※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

静まり返った夜の校舎。


昼間の喧騒が嘘のような静けさの中で


冷たい風が絶えず吹きつける


世界は静寂に包まれていた



そこへ


「ふむ…ここがデュエルアカデミアか」


闇に覆われたカードが形を成し、アカデミアに男が降り立った。

男は黒に覆われた格好をしており、グラサンを装着している。

「まだこの世界にこの体が慣れない様だが…調査をするとしよう」


そう言って男は闇に消える―






-同日夜 校庭 銅像付近-

アカデミアで囁かれる学園の七不思議。

その一つ、動く校長の銅像の怪談の舞台、校庭。

そこには先ほどの男がうろうろとしていた。

「ふむ…この周辺か…」

なにか呟きながら、周囲を見渡している。

そして男が銅像に触れようとすると、


パァン!


突如銃声が鳴り響く。

銃弾は男の脳天をとらえていた…が、


「ふむ…なんの真似だね?」


銃弾を受けた男はカードとなって一度分裂し、再び元の形に戻る。


「私にそのような武器は通用しない、さっさとでてきたまえ」


そう男が言うと、物陰から仮面を付けたマントの人間が現われる。

その右手には拳銃が握られており、背中には刀がかけられている。


「君は何者だね?突然他人へ向けて発砲など、少々常識を欠いてるのではないのかね?」

「異形の者に対して、そんな常識は不要だ」

仮面が冷たく返す。

…その声には温かみが感じられず、無機質な音が響いた。

「・・・お前は何者だ?」

「私は…真実を知るもの、ミスターTとでも呼んでもらおうか」

「・・・」

「ふふふ、部外者の君には何を言っても無駄だろうが―」

「興味ないな」

話の続きをへし折り、仮面はそう一蹴する。

「興味があるのは―――――」

その言葉を口にした途端、男の顔が驚愕に染まる。

その表情は先ほど前とは異なり、警戒心を最大限に払っているように見える。

「会ったばかりだが…。君は真実に近づきすぎている、ここで消去させてもらおう」

そう言ってデュエルディスクを構える。

仮面もそれに応じるように、漆黒のデュエルディスクを構えた。










仮面
『無間地獄』
vs
ミスターT
『高等戦術』






「先攻は君に譲ろうじゃないか」

「先攻、ドロー」

仮面のターンでデュエルがはじまる。

「モンスターをセット、カードを二枚伏せてターンエンド」

「私のターン、ドロー!【ライオウ】を召喚、ライオウで伏せモンスターを攻撃する!」


インフェルニティ・ネクロマンサー DEF2000 vs ライオウ ATK1900


ライオウの攻撃は弾かれた!ミスターTに100のダメージ!


ミスターT 4000→3900


(インフェルニティか…ふふふ、だが私のデッキの前には無力だ)

「カードを4枚セットして、ターンエンドだ」

「エンドフェイズに『インフェルニティ・リベンジャー』を捨て、
罠カード【サンダーブレイク】を発動、効果対象はライオウを選択」

「くっ…ライオウを破壊されたか…」

「続けて罠カード【インフェル二ティ・インフェルノ】を発動。
手札の『インフェルニティ・デーモン』『インフェルニティ・エンジェル』を捨て、
デッキから『インフェルニティ・ビートル』『インフェルニティ・ネクロマンサー』を墓地へ送る」

「早速ハンドレスを作り出したか…」

「ドロー」

(しかし、この4枚の伏せカードを越えられるかな?)

「カードを伏せ、ネクロマンサーの効果を発動。墓地の【インフェルニティ・デーモン】を特殊召喚。
手札が0なので、特殊召喚したデーモンの効果発動。デッキから『インフェルニティ・ガン』を加える」

(ふふふ、流石インフェルニティ…だが、私の伏せカードの前には無力だ)

「【インフェルニティ・ガン】を発動。墓地の【インフェルニティ・ビートル】【インフェルニティ・ネクロマンサー】を特殊召喚。
ビートルをリリースし、ビートルの効果を発動。デッキから【インフェルニティ・ビートル】を二体特殊召喚」

「この流れ…もしや…」

「レベル3、インフェルニティ・ネクロマンサーとレベル4、インフェルニティ・デーモンに、レベル2、インフェルニティ・ビートルをチューニング。
永劫の地獄から解き放たれし神槍、三叉の穂先は何を貫かん。彷徨えし魂を捧げ、世界に終焉の時を!シンクロ召喚!三千世界を蹂躙せよ!【氷結界の龍 トリシューラ】!」

「残念だが通すわけには行かない。ライフを半分支払い、カウンター罠【神の宣告】!
君のモンスター…氷結界の龍 トリシューラの特殊召喚を無効にし、破壊させてもらう」


ミスターT 3900→1950


「なら、ネクロマンサーの効果を発動し、墓地から【インフェルニティ・デーモン】を特殊召喚。
特殊召喚したインフェルニティ・デーモンの効果を発動、デッキから『インフェルニティ・ミラージュ』を手札に加える」

