※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「【ホワイト・ガジェット】でとどめ!」


生徒A 1000→0


「うぅ…負けちまったが、いいデュエルだったな」

「あぁ、なかなかいい勝負だった」

天海さんと相手の生徒が握手をする。

僕も目の前の生徒と握手をした。










イベント開始から1時間、いまのところ僕と天海さんは3戦3勝、好成績だ。

「いいスタートですね」

「この調子で頑張ろう、東君」

そんな会話をしながら次の対戦相手を探す。

そんなとき、

「ろむく~ん」

女の人の声が聞こえた。
気のせいか、天海さんの顔が引きつったように見えた。

「ろむく~ん、聞こえてる~?」

その声が近づいてくる。
天海さんの額に汗が浮かんでくる。

「ろむくんってば~」

その女の人が目の前にまで来た。

長身に青紫髪の、大人の女性って感じの人だった。

「その『ろむくん』はやめてくれ、『ROM君』だと『放置君』みたいに聞こえるじゃないか」

「え~、でも響きは可愛いじゃない」

「普通に会長って言ってくれ…」

「怪鳥~」

「オレは〇ャンクックじゃない!」

「え、でもカワイイですよ、イャン〇ック」

「いや、まぁ、分からないでもないが…」

「一部では先生と呼ばれてるし」

「それとオレのあだ名は関係は!?」

「そんなの、弄り易さがDFFのCPのエ〇スデス並だからに決まってるじゃない」

「そんな一部のFFファンにしか分からないネタを使うな!」

なんか、面白いやり取りが行なわれてる。


「天海さん、この女の人…どなたですか?」

とりあえず率直な疑問を聞いてみる。

あぁ、と天海さん。
いま思い出したんだろうか。

「彼女は神皇沙姫(じんおうさき)さん。
 ホワイト2年で、生徒会の副会長をやってるんだ」

「神皇よ、庶務と会計も請け負ってるの。
 ヨロシクね、えーと…」

「あ、東です」

「東くん…なんか普通に呼んだらつまらないわね…」

なんか、初対面でいきなりつまらないとか言われてる。
ふと、視線を下ろして腕を見ると、『副会長』『庶務』『会計』の三つの腕章があった。
そういえば、天海さんも『生徒会長』の腕章付けている。

「あずま…そうだっ」

なにか思いついたのか、神皇さんがこちらを振り向く。

「アズマックスなんてどうかしら?」

「そんなア〇マックスみたいなの止めてくださいっ」

「〇つける場所悪いから、アズマックスと同じに見えるんだけど…」

「どうでもいいですよっ」

あの某アニメチャンネルみたいな名前で呼ばれたくない。

「じゃあ…カズキックスなんてどう?」

「シ〇キックスみたいな名前はやめてくださいっ」

「話変わるけど、東くんの手が太陽の手だってホントかしら?」

「僕は焼きたて〇ャぱんの主人公じゃないです!」

天海さんが顔を引きつらせた理由が分かる。

この人、すごい勢いでいじってくる。

「まぁ、それは置いといて」

「置いておかないで、せめてその誤解を解かせて!」

お願いだから置いておかないでほしい。

「会長」

無視された!?

「なんだ?」

無視されることが、こんなにも辛いだなんて…w

「実は・・・かくがくしかじかで…」

「その説明で分かるヤツはいないよ…」

「実は…」

なにやら、神皇さんが耳打ちを始めた。
内容は聞き取れないが、大事な話らしい。


「そうか…」

天海さんが肩を落としたように見える。

「悪いが東君、僕はちょっと用事ができた。
 すまないが…イベント終了までに終わりそうにない」

「あ、大丈夫ですよ。
 天海さんとでデュエルできて楽しかったですし」

素直な感想を述べる。
実際天海さんのデッキは見ていて面白かった。

「そうか…なら、いいんだが。
 本当は神皇さんに代わってもらいたいんだが、彼女も用事があってね…」

「悪いわね、東くん」

それなのに、あんなにいじってたのか。

「悪いね、東君。
 この埋め合わせはいつかするよ」

「いやいや、そんな」

「じゃあ、さよなら東くん」

二人は走って人ごみに消えていった。










さて、一人になった。

今日はもう疲れたし、寮に帰ろう…





公園の前を通ったとき、女の子の声が聞こえた。

「まってよ~、りんごちゃ~ん」

「さなえちゃーん、はやくおいでよ~」

ふと声の聞こえる方向を見ると、女の子が二人で遊んでいた。

「りんごちゃんってば…って、ほわぁ!!」

さなえと呼ばれた幼女が石に足を取られ、倒れそうになる。

「!あぶないっ」

もう一人の幼女が、助けようと手を伸ばす。

僕も助けようと足を前に…ってこけてしまった!!

予測される光景に、思わず目をそらす。

しかし、いつまで経っても、泣き声や啜り声が聞こえない。

どうなったのか目を開けると



「だいじょうぶ、さなえちゃん?」

「ほわぁ・・・ありがとう、りんごちゃん!」

さなえと呼ばれた幼女を守るために、りんごと呼ばれた幼女が突っ込み、結果…

二人の幼女が…抱き合っていた。


グサーーーーッ!!


な、なんだこの感覚は!?

む、胸になにか、とてつもなく鋭利な何かが刺さったような感覚だ!!

それに、なんだか少し顔が熱い…。


「いや、そんなのおともだちだから、とーぜん、だよっ」

「うん、さなえとりんごちゃん、おともだちー!」

更にギュっと抱きしめ合う。


グサグサーーーッ!!


ま、また鋭利な何かが刺さったような感覚だ。

それに、なんだか胸が熱い…。

よく分からないけど、ここここのままじゃ体が持ちそうにない。

寮に帰って休もう・・・。

何故か名残惜しさを感じながら、僕は公園を後にした。

結局、その日は公園での出来事が頭から離れず、眠れなかった。












神皇「で、なんなのかしら、これ」

旅「えぇ、もうなんとでも言っちゃってください」

神「私がデュエルしてないじゃない」

旅「それについては、次回かその次辺りに…」

神「後半の一樹君の下りはなに?
  なにかの性癖に目覚めたのかしら?」

旅「まぁ、その辺は、察していただけると…w」

一「べ、べつに百合なんて、興味ないんだからねっ」

旅&神(うわぁ…なんか気持ち悪い…)


  • これはなんというギャグ回www -- adaman (2011-02-05 22:56:37)
  • どういうことなの・・・ -- Slime (2011-02-05 23:48:17)
名前:
コメント:
  

○更新履歴

取得中です。