※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】ジェームズ・ゴードン
【出典】バットマン
【性別】男
【口調】一人称:私
二人称・三人称:
【性格】正義漢が強く、質実剛健
【能力】訓練とストリート仕込みの格闘術、運転、射撃等。
【備考】ゴッサムの表社会で、最もバットマンとの信頼、絆を持つ男。
 金髪に口ひげ、骨太の顔立ちに眼鏡とトレンチコートの、タフガイ。
 本人曰く、視力はかなり良くないようだ。
 警部補としてシカゴからゴッサムに赴任するが、本部長がマフィアとの癒着などから失脚し、それらを正した事もあり本部長へ。
 署長になったが、バーバラ・ゴードンとは離婚し、かつて赴任直後に不倫関係にあったサラと再婚。その後引退。
 ノーマンズランド時には元警官達を集めて自警団を結成。
 再び、警察署長として現場復帰する。
 『イヤー・ワン』によると、彼がゴッサムに赴任してきた時期と、バットマンが活動を始めた時期はほぼ同じである。
 警察内部の不正をただそうとしていたゴードンだが、その妻、バーバラ・ゴードンと生まれたばかりの息子が、それに反発する者達に襲われた。その際、バットマン(らしき男)に助けられたことなどもあり、正体も知らぬ仮面の自警団と信頼関係を深める。
 後にトゥーフェイスとなる(『ロング・ハロウィーン』)、検事の“アポロ”ハービィ・デントらと共に、犯罪、及び警察の腐敗に対して三人の共同戦線を張った。
 ハービィがヴィランと化してからも、二人の信頼関係は続き、ノーマンズランドなどの一時期を除けば、常に表裏一体となり、ゴッサムの治安を守り続けている。
 ゴードンとジョーカーの間には、二つの大きな因縁がある。
 一つは、『キリングジョーク』にて、養女のバーバラ(現、オラクル)を襲撃し、半身不随にし、ゴードン自身をも誘拐して狂人にしようとした件。
 もう一つは、ノーマンズランド時に、36人の新生児を誘拐した際、それを守ろうとしたゴードンの二番目の妻、サラ・エッセン・ゴードンを射殺した件である。
 (ただし二番目の件は、ゴードンが警察を引退していた時期のものなので、本部長として登場している本企画のゴードンよりも後の事件と思われる)




以下、ジャスティスバトルロワイアルにおけるネタバレを含む


+開示する

ジェームズ・ゴードンの本ロワにおける動向



初登場話 :TAILS OF THE BLACK FREIGHTER
登場話数 008、
スタンス 対主催
現在状況
現データ :[[]]


キャラとの関係(最新話時点)
キャラ名 関係 呼び方 解説 初遭遇話
ハインリッヒ・ルンゲ 協力関係 :TAILS OF THE BLACK FREIGHTER

最終状態表

【ジェームズ・ゴードン@バットマン】
 [属性]:その他(Isi)
 [状態]:健康
 [装備]:テイザーガン、トレンチコート
 [道具]:基本装備品一式、ジョーカーモービルとそのリモコン、小型無線機A
 [思考・状況]
 基本行動方針: バットマンと協力し、犯人を打倒する。
 1:アーカム・アサイラム、ゴッサムタワーの何れかに向かう。
[備考]
朝6時に、正午にそれぞれ、ルンゲとウェイン邸かそのほか何処かで落ち合う約束。 
ルンゲより、ニナ・フォルトナー、ヴォルフガング・グリマーを一般市民、天馬賢三を殺人犯として情報を得る。


踏破地域

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
A■■■■■■■■■■
B■■■■■■■■■■
C■■■■■■■■■■
D■■■■■■■■■■
E■■■■■■■■■■
F■■■■■■■■■■
G■■■■■■■■■■
H■■■■■■■■■■
I ■■■■■■■■■■
J■■■■■■■■■■










| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー