※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

朝。
ほのかな日差しが射し、暖かい風が吹く。
夜とはまた違った趣きがあるこの時間も、私は好きだ。
聞こえてくる小鳥のさえずりをBGMにして、コーヒーカップに口をつける。

しかし、そんな一時を遮るかのごとく

「せ、先輩!!」

そのの声によってBGNは掻き消され、鳥たちは慌てて飛び立った。

「大変です、大変なんです!!」

私には彼の慌てぶりのほうがよほど大変のように見えた。

「なにが大変かって・・・って痛っ!!」

とりあえず鉈(ゴム製)で殴っておいた。

「い、いきなりするんですか1?」

私のティータイムをジャマした罰よ。















-side一樹-

「で、『次はお前の連れだ』って言ったんです」

日曜日の朝、僕は昨日の出来事を先輩に話していた。
蒼炎寺に会うまでのこと、いきなり仇討ちのような空気でデュエルを挑まれたということ、そして…負けたこと。

「『次はお前の連れだ』…ねぇ」

先輩は不機嫌そうな顔でコーヒーを飲みつつ、話を聞いていた。
なんでか分からないけど、今日は会ったときから不機嫌だった。
なんか悪いことしたかなぁ・・・

「…私のことかしら?」

「多分…そうだと思いますけど…」

「…気に入らないわ」

もしかして、僕が負けたこと怒ってるのかなぁ。
『私が教えてるのに負けるなんて~』って感じなんだろうか。

「どうして私があなたの連れなのよ」

「知りませんよ!!」

全然関係なかった!!

「むしろ一番大事な所よ。
 『次はお前だ、とあの女に伝えておけ』とでも言えばいいと思わない?」

「まぁ、そのほうがしっくり来ますけど…」

僕はどうでもいいと思うが、先輩にとっては重要らしい。
ますます不機嫌になっている…気がする。
怒っている先輩を見るのは初めてかも…

「まぁ、私のところに来るなら丁度いいわ」

コーヒーカップを置き、椅子から立ち上がる。

「いい暇潰しになるわね」

いつもの表情で、いつもの口調でそう言った。

逆にそれが怖かった。















-side蒼炎寺-

灯台、校舎、公園、湖、そして岬━━

見つけた。

女は海を眺めていた。

あれが何人ものウチの奴等を倒した女か…。
見たところ、普通の女子生徒にしか見えない。
殴りかかっても、あっさり倒れてしまいそうだ。

さて、どうやって声をかけようか━━そう考えていたときだった。

「そこにいるんでしょう?出てきなさい」

気付かれた!?
いや…落ち着け、俺。
ここからあの女の場所までは(多分)25mはあるんだ、偶然に決まってる。

「そこの茂みに隠れてるあなたよ」

場所まで特定された!?
よく分からんが、これ以上隠れても無駄なようだ。
茂みから姿を現す。

「聞いた通りの大男ね…ホント、制服が似合わないわ」

「うるせぇよ!!」

なんで俺はいきなり服装について指摘されないといけないんだ。

「お前がウチの奴等をやってくれた女だな?」

聞くまでもないが、確認をとっておく。

「人聞きが悪いこと言うわね。
 むこうが勝手にやってくるんじゃない」

「んなこと知ったことかよ、俺はお前にデュエルを申し込むぜ」

「ええ、構わないわ」

抵抗するかと思ったが、異論はないようだった。







蒼炎寺 照
『獣人世代』
vs
月夜礼奈
『月の代行者達』








「俺のターン、ドロー!
【ジェネティック・ワーウルフ】を召喚だ。
 永続魔法【絶対魔法禁止区域】を発動!
 カードを二枚伏せて、ターンエンドだ!!」

「私のターン、ドロー」

この伏せカードは前回の二枚、【奈落の落とし穴】に【トラップ・スタン】だ。
次のターンにワンキルしてやるぜ…

「【月の戦士】を召喚よ。
 効果でデッキの一番上のカードをめくり、『月下』『月影』『月輪』『月光』と名のつくモンスターなら手札に加えるわ」

一番上のカードは…【月下の竜騎士】

「『月下』と名の付くカードなので、このカードを手札に加えるわ」

だがこのターンはもう通常召喚することはできない。
魔法の効かない【ジェネティック・ワーウルフ】を倒すことはできない、ターンエンド

「と、でも思ってるのかしら?」

読まれた!?

「バトルフェイズ、【月の戦士】で【ジェネティック・ワーウルフ】を攻撃よ。
 ダメージステップに速攻魔法【月の矢】を発動。
 【月の戦士】の攻撃力を1000アップ」

月の戦士 ATK1400→ATK2400





蒼炎寺 4000→3600





「俺のジェネティックが…」

「知ったことじゃないわ。
 カードを二枚伏せてターンエンド」

この女、よくも俺のジェネティックを…

「俺のターン、ドロー!」

ジェネティックの敵!!

「墓地の【ジェネティック・ワーウルフ】を除外し、【ジェネティック・シルバーウルフ】を特殊召喚!!」

「罠カード【奈落の落とし穴】を発動、シルバーウルフを破壊よ」

「罠カード【トラップ・スタン】を発動。
 このターンの罠は無効になるぜ!」

よし、これでシルバーウルフは助かった。

「更にライフを半分払い、永続魔法【ジェネティック・ジェネレーション】を発動だ!」





蒼炎寺 3600→1800





「【ジェネティック・ワーウルフ】を召喚。
 バトルフェイズ、シルバーウルフで【月の戦士】を攻撃だ!」

「速攻魔法発動、【月の書】よ。
 シルバーウルフは裏側守備表示になるわ」

「じゃあジェネティックで攻撃だ!」





礼奈 4000→3400





「カードを一枚伏せて、ターンエンドだ」

今伏せたカードは【万能地雷グレイモヤ】、コイツで攻撃モンスターを吹っ飛ばしてやるぜ…

「私のターン、ドロー」

【ジェネティック・ジェネレーション】は『ジェネティック』と名の付くモンスターが破壊されたときに、デッキから
破壊されたモンスターの攻撃力より少ない攻撃力のモンスターを一枚手札に加えるカード。
コイツで俺の布陣は万全だぜ!!

「魔法カード【大寒波】発動よ。
 お互いのプレイヤーは魔法・罠カードをセット、発動できないわ」

…まぁこのターンさえ凌げば

「【天空戦士パーシアス】(2000/1500)を特殊召喚。
 更に【奇跡の代行者 ムーン】(300/300)を召喚!!」

代行者ムーン…チューナー!?

「レベル5パーシアスに、レベル3ムーンをチューニング。
 『天空を制した光の騎士よ、神の力を身にまとい、地上を照らせ!シンクロ召喚!光輝け、神聖騎士パーシアス!』」

シ、シンクロ召喚にはビビッたが…所詮は2600、シルバーウルフには敵わない!!

「パーシアスの効果を発動するわ。
 相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体の表示形式を変更できる。
 シルバーウルフを守備表示に変更よ」

「チッ…だが守備表示モンスターを倒しても、俺のライフは削れないぜ!」

「バトルフェイズ、【神聖騎士パーシアス】でシルバーウルフを攻撃よ」

ふっ、シルバーウルフが墓地にあれば俺の切り札が出せる。
次の俺のチートドローさえあれば

「忘れてるみたいだから、教えてあげる。
 パーシアスが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与えるわ」

「…しまったぁぁ!!!!」





蒼炎寺 1800→0





         DUEL END
       WINEER 月夜礼奈 !!





「くっ…この俺がこんなにもあっさりと…」

チートドローの隙すら与えてくれないとは…何者だ、この女?

「予想通り、見かけ倒しなのね。
 あなたには知識も経験も欠如しているわ」

…確かに俺はまともに授業を受けず、我流でここまで上り詰めたから知識は不足してるだろう。
だが経験はそれなりに積んできたはずだ…。

「これに懲りたら、もう関わってこないで頂戴ね」

その女は颯爽と去っていった。
俺は久しく感じる敗北感に立ち尽くしていた。















-side一樹-

「た、倒したぁ!?」

会った途端、結果を告げられ思わず大声を上げてしまった。

「えぇ、呆気なかったわ」

そ、そんな当然のような顔されるとけっこう落ち込むんだけど…

「まぁとりあえず」

先輩が笑顔で僕の肩を掴む。

「これからはもっと特訓を厳しくしましょうね?」

すごく、こわかった。








旅「なんかもう、疲れたぜ・・・」

礼「いままでサボってたからよ」

旅「うっ」

旅「ま、まあ次はとうとう旅人のオリキャラが登場します」

一樹「え、先輩じゃないんですか?」

礼「よく勘違いされるらしいわ」

旅「次回は…いつ更新しようかしら」

礼・一樹「「できたらすぐ」」

旅「はぃ」



名前:
コメント:
  

○更新履歴

取得中です。