※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼炎寺照
『獣人旋風』
vs
神皇沙姫
『極神煌帝』



―Side蒼炎寺―

威勢よく始めたのはいいが、いくらなんでも不利過ぎる状況だろ…これ。

あの女の場には三体のモンスター。

『極神皇トール』

『極神皇ロキ』

『極神聖帝オーディン』

いずれも強力な無効効果に自己再生効果を持つ厄介なモンスターだ…。

「オレのターン、ドロー!」

とりあえずここは逆転のカードを引くまで耐えるしかない…。

「【ジェネティック・ワーウルフ】を召喚!
 カードを一枚伏せて、ターンエンドだ」

「私のターン、ドロー。
 オーディンの効果を発動し、バトルフェイズ」

「罠発動、【威嚇する咆哮】だ。
 テメェのモンスターは攻撃宣言はできないぜ」

これはアイツが残したカード…オレのために残してくれたのか、ありがてぇ!

「そう…じゃあカードを二枚伏せて、ターンエンド」

なんとか凌いだが…ここで逆転のカードを引かなければ負ける。

「オレのターン、ドロー!!」

…キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

「ジェネティック・ワーウルフをリリースし、【ジェネティック・バーサーカー】(3100/300)をアドバンス召喚!
 ジェネティックと名の付くモンスターをリリースしたことで、一体のリリースでアドバンス召喚が可能だ!
 コイツの攻撃時に魔法・罠は発動できないぜ!」

「へぇ…面白いカードね」

「余裕こいてるのもここまでだ!
 魔法カード、【ジェネティック・センセーション】を発動!
 このターン、バーサーカーは攻撃力が1000アップし、相手モンスターすべてに攻撃することができる!
 ダメージは与えらねぇが・・・関係ねぇ」


ジェネティック・バーサーカー 3100→4100


「バトルフェイズ、ジェネティック・バーサーカーで三体の極神を攻撃、『バーサーカー・クラッシュ』!」

三体の極神が薙ぎ倒されるこの光景、爽快DA☆…忘れてくれ(

「バトルフェイズ終了、カードを一枚伏せてターンエンドだ!」

「エンドフェイズ、【異次元からの埋葬】を発動するわ。
 除外されたチューナー三体を墓地に戻し―極神の効果を発動」

「永続罠【王宮の弾圧】を発動!ライフを2400払い、三体の効果を無効にする!」


蒼炎寺 4000→1600


「へぇ…やるのねぇ」

「へっ、バカにしてんじゃねぇよ、テメェのターンだ!」

「と、言いたいのだけど、まだ終わらないのよね…罠カード【極神転生】を発動。
 極神と名の付くモンスターが破壊されたターンのエンドフェイズに発動できるカードよ。
 墓地から極神以外のモンスター一体を特殊召喚することができるの」

おもしれぇカードだ・・・が!

「けっ、弾圧の前には無駄…って発動できない!?」

「このカードの発動に対して、魔法・罠・効果モンスターの効果を発動する事はできない、そういう効果があるのよね…。
 墓地から【神獣王バルバロス】を特殊召喚、この効果で召喚されたモンスターはレベルが10になるわ」

くっ…だが極神を失ったコイツに手段はあるまい。
幸いバルバロスは、バーサーカーに僅かに及ばない!

「私のターン、ドロー」

それにオレの伏せカードは【魔法の筒】のカード。
仮にバーサーカーを超えるモンスターが出てきたとしても…コイツでジ・エンドだ!

「バルバロスのレベルを1下げ、墓地から【レベル・スティーラー】を特殊召喚」

「コイツの効果に弾圧を使ってもしかたねぇ…通すぜ」

「永続魔法【召喚の秘術】を発動。
 召喚魔法に対して魔法・罠・効果モンスターの効果を発動する事はできないわ」

「召喚魔法…?なんだ、ソイツは?」

聞いたこともないカードだ、儀式魔法の間違いじゃないか…?

「間違いなんかじゃないわ」

ヤツはそう言って薄く微笑し、

「私の極神を倒した御礼に、面白いものを見せてあげる」

そう告げる。


「バルバロスとレベルスティーラーを墓地へ送り、召喚魔法【いにしえの召喚術】を発動。
 欲望に溺れし背徳の皇帝よ、今こそ封印されし力を解き放ち、我に力を!降臨せよ、【背徳の皇帝マティウス】(2000/2000)!」


「な、なんだそのモンスター!?」

十字架のようなものに、女性(?)を拘束しているモンスターが現われる。
こんなモンスター…見たことが無い!!

「マティウスは召喚獣、古の時代に神々に封じられたモンスターの一体よ。
 十字架の女の人は、戦いの際に使った人質の女神ね」

なんかわけわかんねぇこと言ってやがる…だが!

「硝酸獣だかなんだか知らねぇが、攻撃力2000程度じゃバーサーカーは倒せねぇよ!」

「召喚獣よ…あなた、頭の悪さを自分で露呈させてるわよ?」

「うるせーよ!」

一々毒づいてくる女だ。

「それにそんなカード敵じゃないわ…マティウスのモンスター効果を発動。
 相手モンスター一体を装備し、その攻撃力、守備力の半分の数値をマティウスに加えるわ」

バーサーカーが吸収される…。


背徳の皇帝マティウス ATK2000→3550
           DEF2000→2150


「とどめね、マティウスでダイレクトアタック」

かかった!

「罠カードオープン、【魔法の筒】!
 コイツで攻撃をテメェに跳ね返…せない!?」

どうなってやがる、デュエルディスクの故障か!?

「そうそう言い忘れてたわ。
 マティウスは装備モンスターの効果を奪うことができるの、まさに背徳って感じよね」

「じゃ、じゃあバーサーカーの効果を…!?」

「その通りね、ご愁傷様…マティウスで攻撃、『凍てつく波動』!」


蒼炎寺 1600→0





      SPECIAL DUEL END
      WINEER 神皇沙姫!!





―Side旅陸―

「お、おぼえてやがれー!」

三下のような捨て台詞を残し、不良たちは逃げ出した。

「親分みたいな子は面白かったけど、それ以外はつまらなかったわね」

涼しい表情を見せる神皇さん、その余裕が羨ましく感じるときもある…が、

「くそっ…」

思わず声を漏らす。
我慢しようとしていたのに、堪え切れないようだった。

「一人で4人抜きなんて、今回オレ放置かよ!?」

「あら、もしかしてデュエルしたかったの?」

「そういう問題じゃない!この話だってここまで台詞なしだぞ!?
 これじゃあマジで『ろむくん』こと放置君になっちまう!!」

「あ、そこで悩んでたのね」

「オレにとっては重要なんだよ!」

すると、彼女はふっと柔らかい笑みをこちらへ浮かべ、

「大丈夫よ、ろむくん」

「神皇さん…」

早速放置君扱いだが、気にする余裕もない。


「すでにあなたは放置君だからだから!」


「笑顔で追い討ちかけるなぁー!」

普通にひどい人だった。

ちなみにひ〇らしには間に合わなかった。







天「今回はオリカが多いな」

旅「召喚一式は全部オリカですからね…」

神「これはオリカ説明を見ないと意味不明ね」

旅「そうですねぇ…早めに作らないとな」

天「そういえば、神皇さんの召喚獣って何体いるんです?」

旅「えーと・・・だな…」

神「私の召喚術は108式まであるわ」

旅&天「どこかで聞いたような台詞!」

※召喚獣はエクストラデッキから登場するモンスターです。


名前:
コメント:
  

○更新履歴

取得中です。