帝嶺 灯里


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


     母親(ママ)とばかり遊んでいる子は、碌な大人に成れん。




          「 帝 」



          「 嶺 」



          「 灯 」



          「 里 」




画数 三拾九
性別 女子
学級 弐ノ伊
部活動 書道部部員
身長 壱百五拾壱
血液型
外見 薄桃ノ髪、翡翠ノ瞳、眼鏡
利手
資格 翡翠ノ白百合蒼十字《純潔》


来歴

  • 帝嶺家の一人娘であり、姫である。
  • また、この世のすべての母である。
  • 宮越愛梨と共に闘うべき主君であり、灯里にとって彼女は妹のような存在である。
  • 蓼科ディーンとは幼馴染である。
  • 蒔土成実の妹である。(前世・今世ともに)
  • 携帯電話の着信音は般若心経である。
  • きのこ派である。


墨染し言霊華筆《スプレンダ・カリグラフィ》

  • 書の威力
[親指と。残りの四本の指で、しっかりと、軸を挟み。
 宙に穂先を、衝き立てる。 ――起筆。
 描く点に、画に。意志を篭めて。]

 ――墨染し言霊華筆《スプレンダ・カリグラフィ》。
 まだ遣い手が残っていたとは。
   描いた文字。「書」の持つ力を具現化する。
   筆の持ち方は基本的に四指斉頭法。(左右とも)
  • 熟語

               「 吸 」

 [左で六画。]

               「 収 」

 [右で四画。]




               「 絶 」

               「 対 」

               「 零 」

               「 度 」



   書は画数の多いほど、その威力を増す。
   単純に、書の数そのものを増やすだけでその効果は格段に強まる。
   しかし筆は二本。腕も二本。 現在の灯里の腕では四字までは限度である。

  • 書が紡ぐ名
|||!|||||!!|||!|!||!||

 ……墨染し言霊華筆<<スプレンダ・カリグラフィ>>。

 ああ……その名を紡ぐものが、人たる身にあるとは。
 健在だな、母たる者よ。
   書は音を成さぬため、喪われた言語をも紡ぐ。


世界の母

  • 帝嶺の姫
今ここに、帝嶺の姫は蘇る。

人類の、この世のすべての母として、

蘇る。
   宮越家の戦士が代々守るべき姫。
   それが帝嶺の姫である。
  • すべての母
[古来、

帝嶺の姫より血をわけた、家族。

何億年、何万年と経てその血が薄くなろうとも、

我らは家族。

帝嶺の姫を母とする、家族。

それは血ではない。

魂の、家族]


               聖

               母

               降

               臨

   この世に生まれしものすべての母。
   すべてが子であり、敵ではないのだ。

――そして喪失

    [次に瞼を開いた刻。]


    [きっと、あたしは。]





          [――――ただの、十六歳の、少女。]

…………そうか。大変だったのだな。
落ちたショックだろうか。なにも覚えとらん。


to the next stage→


 おまえの せかい を

  ――愛しなさい。 いとしい我が子よ。

   交通事故に遇い、機関の手により治療と称した改造を施された佐藤浩輔。 
   脳に埋め込まれたコアの発する声命言語《モール・ワーズ》を辿り、彼の病室へと足を踏み入れたのが、
   一般生徒として聖†ジャキディス学園を卒業後、医学生となった帝嶺灯里。
   うっかり母性をこじらせてコアに言霊《スプレンダ》を授ける。
   コアは授かった四字熟語の恩恵に守られ、燃焼《バースト》を一時免れた。
          (――――聖†ジャキディス学園 2nd Stageより)



      デ ィ ー ン か わ い い よ デ ィ ー ン 。