(ふふふ、新たにシンクロ召喚をしようとしているようだが…無駄なことだ)

「【インフェルニティ・ミラージュ】を召喚」

「速攻魔法【月の書】を発動する。ミラージュは裏守備表示になってもらおう」

(私のデッキに隙はない…ふっふっふ)

「…レベル3、インフェルニティ・ネクロマンサーに、レベル2、インフェルニティ・ビートルをチューニング。
非情なる地獄の尖兵よ!集いし正義の名のもとに、我が道を阻む愚者に災厄を齎す使徒となれ!シンクロ召喚!起動せよ、【A・O・J カタストル】!」

「無駄なことだ。罠カード【奈落の落とし穴】を発動する。
攻撃力1500以上のモンスター…A・O・J カタストルを破壊し、除外する」

「ターンエンド」

「ふふふ、この程度なのかね?私のターン、ドロー!」

(エアーマン…いいカードだ)

「【E・HERO エアーマン】を召喚!効果により、デッキから『E・HERO アナザー・ネオス』を手札に加える」

「バトルフェイズ、エアーマンでミラージュを攻撃!」


インフェルニティ・ミラージュ DEF0 vs E・HERO エアーマン ATK1800


インフェルニティ・ミラージュ撃破!


「魔法カード【早すぎた解放】を発動する」


早すぎた解放 通常魔法
相手はカードを一枚ドローする。
自分のデッキからカードを一枚選択し、除外する。
この効果で除外したカードを、次の自分のスタンバイフェイズに手札に加える。


「私は『王宮の弾圧』を選択して除外する。君はカードをドローするがいい」

(これで次のターンに王宮の弾圧が加わる、守備は完璧だ)

「ターンエンドだ」

「ドロー。カードを二枚セットし、ターンエンド」。

「ふふふ…なにもできないようだな、私のターン!
『早すぎた解放』の効果で除外した【王宮の弾圧】を手札に加える」

(ふふふ、これで私の勝ちは揺るぎないものとなった)

「【E・HERO アナザー・ネオス】を召喚。バトルフェイズ、アナザー・ネオスでダイレクトアタック!」


謎の仮面 4000→2100


「さらにエアーマンでダイレクトアタック!」


謎の仮面 2100→300


「カードを一枚伏せて、ターンエンドだ」

(ふふふ…完璧だ。
私の伏せカードは先ほど加えた『王宮の弾圧』に『聖なるバリア-ミラーフォース-』だ。
更に私の手札には墓地対策の『D・D クロウ』、戦闘補助の『オネスト』が揃っている。
いくらインフェルニティといえど、この布陣を崩すことはできまい…私の勝ちだ!)

「ドロー」

「おやおや…怖気づいてしまったかな?」

しかし仮面は何も答えない。

「引いたカードは…【インフェルニティ・エンジェル】、手札が0のときに引いたことで特殊召喚することができる」


インフェルニティ・エンジェル 闇 ☆×5 天使族 ATK/DEF 2100/900
自分の手札が0枚の場合にこのカードをドローした時、このカードを相手に見せる事で自分フィールド上に特殊召喚する。
また、自分の手札が0枚の場合にこのカードが特殊召喚に成功した時、デッキからカードを一枚ドローする。


(一気に展開に繋げれるかもしれないキーカード…だが)

「私が持っているのを忘れたのか?ライフを800払い、永続罠【王宮の弾圧】!
君のインフェルニティ・エンジェルの特殊召喚の効果を無効にし、破壊する!」


ミスターT 1950→1150


「速攻魔法発動、【サイクロン】。王宮の弾圧を破壊、よって効果は無効となる」

(くっ…弾圧が破壊されてしまったか…)

「よって効果続行、【インフェルニティ・エンジェル】を特殊召喚。
効果によってカードを一枚ドロー…引いたカードは【インフェルニティ・デーモン】、手札が0のときにドローしたので、手札から特殊召喚。
デーモンの効果を発動、デッキから『インフェルニティ・ミラージュ』を加える」

(エンジェルの効果でデーモンを引くだと!?そ、そんな馬鹿な話があってたまるものか!!)

「【インフェルニティ・ミラージュ】を召喚し、ミラージュの効果を発動。
効果対象は…墓地の『インフェルニティ・ビートル』を二枚選択する」

(ふふふ、君の思い通りにはさせるわけにはいかないな)

「残念だが完全には通すわけにはいかない。手札の【D・Dクロウ】を墓地へ送り、効果発動!
対象の『インフェルニティ・ビートル』一体を除外する」

(一体は特殊召喚されるが、これ以上はそう展開できないはず―)

「だけど、もう一体の【インフェルニティ・ビートル】は特殊召喚される。
永続罠カード【リビングデッドの呼び声】を発動。墓地の【インフェルニティ・ネクロマンサー】を特殊召喚。
ネクロマンサーの効果を発動、墓地の【インフェルニティ・リベンジャー】を特殊召喚」

「な、なんだと!?そんなカードを温存していたというのか!?」

(しまった、『D・Dクロウ』のタイミングを間違えたか!!)

