻撃力には及ばない』と考えただろう?」

な、なんでこうも僕の考えは読まれやすいんだ!?

「た、確かにそうですけど、事実ですし――」

「このままなら、な。装備魔法【巨大化】をグレート・モスに発動する」


《巨大化》
装備魔法(準制限カード)
自分のライフポイントが相手より下の場合、
装備モンスターの攻撃力は元々の攻撃力を倍にした数値になる。
自分のライフポイントが相手より上の場合、
装備モンスターの攻撃力は元々の攻撃力を半分にした数値になる。


「私のライフは2900、お前のライフは4000、よってグレート・モスの攻撃力は倍となる」


究極完全体・グレート・モス ATK3500→7000


「こ、攻撃力7000のモンスター!?」

KYOUKOの攻撃力を1000も上回った!?

「バトルフェイズ、究極完全体・グレート・モスで魔法少女KYOUKOを攻撃する」

うっ…でも、幸いライフは3000ポイント残る。
次のターンに逆転のカードを引くことができれば――

「――などと思っているだろうが、甘い。速攻魔法【収縮】を発動」


《収縮》
速攻魔法
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターの元々の攻撃力はエンドフェイズ時まで半分になる。


「当然、効果の対象はKYOUKOを選択する。収縮により
リミッター解除の効果は打ち消され、本来の攻撃力を半分とする」


魔法少女KYOUKO ATK6000→ATK850


「なっ!?」

攻撃力たったの850!?こんなんじゃとても太刀打ちできない!

「これでとどめだ。『モス・パーフェクト・ストーム』!」


一樹 4000→0



               DUEL END
              WINEER 村崎況屋





「残念だったな、東。お前も追々試決定だ」

デュエル終了早々、現実を叩きつけられる。

「分かってますよ・・・」

どうやら、このデッキにはもう少し調整が必要なようだ…。

「しかし東よ・・・お前のデッキは【ガジェット】ではなかったか?」

そんなことを聞かれる。
今更だが、素のときと比べると、別人にしか見えない。

「あぁ・・・一応ガジェットも入れてるんですが、引けなかったんですよ。
これは一応【魔法使い+機械族】のビートって感じですかね…」

この間の実技試験のデッキと、これまでのデッキを合体させたようなデッキだ。
一応まどマギのカードは拾った物だから・・・持ち主が見つかり次第、返そうとは思っている。

「ふむ…そこまでしてまどマギのカードを入れたかったか」

グサァ!

「な、何も言えない…」

あまりに核心を突き過ぎていて泣けた。

「村崎教諭、後始末が残っるので、早くいきましょう」

そこへ神皇さんが声をかけた…なんだか少し助かったかも。

「まぁ、とにかく・・・次の追試の期日は後日通達する。
今日は寮へ戻って、寝るなり、今回の反省なり、好きにするといい」

「分かりました」

そう答え、その場を離れようとするとき、

「・・・東」

小声で教諭に呼び止められる。


「今夜、また『例の場所』で作戦会議をするのか?」

少し離れた場所にいる神皇さんに聞こえないよう、小さな声で聞いてくる。

「うん、確か真紅がそう言ってましたよ」

「そうか、了承した」


僕の答えに満足したのか、教諭は神皇さんの待つ場所まで早足で戻っていった。


僕らは今夜もまた、活動の計画を練る。

次の決行の日は近い…。





伝説のあのカードがまさかの登場(笑)
ホントは12ターンでじっくり成長させたかったんですが、
グダグダになりそうなので反則技を使わせてもらいました(殴

  • 何このカード欲しい) -- Murasaki (2011-06-04 00:01:04)
  • ちなみに強化支援メカヘビーウェポンを装備した状態でリミッター解除を発動させた場合、エンドフェイズ時に支援メカは身代わりで破壊されますがリミッター解除の効果は消えるそうです。 -- Guest (2011-06-04 00:34:09)
  • あらあら、リミ解効果って固定化の筈だったが…。
    装備だとなんか違うのかな? -- 旅人 (2011-06-04 07:06:09)
  • テスト初日が終わってテンション上がったのでためてたぶん(6話くらい)一気に読んだZE☆まぁ、まだ番外編読んでないけどね(  取り合えず早くSAYAKAも出そうぜ('ω`) -- QB?いいえ、会長です (2011-06-06 15:57:58)
  • そうだな…次の一樹のデュエルのときに出そうジャマイカ( -- 旅人 (2011-06-06 17:42:56)
名前:
コメント:
  

○更新履歴

取得中です。