「レベル3、インフェルニティ・ネクロマンサーとレベル4、インフェルニティ・デーモンに、レベル1、インフェルニティ・リベンジャーをチューニング。
地獄と煉獄がゼロへと鎖す時、無限の定めより死神は蘇る!シンクロ召喚!その目に映るのは生か死か。いでよ、【ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン】!」

(更に展開を狙うつもりのようだな…)

「ワンハンドレッド・アイ・ドラゴンの効果発動。墓地の『インフェルニティ・ミラージュ』を除外し、その効果を得る。
得たミラージュの効果を発動、このカード自身をリリースし、墓地の【インフェルニティ・ネクロマンサー】二体を特殊召喚」

(随分まわっているようだが…私の勝利に変わりは無い)

「ネクロマンサーの効果発動、墓地の【インフェルニティ・ビートル】を特殊召喚。
レベル3、インフェルニティ・ネクロマンサーとレベル5、インフェルニティ・エンジェルに、レベル2、インフェルニティ・ビートルをチューニング。
天使と悪魔、零にて交わりし時、混沌の闇より死神は解き放たれる!シンクロ召喚!地獄の堕天使、【インフェルニティ・デス・エンジェル】!」


インフェルニティ・デス・エンジェル 闇 ☆×10 天使族 ATK/DEF 2800/1000
<シンクロモンスター>
[チューナー+インフェルニティ・エンジェル+インフェルニティと名のつくチューナー以外のモンスター一体以上]
このカードはシンクロ召喚でしか特殊召喚できない。
自分の手札が0枚のとき、一ターンに一度だけ、相手の罠カードの発動と効果を無効にし、破壊することができる。
このカードが破壊され、墓地へ送られたとき、相手フィールド上のカード一枚を選択し、除外する。


「ネクロマンサーの効果を発動、墓地の【インフェルニティ・エンジェル】を特殊召喚。
効果によりカードを一枚ドロー…引いたカードをそのままセットし、
レベル3、インフェルニティ・ネクロマンサーとレベル5、インフェルニティ・エンジェルに、レベル2、インフェルニティ・ビートルをチューニング。
天使と悪魔、零にて交わりし時、混沌の闇より死神は解き放たれる!シンクロ召喚!地獄の堕天使、【インフェルニティ・デス・エンジェル】!」

「さ、最上級のシンクロモンスターを一瞬で二体も並べただと!?」

(くっ…流石にこれは計算外だ!)

「バトルフェイズ、デス・エンジェルでエアーマンを攻撃」

(だが…甘い!)

「ふっ…罠カード発動、【聖なるバリア-ミラーフォース-】!
残念だが、君の攻撃表示のモンスターをすべて破壊する!
これで君のデス・エンジェルは全滅d」

「残念、デス・エンジェルの効果を発動。自分の手札が0枚のとき、一ターンに一度だけ、相手の罠カードの発動と効果を無効にし、破壊する」

「な、なんだと!?」

(そ、そんな効果があったというのか!?)

「攻撃は続行、『カオス・インフィニティ』!」


ミスターT 1150→150


(ぐっ…だが、私にはオネストがある、君がアナザー・ネオスを攻撃した瞬間、私の勝ちだ!)

「デス・エンジェルでアナザー・ネオスを攻撃」

「ふはははっ!残念だったな!ダメージ計算時に『オネスト』を発動!アナザー・ネオスはデス・エンジェルの攻撃力分、攻撃力をあげる!」

(これでアナザー・ネオスの攻撃力は4700、私の勝ちだ!)

「カウンター罠、【Infernity Barrier】を発動」


カウンター罠
自分フィールド上に「インフェルニティ」と名のついた
モンスターが表側攻撃表示で存在し、
自分の手札が0枚の場合に発動する事ができる。
相手が発動した効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。


「オネストの効果を無効にし、破壊する」

「な、なんだと!?」

「攻撃を続行。、『カオス・インフィニティ』!」


ミスターT 150→0








「その程度か」

そう一蹴し、冷たい視線を向ける。

「ふふふ…」

体がバラバラのカードになりながら、ミスターTは不適に笑う。

「今回は遅れをとったが…次はさらなる力で君を迎えよう。フフフッ…楽しみにしてくれたまえ」

そういって、闇に溶けていった。






名前:
コメント:
  

○更新履歴

取得中です。